So-net無料ブログ作成
検索選択
バカバカしい話 ブログトップ

オストドのバカバカしい・・話。 「あ!い!う!え!お!のあ!」 [バカバカしい話]

急遽・・・閃いちゃいましたので、新コーナーを立ち上げさせていただきました。

その名も・・オストドのバカバカしい話。[わーい(嬉しい顔)]

普段から“バカ”な事を言いたい放題、書きたい放題しているオストド。

まあ、皆様から見れば、「また!馬鹿が新コーナーを立ち上げたか?」ぐらいだと思います。

さて、本日、ガキの使い(みたいなもん!)いけませんね!最近、怒られるんです。

我が家の総理大臣と言いますか、メストド1号に・・・・[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]

「あのね!口の悪いのは直らないのは、最近、諦めたけど・・・」

「ほーい!出来るだけキレイな言葉で書く様にします」

何しろ、暇じゃないはずでございますが、オストドのブログ記事をチェックしている。

絶対権力者でもあり、有能な???でございます。

さて、本日のこと。現場の中でネタはないかな?とばかりに・・・職人’sの詰所へ闖入すると・・・・

色々な話題が飛び交っておりまして・・・・

その中でも・・特に異様な光景が目に飛び込んでまいりました。

知らないヒトから見れば、リンチとも取られかねない・・・ポカスカ場面。

勿論、ヤラレているのは、まだ、少年?と言いたいくらいの、あどけなさの残る青年。

興味津津で近づいて見ると・・・オストドの耳に飛び込んできたのは、

「あ~あ!」と言う大合唱と。背中をバシバシと叩く音。

まあ・・ここで拾った話題の中からあいうえおの順番で皆様・・・

“あ”

“あ”から始まる言葉。一杯ありますね?

「愛してる!」とか・・・そう言えば、メストドの誕生日に花束を贈りましたが、ちょっと・・ご不満。[ふらふら]

その理由が・・・「カードが無かった!I LOVE YOU! の文字が・・・」だったそうでございますが・・・

ここで・・おっちょこちょいを地で行くオストド。

「カードくらい!100でも200でも作ってやるよ!」 口が裂けても言えません!

今はそっと、“あ”らし・・そう嵐を避ける船のごとく・・静かに、沈黙と言う岩陰に隠れます。

それが、現場におりますと・・・“あ”と聴こえ出した途端、駆けるか?逃げ出す準備をするわけです。

「あ~あ!やっち・・・」 この時点ですでに駆けだして(逃げる方[もうやだ~(悲しい顔)])おります。

つまり・・・“聞かぬが仏”でございます。

最近は、「あ~あ!」までは聴く様にしておりますけど・・一応、身構えます。[わーい(嬉しい顔)]

本日の「あ~あ!」は?と申しますと・・・

「あ~あ!なるほど!コレがコレで・・こうなっちゃったわけ!」

つまり、小指を立ててみせ、ついでに・・お腹の前でぐるりと両手で上から下へ、大きく丸を描き・・

つぃでに、各々が左手の薬指を立てるんです。

意味を訳しますと、オストドの手元の資料によれば、彼は19歳。独身だったはず・・・

そこで、「ははん!彼女のお腹に“あ”いの結晶が出来た!それで結婚する!」

こう自動翻訳されるわけです。

思わず・・ガッツポーズ!ネタ発見でございます。[わーい(嬉しい顔)]

取り囲む職人’sをかき分け・・・オストドもヤジウマ合戦に参戦でございます。

「おい!Sクンちょっと事務所へ!」 監督指揮者の命令は絶対でございますので・・・

ネタをムリやりご提供していただきました。[わーい(嬉しい顔)]

「まあ、座れ!コーヒーでも飲んで!そんで?何処の誰?まさか・・犬の子じゃあるまいし・・・」

「ええとぉ~・・・・お祝くれるんですよね?」

「当たり前だろ!まともに吐けばな!吐かなければ・・ここにあるの何だか判る?」

そう・・・ボーナスの査定表でございます。基本。オストドは5段階評価の上位3評価付けます。

つまり、最低でも基準支給額。最高だと・・オストドのボーナスを超える方も・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

「汚ねえ~」

「はぁ?馬鹿!お前さ金いるんだろ?ガキではなく、子供生まれるんだから・・・」

「それじゃぁ~」

「ああ!事と次第によっては・・いい査定付けてやる!吐けっ!」

「あ・・あのですね・・そのぉ~・・・あのぉ~・・・」

「ま・さ・か!計算違ったとか言うんじゃ・・・」

「そ!それです・・・」

「“あ”ちゃぁ~」

これで・・・“あ”の編を終わりたいと思います。[人影]

まあ・・もし、一部の方にだけでもウケましたら・・続編。“い”。続々編・・“う”も・・準備中!

新コーナーとして存続するかは・・皆様の“清き”一票でございます。

多分・・“ん”まで行くと・・無事、安産で元気な赤ちゃんが生まれると思うのですが・・・













nice!(53)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。 「あ!い!う!え!お!のい!」 [バカバカしい話]

犬も歩けばって言うけれどと思う。

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日も・・“中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”にご訪問賜わりまして、

誠にありがとうございます。<(_ _)>

“足跡”を残していただいております。ご人徳溢れる皆様!

皆様はまるで、神様か仏様の生まれ変わりに違いありません。

何しろ、馬鹿ばかりやっているオストドに、勇気とやる気を与えてくださっております。[わーい(嬉しい顔)]

本日は、都内某所におきまして・・会議&会議に出席。[もうやだ~(悲しい顔)]

時間の許す限り、皆様のところへ順次お伺いさせていただきます。<(_ _)>

さて・・・好評?なのかはさておき、新シリーズ“続行決定!”とさせていただきます。

本日のお話は、“犬も歩けば・・・”でございます。

職人’sのSクン。すっかりと・・オストドの取り調べ?(一説によると・・ゲシュタポ並みとか・・)

[ぴかぴか(新しい)]

「あんまり・・ネタにしないでください。頼みますよぉ~」 愛玩犬の様に縋る目。

「考えておく!査定はご祝儀相場にしておくから・・・」

まあ・・オストドに弱みを握られた場合、どうなるか既に承知している“職人’s”はニヤニヤ・・・[わーい(嬉しい顔)]

「あ~あ!とうとう・・ワンちゃん。ワンコになっちゃたな・・・」

ぽつりと呟く。毎度お騒がせのネタ提供者のHクン。

「人の事言えるか?お前は・・・」

「そうでした。忠実にご指示を守り、職務遂行させていただきます」

そう言い残し・・・写真撮影用の黒板とデジカメを持って、飛び出して行きました。

そりゃそうです。給料査定にボーナス査定。若干の権力を持っております。

今年の査定は、60歳以上は10%カット。(もともと・・高給すぎたんで・・・[ふらふら]

その分、若手はド~ンとアップさせていただきました。(入社5年生で、入社時より、27%増し)

sて、Sクンの名前は、“一”。つまり・・・one。本当はハジメクンなんですが・・・・・

職人’sが名付けたのが・・ワンちゃん。結構当たってます。[わーい(嬉しい顔)]

少々、ヤンキーだったので、上下関係はキッチリ守り、その辺のフニャフニャより、骨がある。

「なあ!ワンちゃん。この業界どこに出会いがあったっけ?」

「はあ~合コンで・・昔の1個上にバッタリと・・・」

「あん?合コン?聞いてねえぞ!てめぇ~ら・・・」

「し・・しまった。」

「もう遅いわボケ!やっぱり・・査定し直すか?お前等。全員・・・」

そう言いながら・・消しゴムを取り出し、全員の査定表に向かい・・ゴシゴシ・・・・

「そんなぁ~勘弁して下さいよ!誘っても来ないでしょ?いつも・・・」

「行くわけねえだろうが!でも気になるのが1点。可愛いの居た?」

「駄目ですねえ~」

「ところで・・どこで合コンに引っかけた?」

「ご紹介いただいた・・・・」

「ああ!あそこか・・・で?他の奴らは?」

「そこは・・武士の情けで・・・」

「判ったよ!でもよぉ~ワンちゃん!あれほど・・がっつくな!と言っておいたよな?」

そう言いながらも・・・記憶を引っ張り出す。オストド。人に説教を垂れる資格はありません。

「はあ・・・でも、オストドさんも俺の年齢の時は・・・」

「居たよ!悪かったな!」

実はワンちゃん。身寄りが居ません。聞けばお相手は同じ出身者。

「なるほどね!じゃあ!盛大とは行かないけど、パァ~っとやるか!」

「えっ?」

「いいんだよ!腹ボテの嫁さんも呼べよ!仲間内の披露宴でいいじゃんか!」

「やってくれるんすか?」

「当たり前だろ!嫁さんには暴露しないからな!初給料の殆ど風俗で使っちまったって・・・」

「絶対にですよ!」

「うんうん!ところで・・嫁さんの写真見せろよ!持ってるんだろ?」

「も・・持ってません!」

「あっそ!」

窓の外には・・ニヤニヤした職人’sが・・・オストドが指をパチンと鳴らすと・・・・

怒涛のごとく・・・事務所に流れ込んできて・・・

「やれ!」

そんな命令を聞くまでもないと、“強制身体検査”[わーい(嬉しい顔)]

「うわっ!」 

出てきたのは・・ちょっと・・はにかみながら、お腹を軽く手で押さえる。美人さん。

「美人だねえ~この果報モンめ!」

その写真を覗きこむ職人’s。中にはため息をついているのまで・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

「いい嫁さんだな!ワンちゃん。大事にしてやれよ!」

そう言いながらも・・ワンちゃんをポカリと殴るオストド。[わーい(嬉しい顔)]

「犬も歩けば・・と言うけどさ!ワンちゃんも歩けば、美人を引っかけるか・・・」

これで・・・“い”の編は終わり・・・

次回は・・・「う~ん!」と唸らされたお話しでございます。<(_ _)>

(オマケ・・・)

ワンちゃんことSクンの給料は、当然上がりますネ!

まず・・住宅手当に奥さん手当(不要じゃなかった・・扶養の義務は関係なく)。

後は子供の扶養手当・・・・

お騒がせ屋のHクンで言えば、その手当てだけで・・3万数千円/月。

また、オストドの肩には、オモリがまた1個載りますけど、

こんな嬉しい!美人のオモリなら大歓迎でございます。[わーい(嬉しい顔)]






nice!(51)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。 「あ!い!う!え!お!のう!」 [バカバカしい話]

“う~ん”今日も唸っている。

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日も“中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”に訪問賜わりまして、

誠にありがとうございます。<(_ _)>

“足跡”を残していただいている皆様!いつもありがとうございます。

ご人徳溢れる皆様!少々、ヤボ用がございまして・・・(単に緊急のお仕事ですけど[もうやだ~(悲しい顔)]

この後、しばらくすると・・・月曜日までオストドはPCの前にはおりません。

きっと・・星空を眺めながら、「ちくしょう!また休めなかった!」と嘆きながら・・・

職人’sと共にせっせと地中と地上を行き来しながらも・・・

ヨイトマケの唄ではございませんが・・・

「父ちゃんのためならエンヤコーラ!母ちゃんのためならエンヤコーラ!」

そうほざいているのかもしれません。(本当は別のエンジニアが行く予定だったのに・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

「あんにゃろぉ~」と思っても仕方ありませんよね?朝方、急な腹痛で救急車で運ばれて行きました。

病名は急性虫垂炎とか・・・[ふらふら]

まあ、オストドの会社の社長でもあるお父様に言わせると・・・

「弛んでいるからじゃぁ~」そう片付けるんでしょうね。きっと・・

一応、記事については予約投稿させていただいておりますので、

何卒、宜しくお願い申し上げる次第でございます。<(_ _)>

さて、本日のお話しは、あ・い・う・え・お!の・・・“う”で始まる

“う~ん”でございます。

う~ん!と唸るのは、一日最低一回は、突然襲って来るわけでございます。

お仕事だけならともかく、883+1会のリーダーもやってますし、もみじ会の会長も・・・[ふらふら]

「お~い!ヒマ?」

こんな電話も掛ってくることもあります。

「悪い!あのさ・・・・」

こんな電話が、お客様より掛ってくると、一瞬ですけど、「携帯教えなきゃ良かった!」と思うことも・・・

これで・・否応なしに会合であったり、急なお仕事に引っ張り出されるわけでございます。[soon]

ここ数日大人しい野郎共だな?と思っていると、突如、大騒ぎを持ってくるのが、

883+1会のメンバーでございまして、883・・パパサンと呼びますが、その実は、

不良中年の集まりでございます。[わーい(嬉しい顔)]

元々、悪たれ連の連中。某プロダクション社長もいれば、最近、弁護士に鞍替えした馬鹿とか・・・

趣味と実益を兼ねた産婦人科医も居れば、若くて綺麗なお母さんが連れてくるお子さんだけ・・

馬鹿丁寧に診察する。どっちかと言うとお母さんたちの服の中身にしか興味のない小児科医。

悪徳不動産業を始め、葬儀屋と運送屋と趣味の大人のおもちゃ屋とボッタクリバーまで手広く

そう言えば、ソープランドの経営までしている奴も居れば、教え子に手を出したのか?

押し倒されたのか?まだ黙秘を貫いている馬鹿とか・・・

「お前等!判ってんだろうな!」と合宿所でもあったパッチモンの宝石商とか・・・

信州の山の中で大人しく。”お経”を唱えてればいいものを、仏の道を説きながらも、自分は外れてる

エロくされ坊主もおります。そうそう・・ヌード専門写真家になった奴とか・・みんな進路はバラバラ・・・

先日の事でございました。

信州のエロ坊主から電話がございまして、只今、奥様である由香ちゃん1号。ご懐妊中!

まあ、仕込んだエロ坊主曰く・・「お前があんなもん贈ってきたから・・」とほざいておりましたが、

ついでに言えば、由香ちゃん2号もご懐妊でございますし、まあ!目出度い!

先日、中国土産だと大量の精力剤を頂戴いたしましたが、、効き目を疑ったオストド。

それを全員に均等に大半を配らせていただいたわけでございます。[わーい(嬉しい顔)]

まあ、“ビタミン剤みたいなもんじゃねえか?”とだけ・・付け加えたわけでございますが・・・

はっきり申しあげまして・・飲んじゃったほうが悪い。[ふらふら][たらーっ(汗)]

何でも凄い効き目だったそうです。残りは全部。お客様に差し上げましたが・・・どうなったんでしょう!

さて、奥様がご懐妊中に騒動を起こすのが、エロ坊主でございます。

そのたびに・・・あっちとこっちでドンパチでございましたが、今回はアッチとアッチ。

アッチとコッチなら、コッチの味方をしなければなりません。(弱み握られているんで・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

でも、今回はアッチとアッチのドンパチ。

「助けてくれよぉ~」と縋る青○クンことエロ坊主。

「う~ん!知るかボケぇ~!」 そう言いながらも、メンバーを緊急招集。

集まった面々・・・「う~ん!」

唸ったきりでございました。

これで“う”の編は終わり。次回は・・・“え”でございます。どんなお話しが飛び出すんでしょう[わーい(嬉しい顔)]












nice!(34)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。 「あ!い!う!え!お!のえ!」  [バカバカしい話]

“エッチなのは生まれつきじゃぁ~”開き直る

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日の“中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”にご訪問賜わりまして、

誠にありがたく、厚く御礼申し上げます。<(_ _)>

“足跡”を残していただいている。ご人徳ある皆様にお願いがございます。

過去記事の場合、遥か彼方に恥を忍んで置いて参りました記事。

大体、2~3日ほど遅れてご答礼訪問にお伺いさせていただいております。

なお、それ以前の記事分につきましては、記事数が多すぎて遡りきれない状態でございます。

誠に勝手ながら、“NIce"をくださいとは、申しあげません。

コメント欄に来てやったぞ!とか、“あ”とか・・・馬鹿とかなんでも構いません。

なるべく、直近記事にコメントをいただくと、必ずご答礼訪問にお伺いいたします。

何卒、ご人徳溢れる皆様!ご理解、ご協力賜わります様お願い申し上げます。<(_ _)>

なお、Nice何個寄越せとかございましたら、soratobusyokuyokumajin@yahoo.co.jpへ

また、オストドのご祈願でよろしければ、承っておりますので、メールでお申し出いただくと、

ぶっ倒れるのを覚悟でご祈願させていただきます。[わーい(嬉しい顔)]

さて、この記事は予約投稿をキャンセルして書かせていただいております。

オストドがズトォ~ン![爆弾]

やられた場合には、訃報が流れるところでございました・・・(危なかったけど[ふらふら]

気の利く。松コース卒業見込第一号のT社のOクンの機転で無事生還しました。[わーい(嬉しい顔)]

では、無事生還記念?で、オストドのバカバカしい話。「あいうえおのえ!」にお付き合いの程を

「エッチ!」

「はぁ?エッチなのは生まれつきじゃボケッ!」

オストド塾に待望?の女性入塾希望者が・・・

その名もIちゃんでございます。これからも贔屓ししてやってくださいね![わーい(嬉しい顔)]

ええとぉ・・事の発端でございますが、オストド塾。松・竹・梅の3コースがございますのは、

皆様ご存じでございますね?[わーい(嬉しい顔)]

松コース・・・・最強の歩く原爆営業マンコース。(手抜き率・・・???)

竹コース・・・・まあ、成果が上がる営業マンコース。(オストド陥落は不可)(手抜き率50%)

梅コース・・・・まあ、ボチボチやれば?営業マンコース。(手抜き率80%)

先日の事でございました。D社のT氏より、

「オストドさん!貸しありましたよねえ~」と半分脅迫[携帯電話]

「あんだよ!発注出しているだろうが!もう出さねえぞ!ヤロー嫌いだし・・・・」

最後の一言が余計でございました。最後の一言がなければ、

「エッチ!」と初対面で言われることもなかったわけでございます。[もうやだ~(悲しい顔)]

「実はですね!今度担当替えがありましてね!」

「やったぁ~コレで腐れ縁切れる・・・・」

「わけないでしょ!引き続き担当しますけどね!オストドさん言ってたでしょ?」

「なんだっけ?最近、物忘れ激しいんだよね・・・薬の副作用かな?」

「年齢ですよ!年齢・・・」

「大きなお世話じゃ!で?なんだったけ?」

「担当替え!今度オストドさんの担当なんですけど、予てより所望のございました・・・」

「えっと・・そんな話してたっけ?」

「ええ!女性!しかも若いのなら虐めないと・・・」

美人?それとも可愛い子?」

「見る人間にもよりますが・・・まあまあじゃないかと・・・」

「へえ~そいつは良かった!もう来なくて良いぞ!Tクン!」

「じゃなくて!新人なんですよ!そこで、塾生に加えていただけないかと・・・」

「へっ?女の子教えるわけ?俺・・・・」

「そうですよ!生贄じゃなかった。オストドさんの毒舌に耐えられたら・・・・」

「まあねえ~お役所とか他の会社の購買ならなんとかなるわな!多分・・・」

そんなわけで・・生贄ではなく、塾生として連れられてきたIちゃん。

「へえ・・Iちゃんね!宜しくね!で・・どのコース選択するの?」

「どんなのがあるんですか?」

「そうねえ~売るもんさえあれば、必ず売れるコースと・・・」

「それでお願いします!」

「本気?お~い!Tクン!ちょっといい?」

ちょっと、別室で会議でございます。

「あのさ!ちゃんと言ってんだろうな?俺・・知らないよ!」

「いいんですよ!潰れても・・・そこまでだと思えば・・」

「あっそ!講義料高ぇ~からな!」

「解ってます!オストドさんの指値!マイナス5%で・・・」

「乗ったぁ~!」[ひらめき]

「じゃあ!3時間後に迎えにきますんで・・・」

「ちょ・・ちょっと待て!いきなり3時間講習かよ・・・」

「ええ!それが何か?今度!何か持ってきますんで!あっ!手出しちゃだめですよ!」

「じゃあ!足は?」

「三本目の足もなし!いいですね!それに・・・」

「冗談だよ!馬鹿!」

こんな感じで、表面はイヤイヤながらも・・内心、ガッツポーズ![メール]

そこで、オストドの講義が始まったわけでございます。まあ、密室は危険でございます。

“あらぬ噂”を立てられると困るわけでございまして・・・・[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]

行きつけの、サ店で講義開始でございます。

「ねえ・・iちゃんだっけか?」

「はい!」

「もう一度聞くけど・・本当に松コースなわけね?」

「はい!」

オストド内心ヒヤヒヤものでございます。ヤローならともかく、うら若き可愛い女の子。

最強の武器を装備させたら、いくら、オストドでもひとたまりもありません。(悲しき性?[もうやだ~(悲しい顔)]

「じゃあ!始めるか・・いいかい!営業の基本は・・・・」

一通り、営業マニュアルが備わっているところから、確認を始めるわけです。

1時間ほど基本を確認させていただくと、どうやら、松コースでも大丈夫な様でしたので・・・

「じゃあ!脱いで!」

「えっ!ここでですか?」

「当たり前だよ!さっさと・・脱げ!」

予め申しあげておきますが、洋服を全部脱げ!と申しておりません。

まあ、勘違いして脱ぐのを止める気も毛頭ございませんけど・・・・[わーい(嬉しい顔)]

ここで言う“脱げ”と言うのは、会社の看板を脱げ!と言う意味でございます。

会社の看板で営業するのなら、梅コースで充分。竹コース以上なら、自分を買ってもらえ!

そんな話をしたハズだったんです。記憶の糸を手繰り寄せると・・・言ってませんでしたが・・・[ふらふら]

つまり、“開きなおって先に素を曝け出したら、怖いものはなし。”を教える意味でございまして・・・

やましいところとか・・そんな事は一切・・・(考えないと言えば嘘でございますが・・[もうやだ~(悲しい顔)]

「あの!本当にここで洋服脱ぐんですか?」

「はい?誰も洋服脱げって言ってないよ!まあ、脱ぎたければ止めないけど!」

「そうですよね!」

「じゃあ!実技講習するからね!会社に行こうか?」

「あのぉ~実技って・・・」

「もしかして勘違いしてる?」

こくんと頷くIちゃん。多分、Tクンがオストドはスケベだからとか吹き込んでいるに違いが無く・・・

事実は否定いたしません。ただ、会社内でヤルほど愚かでもございませんし、

ついでに言わせてもらえば・・・自分の娘より年下に手を出すほど、飢えておりません!

「あのね!そっちの実技じゃないの!営業の方!あっちは実技指導しないの!」

「エッチ!」

「はあ?エッチは生まれつき!言われなくても解ってるよ!ただね・・」

まあ・・ちょっとおっちょこちょいのIちゃんでございます。

だけど、週に一回オストド塾にせっせと通ってきております。

可愛いだけのIちゃんでございますが、これからも時折、ネタを提供してもらえそうです。

そうそう・・・一応、すべてのパーソナルデーターは頂いておりますが、(トップシクレットもあり)

公表はしません。個人情報保護法により、厳重に管理させていただいております。

読者男性諸氏の気になる点も重々承知しております。(お顔は別に・・3ですよね?)

写真頂戴!」とほざいたら・・・ピンナップが届きました。

お見せしたいのはヤマヤマ!でございますが、これも個人情報でございます。

思わず・・・「ウ~ン!惜しい事したかな?」 と思わせるほどの水着姿の写真でございました。

そう、一言で言わせていただければ・・ボン!キュー!ボン!でございます。[わーい(嬉しい顔)]

では・・次回は、「あいうえおのお!」でございます。<(_ _)>








nice!(41)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。 「あ!い!う!え!お!の お!」  [バカバカしい話]

“お”風呂の話・・・・でございます。

先日のことでございました。

お風呂場でオストドのあんよではなく、足を洗っていたメストド1号こと、奥さん

「どこの家で旦那の臭い足を洗ってくれる奥さんが居るのよぉ~昔じゃあるまいし・・・」と・・・・・

まあ、確かに言われてみれば、確かにそうでございます。

「居るじゃん!ココに・・・」 ケタケタと笑いながら立っているオストド。

「だ・か・ら!アタシ以外、居るのか聴いてご覧!」

「だ・か・ら・・誰によ?」

「あんたのブログで、聞いて見ればいいじゃない!」

そんなわけで・・・始まりました。オストドのバカバカしい話。あいうえお!のお!

「そうそう・・ついでにね・・・」

「あん?」

「頭とか身体も洗ってもらう!甘ったれの旦那が居るのかも・・・ね!」

そうでございます。放っておくと“カラスの行水派”

考えて見れば、今まで生きてき中で、最低でも16000回、多い時には一日数回入浴なので、

2~3万回くらいお風呂に入っている計算でございますが・・・・

自分自身で洗った回数は、多分・・・4~6千回くらいでございます。[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

あとは・・・全部洗って貰っている状態。[わーい(嬉しい顔)]

「ちゃんと洗ってきた?」 何回言われたんでしょうねえ~

そのたびに、お風呂へ強制Uターン[ふらふら][たらーっ(汗)]

さて・・皆様はいかがですか?

ある日の事でございました。

「まったく・・あたしが先に死んだらどうするのよ!」

「そうねえ~困るな!飼育係いないとね!その時は新しい飼育係見つけておいてね!」

「何で?」

「探すの面倒だから・・・・」

「あっそ!」

突然、まあ、いつも最後に浮腫み防止のマッサージを受けているわけですが・・・

痛ぇ~痛いよぉ~ギブッ!」

さっさと逃げだそうにも・・・足の指にメストド1号の指が絡んでいるわけで・・・

「も・・もういいでしょ?」

「駄目!」

「ぎゃぁぁぁぁぁぁ・・・」

それまで・・お湯だったのが、今度は冷水地獄。

「あのぉ~」

「うるさいな!動くな!」

「だって・・・」

「濡れるでしょ!あたしが・・」

「足の感覚無くなってきているんだけど・・・」

まあ、頭の先から足の先まで、ピカピカの新車とまではいかなくても、

まあ、ピカピカに磨き上げられた“中古車”くらいには・・・・

「はい!これで明日も頑張れるわね!」

それで・・お風呂場から放り出されるわけです。[ふらふら]

では、ここで・・・緊急アンケートでございます。

奥さんに身体を洗ってもらう人。いらっしゃいますかぁ~






nice!(59)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。 「か!き!く!け!こ!の か!」  [バカバカしい話]

“か”ねえ~とため息をつく・・・

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日も“中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”にご訪問賜わりまして、

誠にありがたく、厚く御礼申し上げます。

また、前記事になりますが、“お風呂編”のアンケートまだまだ・・受付中でございます。

と・・申しあげるより、誰か居て貰わなきゃ困る。

じゃなくて・・・広い世間でございます。一人ぐらい居てもいいんではないんでしょうか?

さて、本日から“か”の行に突入でございます。まずは、か!き!く!け!こ!のか!

“か”は正直悩みました・・・

かかあ天下!とか、関白、関白失脚、階段に会談おまけに怪談とか、カラスの行水等々・・

色々ございまして・・検討に見当じゃなかった・・検討の結果![わーい(嬉しい顔)]














無難に乗り切らないと・・・[ふらふら]













命の保証が・・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]













何しろ・・メストド1号も読む恐れが・・・・・[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]













でも・・・書いちゃえば・・・勝ち[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]

本日のお話しは、ジャン!ジャン!ジャン!

固いモノはお好きですか?でございます。

ここまで・・ひっぱちゃいまして・・スミマセン!

適当にスルーしてくださいね![わーい(嬉しい顔)]

さて、皆様!“固いモノ”と言えば・・・・何を連想されるのでしょう?

殆ど・・ヤロウばかりの世界に間違えて・・そう!間違えて、軌道修正しまったオストド。[もうやだ~(悲しい顔)]

以前の職場とでは・・月とスッポン!いや、それ以上の開きがございます。[もうやだ~(悲しい顔)]

特に・・関西地区ではパラダイスでございました。

T海上を辞め、日本でも最大級の生損保代理店に迎えられておりまして・・・・・

殆ど・・週5日のうち、90%以上は、“職場内外でも女性に囲まれた”理想的環境。

まあ、これは話が長くなりますので、後日にでも・・・[ふらふら]

さて、何の因果か?はたまた、呪いか?それとも・・奈落の底にでも突き落とされたのか?

良く解りませんけど、殆どヤローだけの世界。[もうやだ~(悲しい顔)]

偶に、女性をお見かけしますけど・・・生存競争が厳しい

つくづく・・「昔は良かったよなぁ~」とため息をひとつ。

換気扇をガンガン廻し、ついでに窓まで全開して、かろうじて窒息を免れた・・

色々な香水や化粧品の匂いが籠っていた・・“生贄状態”の所長席が懐かしくなります。

さて、天国から地獄へ真っ逆さまに落とされたわけでございますが、殆どヤローだけの職場。

良い点がひとつだけ・・・・

セクハラ親父扱いをされなくて済む!

はっきり申しあげますと、まあ・・強がり。負け犬じゃなくて・・負けオオカミの遠吠え![もうやだ~(悲しい顔)]

オストドは管理部門に属するわけでして、職人’sとコミュニケーションを取らねばなりません。

まあ、ネタを拾える貴重な時間でもございます。[わーい(嬉しい顔)]

「固くならないんだよなぁ~」 ポツンと呟く・・・職人’sのAクン。

「はあ?おかしいだろ!凝固剤あれだけ突っ込んだんだぞ!」 と最近ボケが進行しているオストド。

「違いますよ!コッチは大丈夫なんですけど・・アッチの話!」

「あっち?あっちは固まってるぞ!」 オストド型枠をバラしている方だと勘違い。

「そうじゃなくて・・あっち。つまり、コッチ!」    

職人’sのAクンが指指さすのは・・・アッチでございます。

「はあ?また・・何で?全然・・駄目なの?」

「まあ・・その・・色々ありまして・・・」

「まだ・・30歳じゃなかったけ?」

こりゃあ・・いいネタいただきました。内心ガッツポーズでございますが、本人にしてみれば・・・

大問題発生!悲観の日々[ふらふら]

「しゃあねえな・・・コッチで駄目なら・・アッチでどうだ?」

さすが!職長さん。職人’sの頭でございます。どこにでも居るんです世話好きが・・・[わーい(嬉しい顔)]

「それが・・・」

「あん?試したの?」

「はい・・でも・・駄目なんですよね・・・」

「ありゃりゃ・・どうする?頭っ!」

「どうもこうもねえよ!」

「だよねえ~まあ!俺引退宣言したかんね!あと・・任せるわ!」

虎穴に入らずんば虎児を得ずと申しますが、オストドの場合、君子危うきに近寄らず!

取りあえずは、表面上だけでも

ではございませんで・・・「危ない橋渡ってられるか!」の心境の境地でございます。[わーい(嬉しい顔)]

まあ、愛妻家(俗に言う、恐妻家になり果てた今・・・

変に首を突っ込み過ぎると・・・トンデモナイことに・・

「あんだよぉ~おめえ・・かあちゃん怖くて良く男やってられんな!」

「いいの!散々こき使われて・・そんな気も・・あっ!」

「なんだ?」

「おい!Aクン!もしかしたら・・治るかもよ!」

「えっ?本当ですか?」

「うん!男性用クリニックあるからさ!紹介してやるよ!」

それが功を奏したかは定かではございませんが・・・

Aクン。しばらくすると・・・

♪固いモノがお好きでしょ!もうひとついかがでしょ!

そう・・・歌いながらお仕事しておりましたので・・・・



































nice!(34)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。 「か!き!く!け!こ!の き!」  [バカバカしい話]

“綺麗なお姉さんは好きでしょ?”

当たり前の事を聞くなぁ~と叫びたい。空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日のお話しは、かきくけこの・・・“き”でございます。[わーい(嬉しい顔)]

本当は・・・・キタナイやっちゃ!とでも書きはじめるところでございましたが、

メストド1号が・・・「“き”は決まっているわね!綺麗なお姉さんはお好きでしょ?よね・・・」

確かに、そう言われればそうでございます。

綺麗なお姉さんは大好きでございます。[わーい(嬉しい顔)]












ただ・・・一言だけ追加させていただければ・・・


















追加が許されるのであれば・・・でございますが・・・・(チェックが入るんで・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

ただ・・・一言だけ!

「綺麗なお姉さんは大好きです!」[わーい(嬉しい顔)]




好きじゃなきゃねえ・・・男じゃないし・・・・



はっきり申し上げます。

綺麗なお姉さん大好きです[わーい(嬉しい顔)]

そういえば・・T海上時代に売っていた保険・・女性専用保険。

「綺麗なお姉さんしか入れません!」って・・力説してたっけ・・・[ふらふら][たらーっ(汗)]






nice!(56)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。 「か!き!く!け!こ!の く!」  [バカバカしい話]

“くそぉ~やっちまった!”と嘆く・・

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

お山から・・“半ば強制”で荷物みたいに降ろされ

病院へ担ぎ込まれたオストドでございます。

まずは・・コレ!をご覧ください!





左足・・・一本やっちまいましたのでございます。

「歩くのやだなぁ~」 

そう言った報いでしょうか?それとも・・怨念なんだか・・・それとも・・神様にお願いした通りに・・・

メストド軍団に起きるはずだった災いがオストドにやってきたのか?

それとも・・単に運動不足、準備(心の)不足か知りませんが・・・・

「おまえら!気を付けろよ!バカばかりなんだから・・・」

そうほざいた事に対する。職人’sの呪いなのか?

ヘリから飛び降りた途端・・・グギッと・・・

「痛ぇ~」 と言っても・・ローターの廻る音にその声は遮られ・・・・・

「なあ!俺!帰っていいかな?足・・・・」

「あん?バカ言ってんじゃねえよ!さっさと・・片付けて帰るぞ!」

「あのね!」

「馬鹿か・・最終便だよ!今上がっちまったろうが!」

見上げれば確かに・・長居は無用とばかりに・・ヘリは飛び立ち。

「待ってくれぇ~」の声も虚しく・・・山の向こうへ。

オストド・・ピョンピョンと片足で跳んで戻ってくれとばかりに・・手を振ったんですけど・・・

「あきらめろ!行くぞ!」

「行くぞって言ってもなぁ~」 

「しょうがねえな!今救助隊呼んでやる!」

「じゃあ・・山降りれる?」

「馬鹿か!お前降りれるわけねえだろ!こんな時間に・・・」

「だよねえ~」

そこへ先発隊と言うべきか・・つい、懐かしい面々が到着。

「さてと・・どうする?この馬鹿・・・」

「置いておけば?熊のエサくらいにはなるだろ?」

「ちょ・・ちょっと待て!お前等に計測器扱えるのかよ」

「だよなぁ~」

「大体・・どこの馬鹿だっけ?歩くの嫌だから・・ギリギリに付けろって喚いたの・・・」

職人’sが無言でオストドを指さしましてございまして・・・

「俺?そんなこと言ったっけ?」

「この馬鹿ここに置いておいて・・荷物ピックアップすんぞ!」

オストド・・・ポツンと2時間ほど取り残され・・・手には木の枝に括りつけられたナイフが一丁。

「とりあえず・・熊が出てきたら、これで戦っておけ・・・」

あんまりでございますが・・・2時間ちょっと熊よけの鈴をガラガラと鳴らし、スプレーを噴霧。

ついでに・・トランシーバーのボリュームを最大にして、大声で歌い続けておりました。[もうやだ~(悲しい顔)]

やっと・・荷物をピックアップした職人’sが曳く、ソリに括りつけられ・・・お仕事先へ・・・

多分、慰問ダンボール箱にビールやら、○○○やら(書いたら、品位を疑われる品)を詰め込んで

来たのが・・オストドの生命線でございました。[ふらふら]

それがなかったら・・今頃、

「うるせー野郎だ!」と・・・谷底へ蹴落とされていたかもしれませんが・・・・[がく~(落胆した顔)][たらーっ(汗)]

まあ、冷却用品も積み込んでおりましたので、それで・・アホの職人’sの中でも、

ある程度、マトモ?なのに処置してもらい、ちゃんとお仕事だけは、こなしましたわけでございます。

「くそぉ~これじゃ・・降りれないよな・・・」

「まあな!しばらくお山の上にいるしかねえかな・・・一応、連絡はしておいたけど・・・」

そこへ・・そこへ・・・奇跡が起きたわけでございます。

勇敢な・・・(命知らずとも言うけど・・)ヘリのパイロットがお迎えに来てくれまして・・・

オストドは“職人’sの足元に転がされ、(荷物扱いです。まあ、お荷物だったので・・・)

無事、五体満足とは言えませんが、なんとか・・・山から降ろされてまいりました。

まだまだ・・若いつもりでおりました。山男のプライドもグチャグチャでございます。[もうやだ~(悲しい顔)]

ヤブ医者の診察も受けました・・・(一応、本人がヤブだと言ったので・・・)[ふらふら]

それによると・・・骨には異常がなく・・全治2週間程の捻挫だとか・・・

取りあえず、痛みますけど歩けるので・・・・休暇申請は却下され・・・・

只今、会社に幽閉されております。(溜まっている事務処理をしろ!との・・命令で・・・)[もうやだ~(悲しい顔)]

それも・・エレベーターのない。3階。オストドの専用執務室に監禁状態。

ここまで担ぎ上がられたオストド。どうやって・・階段を降りるか?思案中でございます。

取りあえず、寝袋とトイレ、簡単なキッチンはあります。

何でも・・喰いモノは運んでくれるそうですが・・・

「あ~ん!おうちに帰りたいよぉ~」と言うのは・・・罪なんでしょうか?

ここで・・今日の一句。

「ふざけるな 動物愛護違反で 訴えるぞと」 

お粗末でございました・・・・

因みに・・・トイレに行くのも不便なんですね・・・

たかが・・足。左足一本でも・・・だはぁ~[もうやだ~(悲しい顔)]

皆様のご健勝とご多幸をご祈念しつつ・・・






nice!(30)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。 「か!き!く!け!こ!の け!」  [バカバカしい話]

“ケガの・・・後始末”

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日も“中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”へご訪問賜わりまして、

誠にありがたく、厚く御礼申し上げます。<(_ _)>

本日のお話しは、かくくけこのけ!でございます。

さて・・・昨日のことでございました。

「うわぁぁぁぁぁ~なんじゃこれ!」

再アップになりますが・・・コレ!



このグルグル巻きにされた写真は昨日の朝の写真。

夜に毎度お世話になっております・・整体(一応、接骨関係もやってるんで)へ行き、

グルグルと巻かれた包帯。これが取り除かれると・・・一面、内出血の嵐![もうやだ~(悲しい顔)]

つい・・叫んじゃったわけでございます。

「まあ・・せっせと・・通え!いずれ・・治ると思うから!」との声に従い、通うわけでございます。

先ほど、総務部からお呼び出しがございました。

なんでも・・保険金出るからとのご通達でございます。

御見舞い金と称した一時金とダブル加入(役員ですから・・一応!)の保険金。

ついでに、治療費も慰謝料も交通費も出るらしいんです。

「入っていて良かったなぁ~保険!」

そう呟く・・・総務部長兼務の何にも専務。

「まあ!確かに・・・・」

そう・・言いながら、内心ホクホクでございます。[わーい(嬉しい顔)]

それを聞いた職人’s。「捻挫でそんなに貰えるわけ?じゃあ・・死んだらもっと貰えたわけだ!」

「まあ~ねえ~そ・・そう言う事になるかな?」

そう答えてオストド。一瞬、身の危険を感じました。

「も・・もしかして・・お前等・・・」

「あん?」

「もしかしてだけど・・・谷に落とした方が良かったと思ってないか?」

「思ってるけど?だって・・会社に入るんだろ?そうなれば、ボーナス上積みになるじゃん!」

「馬鹿!会社に入るわけねえだろ!」

「なんで?」

「法定相続人が貰えるの!」

「ふ~ん!じゃあ・・社長が貰えるんじゃん。分けてもらうか・・・」

「馬鹿!うちの奥さんと娘なの!貰えるの・・・」

「何で?」

「そう言う決まりなんだよ・・・」

「あっそ!じゃあ・・奥さんに相談しておくか?1割でいいや・・・」

「よ・・よしておいた方がいいぞ!」

「何で?」

「お前等にはそれと同額かもっと掛ってるもの・・・」

「えっ!」

「えっ!じゃないの!そうさな・・とっさん!」

「ん?」

「とっさんなら、家族喜んじゃう額だよ・・・今度、山へ行く?」

「おらぁ~海がいいな!」

「じゃあ・・絶海の孤島巡りでいいか・・・」

オストド。慌てて事務所に戻り、メストド1号へメールを発信。

「保険金出るって・・・」

送信してから気づきました。黙ってれば・・オストド丸儲けだったんです。[ふらふら]

「あちゃぁ~送っちゃった!」

隠しごとの出来ない性格なのか?やはり・・バカでマヌケでオッチョコチョイなのか?[もうやだ~(悲しい顔)]

「しまったぁ~没収だわ・・・きっと・・・」

そこへ、職人’sの頭がやってきて・・・・

「おう!ビール代くれ!」

「何で!」

「金出るんだろ!」

「もう遅い!メール送っちまったもん。全額没収だわ・・・多分」

「ば・・バカじゃねえの!」

「うるせー」

ここで・・バカバカしい一句でございます。

「気をつけよう そのメール送信で バカをみる」

ウンか月分の・・・お小遣いがパァ~っと消えちゃった(多分)の話でございました。[もうやだ~(悲しい顔)]

皆様もメール送信には、ご注意くださいませ!^^;
nice!(22)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。 「か!き!く!け!こ!の こ!」  [バカバカしい話]

♪こんなオイラに誰がしたぁ~と思う

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

皆様!本日も“中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”にご訪問賜わりまして、

誠にありがたく厚く御礼申し上げます。<(_ _)>

前記事のお祝のコメントありがとうございます。ここに合わせて、御礼申し上げます。

さて・・本日のお話しは、かきくけこのこ!でございます。

よく・・名は体を表す!と言われますが、

「ふんふん・・やっぱりねぇ~そうだと思ったわ!」

よく・・言われる言葉でございます。[ふらふら]

姓名判断の先生方に占っていただくと・・・・

「う~ん!おしいなぁ~一画多いんだよ!」とか言われる始末。

もし・・男の子が生まれたら、“あっちゃん”にしよう!俺から一文字削って・・・そう思ったくらい。

オストドの自己紹介をしますと・・・あつかましさ一番。と・・・・半分、開き直って・・・

メストド1号の妹などは、・・・「あつかましさ一番でしょ?」と言いやがったそうでございます。

これが・・あっちゃんなら、最強の運勢だったとか・・・

一画多いので、一言多い性格になっちゃったわけで・・・ついでに、厚かましさも最高峰。

名前の由来を、名付け親である実の祖父に尋ねたこともございましたが、

「仁義に厚く、人一倍になれるように・・・」とか・・・

「偶々・・住まいが厚木市に近かったから・・・」とか・・・

おかげで・・どうせなら、別の名前にして欲しかったものでございます。

仁義に厚くはなれそうにありませんが・・・(人一倍は無理でございます。[もうやだ~(悲しい顔)]

その代わり、あつかましさ!ついでに・・腹廻りの肉も厚みだけは増して来た様でございます。

さて、先日の健康診断の結果。オストドはメタボでも、予備群でもないと診断されましたが、

メストド1号に言わせると・・・「何で17cmも2年間で育つわけぇ~」と・・・・

身長ではありません。樹木でもなく・・・オストドの腹廻りが育っちゃいまして・・・

とうとう・・・3ケタ突入!となってしまったわけでございます。

「えっ?おかしいよ・・・ズボン入るもん!」

「今何センチ?」

「88だけど・・・入るよ!」

「じゃあ・・12cm余分なお肉が載っていると・・・」

「そう言うことじゃないの・・・」

「おだまり!昔は痩せてたわよねえ~」

「まあね・・・」

「なんで・・太るわけ?」

充分、原因は掌握してます。不規則な食生活。不摂生の賜物。

オストドだって・・・ちゃんと・・カロリー計算してます。

ただ、予定は未定であって決定ではない。わけで・・・

どうも・・ノラの時がいけなかったんです。そのときの負の遺産

悪玉コレステロールも、ワァオ!というくらい

増殖しておりまして・・・・正しく・・健康不良児

オヤツも止めました。(偶に盗み食いしますけど・・)お酒は飲んでません。

ガブ飲みしていた・・甘味飲料系も止めました。

あと・・・どうすればいいんでしょうかねえ~[もうやだ~(悲しい顔)]






nice!(29)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。「さ・し・す・せ・そ!のさ!」 [バカバカしい話]

“さあて・・結果どうなるかな?”

ドキドキハラハラの・・・空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

皆様!いつも・・・“中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”にご訪問賜わりまして、

誠にありがたく、厚く御礼を申し上げます。

また・・前記事の2000記事目!に対しまして、お祝のコメントを賜わり、改めまして、

御礼を重ねて申し上げる次第でございます。

さて・・・本日のバカバカしい話は、「さ・し・す・せ・その・・・さ!」でございます。

昨日は前哨戦!本日は・・まるで、本命・穴馬掻き分けて・・・超大穴の意地を見せる所です。

まあ、その昔・・・骨折(交通事故)の後遺症で、徒競争では“ブービー争い”をしていた

小学校低学年までの・・・オストド。

大応援団の声援が虚しく・・・・

まあ、職人’sのリクレーションみたいなもの・・・全レースで賭けをしていたそうでございます。

そこで・・職人’sから、オストドが呼ばれていたのが・・・コータロー。

最初の“コ”しか合ってませんが・・・テーマソングもございまして・・・



今回の狙いも・・・大穴!と下馬評が高い“オストド”の意地。

徹底的な原価計算。ち密な?コスト管理で叩きだした数字!

これで、本日いや・・今期のメインレース!ダービー並みの開札まで後・・・1時間。

スタートダッシュで出遅れた感はございます。途中、グギッ!ともやりました・・・

でも・・・大穴こと蟻には蟻の意地があるわけでございまして・・・・巨象に挑む!根性はございます。

「こうなりゃ!片っ端から落札してやろうじゃん!負け犬根性はないからね!」

オストドに弱みを握られ、時には脅され、時には泣かされ、時には宥められ・・・・している

メーカー担当者及び代理店の皆様の期待と不安。[がく~(落胆した顔)][たらーっ(汗)]

ついでに・・協力業者・社員、その家族の生活も守らねばなりませんしね・・・

「やったるでぇ~」と叫んだ瞬間。

社長であるお父様にお呼び出し・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

「なあ!おまえ・・ナンボ儲かるねん!10か?20・・30はいくんだろうな?」

「はあ?利益ですか?ありませんよ・・そんなもん!忘れてましたから・・・」

正直に答えさせていただきました。利益どころか原価ギリギリライン。

多分・・・写真判定でしょうねえ~そうなると・・過去の施工実績点が生きてくるわけでして・・・

一応、上位優良工事業者として、認定されてますんで・・・鼻差でトップ取れる・・ハズ[ふらふら]

さて・・・もうすぐです。オストドの大笑いが響くのか?

それとも・・・嘆き声が響き・・・死刑執行台に引き摺られて行くのかは・・・・

この結果は・・次回!さ・し・す・せ・その・・・し!で明らかにしたいと思います。












nice!(43)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。「さ・し・す・せ・そ!のし!」 [バカバカしい話]

“幸せだなぁ~儲からなくたって・・・”そう叫ぶ

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日の結果をまずは・・発表せねばなりませんね!

残念?

無念?

ではなくて・・・・














無事落札でございます。[わーい(嬉しい顔)]

いいのかな?と思いますが・・・いいんでしょうね!これで今年3連勝でございます。[わーい(嬉しい顔)]

薄氷を踏む!かの様な・・・・・

きわどい戦いでございましたが・・・

本命!穴馬掻き分けて・・・ドドン<!/strong>と 一着でゴールインさせていただきました。 これも・・ひとえに・・応援頂いた皆様のおかげでございます。[わーい(嬉しい顔)] まあ、陰で泣いている方もいらっしゃいますけど・・・・ 職人’s曰く・・・「儲かるかぁ~」とのこと・・・・ 「お前等が二人前ずつ働けばな!馬車馬の様に・・・」とほざくオストド。 まずは・・取り急ぎ、ご報告いたします。 ただ・・一言言わさせていただくと・・・ あと・・15時間後までに・・・提出書類50枚作成しなければなりませんし、 病院にも行かなきゃいけないわけで・・・・・ ついでに・・自宅のPCがぶッ壊れました・・・ 自宅、会社合わせると・・通算・・・10いや・・・まあそのくらい壊したんです。オストド。 従いまして、誠に勝手ながら、週末に纏めてご答礼訪問させていただきます。<(_ _)> 只今!2日ほどご答礼訪問が遅れております。スミマセン!
nice!(45)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。「さ・し・す・せ・そ!のす!」 [バカバカしい話]

“凄まじきは中間管理職だなぁ~と思う。

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

皆様!いつも“中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”へご訪問賜わりまして、

誠にありがたく、厚く御礼申し上げます。<(_ _)>

本日のバカバカしい話は、「さしすせその・・す!」でございます。

とある・・学校の副校長先生とお話しする機会がございました。

「う~ん!お主出来るな!じゃあ・・望みを叶えてやるか!」

そう思わせるご人徳溢れるお方。

「副校長と言ってもね!中間管理職ですよ!もっと言えば、雑用係兼苦情処理係りかな・・・」

「そうなんですかぁ~モンスターペアレントとかですか?」

「それだけじゃないんですよ!モンスターは他にもね・・・・」

お話しをよくお伺いすると・・・モンスタークレイマージジイ!と名付けたくなる様な方も・・・・

「参りますよ!夜中でも苦情を言って来るんです・・・」

「はあ?」

「今度・・・この工事に関して出たらお願いしますね!」

公共工事ひとつやるにしても、近隣対策が欠かせないのが、今の世の中!

大体、役所から半径何メートル以内には、ご挨拶等する様にと指示を受けます。

「そんな必要あるんですかねえ~地域住民のための工事ですよ?」

「「まあねえ~ゴネれば金品を取れると思っているのも居るってこと・・・」

「へえ~じゃあ・・そんな方には、使って欲しくないのが本音ですよねぇ~」

「まあね!そう言えないところが辛いところだな・・・」

大抵、こんな話からスタートするのが、公共工事でございます。

色々思いだされるお話しがございます。

親水公園ひとつ造るのも・・(土地の評価額上がるんですけどね!)

「やれ!振動や騒音がどうの・・・・」「通行の邪魔だの・・・・」

図書館建設をした時は・・・「あんたら能なしだねえ~また同じお菓子かよ!」とか・・・・

消防署を建設した時などは・・・「やれ!テレビの映りが悪くなった」「アンテナ立てろ!」とか・・・

近くのビジネス旅館からは、「営業妨害だ!」とか散々・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

面白い話がございまして、飲んでいたお茶を噴き出したオストド。

「あのね!廻りのシートあるだろ?」

「ええ・・それが?」

「風の強い日でねえ~運悪く留めていたシートの紐が下の部分外れていてさぁ~バタバタとね・・・」

「まあ・・よくあると言いますか・・あっちゃいけないんですけど・・・」

「うん!そこに運悪く毛皮のコートを、羽折った女性が通りかかって・・・・」

「へえ・・あっ!お茶頂きますね・・・」

「ああ!飲んで!ここから重要なんだけどね・・・」

お察しのいい方なら、もうお解りのはずでございます。

シートが運悪く?女性の毛皮のコートに当たったわけです。

「それで?怒りましたでしょう・・・」

「ああ!弁償しろとかね・・・・結局、クリーニング代、その他モロモロ取られたさ・・・」

ここまでは・・ごく当たり前の話。

「へえ~そうなんですか・・・」 そう言いながらお茶を啜るオストド・・・

「あの時思ったね!火事や救急要請あっても、相当!遅れて到着でいいだろうと・・・」

「ぶっ・・・」

そうでございます。よっぽど腸が煮えくりかえっていたんだと思います。

次に、刑務所へ逆戻りした方のお話しをしましょう。

半径何メートルと指示されると・・・ご挨拶にお伺いする家、しない家がございます。

挨拶に行かなかった(指定外区域)家(ボロアパートの一室)の住人さん。

刑務所から仮釈放されていた方だったらしいんですが・・・・ガードマンの所へ押しかけ・・・

「テメぇ~ら!病院があるのに・・騒音を立てるとは何事じゃ!」

「はぁ・・お話しは付いておりますが!」

「バカヤロ!俺様のところには挨拶にも来ねえのか?」

「はあ・・お伝えしますが・・・」

菓子折りくらいじゃ済まねえぞ!ビール券か商品券持って挨拶に来い!」

「はあ・・何様で?」

「ああ?てめぇ~舐めてんのか?俺は○○組のもんだ!」

因みに・・全て録音させていただいております。勿論、録画も・・・・

ちゃんと、警察に被害届を提出させていただきました。立派な恐喝行為でございます。

朝方と言うより・・現場事務所で寝ずに図面を描いていると・・・騒がしい朝方。

地元警察署のパトカーが次々と到着。まあ、塀の中へ逆戻りしていただいたわけでございます。

さて、お話しを少し戻しますと・・・・今回の副校長先生の頭痛の種・・・

モンスタークレイマーオヤジ!

「どんな難癖付けてくるやら・・・・」

「大丈夫ですよ!いざとなれば・・色々方法ありますから・・・」

何でも・・運動会の音が煩いとか様々なクレームを付けてくるそうでございます。[ふらふら]

「大丈夫かな?」

「ええ・・それより、先生・・休まれてます?」

「全く・・・・」

「豪華客船じゃなくて悪いんですけど・・・ドロ舟よりはマシですからね!お任せ下さい!」

「あと・・・」

「解ってます!生徒さんはじめ、教職員の皆さんの安全は、請負範囲ですからね!」

今・・毎度おなじみのお騒がせ屋・・Hクンとお百度参り中のNクンの2名。

一生懸命、オストドに怒鳴られながら、安全確保のための図面を描いたり、資料を探しています。

オストドがやった方が早いんですけど、若いもんを鍛えるのもオストドの役目でございます。

でも・・・さっきから・・ウズウズしているんです。自分で描きたくて・・・・・・[ふらふら]


nice!(32)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい話・・「さ・し・す・せ・その・・・せ!」 [バカバカしい話]

“清廉潔白とは言いませんけどね!”と胸の中でほざいた

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

皆様!どんな休日をお過ごしでしょうか?休日出勤の皆様!大変お疲れ様でございます。

本日も、”中年ポンポコ腹オヤジの拙いブログ”に御訪問賜りまして、

誠に有難く、厚く御礼申し上げると共に、皆様のご健勝・ご多幸をご祈念させていただいております。<(_ _)>

さて、本日のお話は・・さ・し・す・せ・そ!のせ!でございます。

さて、良く・・清濁併せ呑むのが、営業職のつらいところでございますね・・・・

時には、ドロ水でも飲み干す覚悟が必要になるわけでございます。

因みに、予め申し上げておきますが、オストドはそんな暇人ではございません。[ふらふら]

オストドの交際費として処理される・・キャバクラやスナック・クラブ等の飲食費の99.999%は、

オストドは同席すらしておりません。そんな暇があるんなら・・・ネタを拾い集める時間に・・・

そして、睡眠時間や、メンテナンスに使ったほうがマシでございます。[わーい(嬉しい顔)]

そりゃあ・・キレイなお姉さん(ただ・・娘と同世代ですからねえ~)は嫌いではありません。

嫌いではありませんが、伝書鳩のごとく、自宅⇔会社(現場もありますが)をマイカーで行ったりきたり・・・

飲んでいたとされる時間には、睡眠薬をゴックンと飲み干し・・スヤスヤと寝ているわけでございます。

さて、オストドんいは悪い癖といいますか、気に入った所や気に入った営業マンをトコトン贔屓にします。

そうなると・・我が社の“ナンにも専務”の逆鱗にふれることもございます。

「おまえ!いくら貰ってんだ?」

「はあ?アンタと一緒にすんじゃねえよ!ボケ!」 と言いたいところでございますが、

偶に・・儀礼的な範囲の接待も受けているわけで・・・・(せいぜい、数千円の食事やお土産くらい)

まあ、精錬潔白ではないわけです。

「なんで!俺が言うメーカー代理店使わないんだ?」

「高いんですよね・・・何故か知りませんけどね!」

とうとう・・ナンにも専務。オストドのお父様で社長に・・ガキじゃあるまいし、直訴したみたいで・・・

昨日、出勤するとお父様にお呼び出しを喰らいました。

「おまえ!なんで、全部を専務に報告しないんだ?何も聴いてないと言ってたぞ!」

とうとう・・・保身と言えばいいんでしょうか?バカにも程があるわけです。

「以前の専務でしたらね~相談もしますけど・・はっきり言って使えないどころか邪魔されるんで!」

こう答えさせていただきました。

まあ、オストドは理論には理論。殴り合いには殴りあいで応じるタイプでございます。[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]

さて、お中元の時期でございます。オストド・・関係各社様には、自宅の住所を教えておりません。

従って、オフィスの机の上にどんどん詰まれていくわけですが、オストドが受け取るのは・・・

伝票の控えだけでございます。残りは職人’sのジャンケンによる争奪戦に出させていただいております。

まあ、出張の折には、儀礼程度のお土産はいただきますけど・・・・

それだって、会社に立ち寄って帰る場合、みんなで分けちゃいます。[わーい(嬉しい顔)]

面白いもので・・・持って行くときは、無理やり受け取らせ・・・(ビール券です。重いのは嫌ですので・・)

受け取る側に廻れば、99.999%の確立でご辞退申し上げておりますけどね・・・・[わーい(嬉しい顔)]



nice!(66)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい・・話。「さ・し・す・せ・そ!のそ!」  [バカバカしい話]

「そんなぁ~」と嘆く・・・

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

皆様!本日も・・“中年ポンポコ腹の拙いブログ”へご訪問賜わりまして、

誠にありがたく、厚く御礼申し上げます。<(_ _)>

今週も・・パタパタと痛む足にムチを入れ、全力疾走は無理ですけど、小走りに走り・・・

(これじゃ・・良くなるモンもならないんですけど・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

労働基準監督署へ本日二度も行き・・・(単に書類をひとつ忘れたので・・・)[ふらふら]

お役所へ飛び込んで・・・(昼休みはありません・・・)

ああだこうだ!とほざき・・・・ついでに、パタパタと走っているものですから・・・

同じくパタパタと走ってきた・・女性職員と正面衝突寸前になったり・・・・と・・・

あっちへパタパタ。こっちへパタパタと一週間が始まったわけでございます。

因みに・・今度のお休みは・・・18日までありません。

来週の日曜日は延々と仮設小屋を建設(と・・言っても、立会ですけど・・)[もうやだ~(悲しい顔)]

一日で、約・・・100平米の小屋を建設するんですけど・・・ついでに・・・事務所備品もゴッソリ!

雨が降ろうと・・・この日しか出来ないんです。

きっと・・翌日登校してきた生徒さんビックリするんだろうなぁ~

グランドの片隅にドン!

置かれているんですからねえ~。ついでに・・・産廃のコンテナとかも・・・

驚くんでしょうねえ~きっと・・・[わーい(嬉しい顔)]

まあ・・お菓子くらいは用意しておきますかねえ~餌付対策として・・・[わーい(嬉しい顔)]


nice!(43)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい話・・・・「た・ち・つ・て・との・・・た!」 [バカバカしい話]

♪たんたんタヌキの○○わぁ~と歌い続けている

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

皆様!本日も"中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”に御訪問賜りまして

誠にありがたく厚く御礼申し上げます。<(_ _)>

本日は、オストド穴を掘っている現場で、ウロウロしている日でございます。

従いまして、電話がやっと通じて、明日LANが完成するわけですので、Eモバ発信でございます。

さて・・本日のお話は、た・ち・つ・て・との・・・・た!でございます。

"た”となりますと・・・決まってアッチ関係のお話。

従いまして、品のないお話でございますので、適当にスルーしてください。<(_ _)>

たんたん・・タヌキには、立派なのが2個あるわけですが、オストドには、現在1個しかありません。

何をと言いますと・・バランスボールとでも言えばいいんでしょうか?

片一方は今頃、輪切りにされ、標本にでもなっていると思われますが・・・・・

行き先知らないんですよね・・・ただ、学会の論文に使用されたのは知ってますけど・・・

いやぁ~当初は、歩きづらいの何のと・・・・どうしても、バランスが悪い。

先日、ふと気づくともう片方があるべき所にない!わけで・・・

一瞬、「ちょんぎられたか?」と思いましたけどね・・・最近、バランスボールだけですから・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

ところが・・・

ところが・・・・

ところが・・・

進化してたんです。

バランスをとれる様にですね・・・・[わーい(嬉しい顔)]

一瞬でも疑ったわけですが・・・切られるとしたら・・アッチですもんねぇ~

あっ・・・この件につきましては・・・内緒にしておいてくださいね!

では・・・穴の中を覗いてきますかぁ~


nice!(45)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのバカバカしい話。「た・ち・つ・て・との・・・ち!」 [バカバカしい話]

“散って行った・・友人たちへ!”

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日も“中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”へご訪問賜わりまして、

誠にありがたく、心より御礼申し上げます。<(_ _)>

また、最近の豪雨の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞いを申し上げると共に、

一日も早い復興と心の傷が少しでも早く癒されます様にとお祈り申し上げます。

また、只今、多忙につき(落札しすぎ?)ブンブンと振りまわされ・・・・・

下から・・つまり、職人’Sからは、突きあげを喰らい、上からは、怒鳴られ・・・

お役所かたは連日のお呼び出し・・・ついでに、自分の現場では、穴ボコに落ちかけたり、

因みに60メートルの深さですが・・・

色々・・やることが多いわけでございまして、ご答礼訪問が滞っておりますことを、

お詫び申し上げる次第でございます。<(_ _)>

さて・・本日のお話しは、た・ち・つ・て・との・・ち!

たんたんタヌキの・・・の次、皆さん大体ご想像されていると思いますが、

ご期待を裏切るのがオストドの悪い癖。[ふらふら]

本日は、今は亡き友人たちをちょっと思い出してみたいと思います。

「あの世!であったら・・また一緒に飲んで騒ごうぜ!」 こう告げて友人の多くを見送ってきました。

戦場カメラマンになって、消息不明になったままの奴とか・・・

交通事故で死んだ不運な奴もいれば、一緒に乱闘をしていて、その怪我が元で死んだ奴

病気との闘いに疲れ、静かに旅立った奴もいれば、高速道路で吹っ飛んだ奴。

痴情のもつれから、刺殺されたバカとか・・・

オストド・・彼等とのお別れの席で、必ず・・こう言って来たんです。

でも、彼等との約束は果たせそうにありませんねぇ~多分。[もうやだ~(悲しい顔)]

みんな。いい奴だったんです。だから、行き先は天国でございます。

「お前が来るのを、三途の川で待ってる!」と言い残して旅立った奴もいい奴でした。

でも、どう考えても・・・今までやらかしてきた罪を考えれば、地獄行きは免れないところ・・・

奴等に頼んで置くのを忘れてました。クモの糸ででも・・丈夫な梯子作って投げ込めと・・・

そうすりゃあ~天国へ行けたはずでございますが・・・多分、手遅れでしょうね・・・

今日も・・明日も明後日も・・・ずっとオストドは祈り続けます。

先に逝ってしまったバカヤロウたちのために・・・・

今日は、七夕。親友・・いや悪友・・くされ縁の命日です。

そっと・・・彼のために祈ります。

彼が好きだった・・・この曲を聴きながら・・・・




nice!(35)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのばかばかしい・・話。「た!ち!つ!て!と!のつ!」 [バカバカしい話]

“ツララにはご用心”のお話しでございます。

皆様!本日も“中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”にご訪問賜わりまして、

誠にありがとうございます。<(_ _)>

オストドのばかばかしい話。再開でございます。

今回のお話しは「た・ち・つ・て・と」のつでございます。

オストドの悪友とも“くされ縁”とも言われる。旧悪たれ連を皆様覚えてらっしゃいますでしょうか?

まあ、“悪たれ連”では、お宿が取れなくなった(何故か?はご想像にお任せするとして)

現在では、883+1会と名前を代えまして、昔みたいに女湯を覗いたりとかはしなくなりましたが[ふらふら]

最近では、リーダー挌のイストドは、多忙のため、勝手にペナルティーの請求を寄越し、

今でも、国内外を問わず、悪さをしている様でございます。

その中で皆様ご存じの旧姓青○クン。お婿に行ったので、名字は変わっておりますが、

そんなのはどうでもいいお話しで、現在とある信州地方のとある村の住職になっているわけです。

これが、トンデモないヤローでございまして、今では通称“エロ坊主”のまま。

「お前等!美味い酒がてに入ったから、遊びに来い!」と半ば強制で呼び出され、

「あんのやろ~」と全員でグリーン車にふんぞり返り、車内販売のお姉さんを口説きながら、

招集と懐かしさに釣られて、ホイホイと出かけた時の事でございました。

「よく来た!よく来た!」と村の方々、懐かしい顔に出迎えられると・全員嫌な予感!

「あん?おい!学校のクラブハウス満員だけどなんかあるのかな?」

「おかしいよな?こんなにクラブ活動盛んだったっけ?」

僕たちの昔の活動に感謝され?かどうかは、未だに謎ですけど、学校はそれなりの

土地を挌安で譲り受け、ドドン!とクラブハウスと言う名の“合宿所”を建てておりまして、

毎年の様に恒例になっているらしく、畑からせっせとスイカは運ぶわトマトは喰い漁るわ・・・

やっている様でございまして、その報いと言えばいいんでしょうか?人集めされたわけです。

「お前等!ご苦労さん!」

「てめぇ~エロ坊主!迎えにも来やがらねえで・・・墓石蹴り倒すぞ・・」

「やれるもんならやってみろ・・・」

案内されたのは、遠い昔そう肝試しした墓場・・・

「あれ?墓石が見当たらねえな?」

「全部・・埋まっちまったんだよ!雪に・・・」

「ま・・まさか・・俺らに除雪させ様と招集したのか?」

「当たり!」

「帰るか?オイ・・・」

「馬鹿だなぁ~ガキ共がいるじゃねえか・・・」

「それで?」

嫌な予感はしましたけど、多大なるご迷惑ばかりかけてきた村の懐かしい顔の人々に囲まれると、

「嫌だ!」とは言いにくくなるのが、人情というもの。

「ガキ共を統率してもらって・・・」

「あいつらが言う事聞くタマか?」

「それは大丈夫だろ?赤点組ばかり集めたらしいから・・・」

「それって脅しだろ?」

「そうとも言う!ナムアミダブツ・・・」

「よせ!まだ死んでねえ~縁起悪いだろ?それより嫁さんは?」

「おう!もうじき生まれるんだわ!今・・街の産婦人科に入院している!」

「大岩ぁ~お前!産婦人科志望だろ?お前が取り上げて来い!」

「よせ!やめろ・・・冗談は顔だけにしろ・・・」

丁度、由香ちゃん1号は第一子をご懐妊中だったわけで・・臨月。

「ふう~ん!騙したのか?俺らを・・・」

「だ・か・ら・・グリーン車の切符送ったろ?」

「坊主は儲かっているんだと思った・・・払い戻しして飲んじまえば良かった」

これには駆けつけた全員首をブンブンと縦に振ったのでございます。

「ちっ!仕方ねえな・・やるっきゃねえか?」

聞くところによれば、除雪費用が底をつきかけたとの事。まあ、干し柿をちょろまかしたり、

スイカを勝手にひと夏で散々喰い荒らしたり、トマト畑一面のトマトでトマト投げをした報い。

追試もレポートも無し。進級確定に騙された学校の後輩諸君と一緒に汗をせっせと流し、

雪かきに追われること一週間たったある日。

「なあ~このまま帰る手はねえよな?」

「だよなぁ~いつだっけ?由香ちゃん1号とご息女の退院は?」

「ええと・・確か・・・・」

お祝い・・・しないわけにはいかないよな?諸君!」

「おう!」

僕たちは積雪に埋もれていた懐かしい露天風呂を掘り起こし、一番湯に浸かっていたのです。

「しかし・・何だ!昔思い出すねえ~」

「だよな!」

「血が騒ぐと言うか・・・」

「そうそう・・・」

「立派なツララもあるし・・・」

「そうそう・・・」

「エロ坊主にはお仕置きが必要だよな?」

「当たり前じゃん!」

粉雪が舞う中、馬鹿は風邪をひかないと申しますが、脱衣所へ続く雪の回廊でヒソヒソとナイショ話。

「じゃあ~手筈どおりに・・・」

軽トラを借りに行く者。落とし穴を掘る者。せっせと軒下から大きいツララを選んでは切り出す者。

一夜で全て準備を完了させた僕たち。屋根の上にはツララが「まだぁ~」とばかりに待機させ、

「お~い!青ぉ~村長の墓が大変だぁ~」と青○クンをおびき出し・・・

「どれど・・・うわぁぁぁぁ~」

そこへ用意しておいたツララで牢獄の完成。

「て・・てめぇら・・出しやがれ!」

「やなこったぁ~」

そこへ産まれたばかりのご息女を連れ、由香ちゃん1号がお迎えのハイヤーでご帰宅。

「あれ?みんな・・どうしたの?」

「お祝いに来たの!ついでに労働させられたけど・・・」

「それで・・ウチのは?」

「コッチ!」

「ちょっと待って!この子・・・」

お迎えに一緒に行ったジジババにご息女を渡すと、僕たちと一緒にお寺の裏へ・・・

「あはは・・やられたわねえ~」

「ば・・ばか!さっさと・・出せ!」

「あら?お仕置き足りないかしら?パパのその姿見せてあげなくちゃ・・・」

「よ・・よせ・・・お前等なんとかしろ?」

「春まで埋まってろ!」

これ以来、僕たちは除雪に借りだされることはなくなりましたが・・・・

今でもあの時の記念写真は、由香ちゃん1号の手の中でございます。

「お・・お前等呼んだ俺が馬鹿だったわ!」

「よく言うよぉ~俺らを散々コキ使いやがって・・・・」

「判ってるよ!ホラ・・土産!」

発車のベルが鳴り響き・・僕たちは慌てて車内へ・・・

「あっ!何か忘れてねえか?」

「ええとぉ~あっ!キー先生埋めたままだわ!」

「いいんじゃねえの?俺らが直接て下したわけじゃねえし・・・」

「だよなぁ~後は奴等がどうしようと・・・」

「でもよ!東京に着いたら、青に電話して置くか?一応!」

「まあ、そうするか・・・」

今も冬の時期になると思いだされる光景。今頃、青○クンはせっせと雪かきをしている頃でしょうか?
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのばかばかしい・・話。「た!ち!つ!て!と!のて!」 [バカバカしい話]

“天に唾を吐く馬鹿・・・”のお話しでございます。

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日もオストドTHE悪~留度。”中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”にご訪問賜わりまして、

誠にありがたく厚く御礼を申し上げる次第でございます。<(_ _)>

まずは近況のご報告から・・・・

長年の営業活動の賜物?なのか、それとも相当サボり倒した報いなのか?

はたまた・・神様からの賜わり物なのか?良く解らないのでございますが、(本人が判りません!)

先週、半分・・冗談。そして残りの半分は勢いで、臨んだ入札。

下馬評(社内の・・・[ふらふら])によりますと・・・

落札出来る可能性は、0.000001%と限りなくゼロに近い積算上がり・・・

思わず・・・「取れる訳ねえよなぁ~」とポイ!っと入札(電子入札です)したわけですが・・・・

「うっそぉ~落札しちゃったぁ~」

オストドの声が社内中はおろか、会社の外にまで聴こえていたそうでございます。

今週もお客様からのご指名でとあるホテル建設が一本。

そして、とある公的機関から・・「入札に参加せんかい!バカヤロー」とありがたいお言葉が2本。

おまけと言っては大変失礼でございますが、メンテナンスの依頼が2本。

「俺・・過労死しねえかな?」と思う今日この頃でございます。

従いまして、ここ当分。隙を窺い。ちょっとの休憩時間でお送りすることになろうかと思います。

でも、オストドはちゃんとブログに訪れていただいた皆様は勿論、皆様のご家族や

大切な方。そして、今も苦しんでいる皆様のためにお祈りだけは欠かしません。

さて、前置きは長くなりましたが・・・本日は、“天に唾を吐く馬鹿”のお話しでございます。

オストドもそうでございましたが、“宿命”とも“運命”とも言われ、大抵、一度くらいは・・・

「やってられっか!」とか、中には、「職業選択の自由は何処へ行った!」と絶叫し、

取りあえず、目の前に敷かれたレールからナントカ逃げようとするのは、“二世の・・・・”。

歌の文句ではございませんが・・・・

♪こんなぁ~あたしに誰がしたぁ~と歌っているのはまだ、マシなんだそうでございます。

そういえば・・こんな歌も歌っていた時もございましたが・・・



オストドどこでどうなったのか?未だに謎でございますが・・・

幼稚園から小学校へ・・普通、義務教育でございますので、そのまま公立へ行かせて欲しかった

そうすれば、ちょっとはまともな人生も送れたかもなぁ~と思うわけですが、

お受験なんぞをさせられまして、倍率ドン!更に倍!の世界へ突入したのでございます。

まあ、とある女子校付属の小学校(小学校までは共学なので・・)に通っておりました。

これがそもそもの間違いだったのでは?と思う訳です。

毎日、通学地獄?の日々。何しろ、学校の最寄り駅まで電車に揺られ、そこからは・・・

お姉さま方でほぼ満員ぎゅうぎゅうのパラダイスじゃなかった・・満員バスに揺られるわけです。

今思えば、「よく・・圧迫死か窒息死しなかったなぁ~帰れるならあの頃に戻りたい!」と・・・

理由は敢えて申し上げませんが、皆様の想像力にお任せ申し上げるといたしまして・・・

観たいテレビや遊びを必至に我慢いたしまして、受かった超難関中学校。

そこへ進学させていただいていたなら、今頃はきっと悪徳弁護士か悪徳高級官僚とか・・

メストド1号に言わせると、「良くて刑務所の中!悪ければあの世かな?」とか・・・

そのまま突っ走ればきっと今頃は、世界に名を轟かせる世界一のお馬鹿ヤローだったかなと・・

ここで、お子さんの尻を叩いているお母様。お父様方に恐れながら申し上げますと、

DNAだけは変えることは出来ません。勉強嫌いはそのまま受け継がれるわけです。

そういえば・・こんなお話しもございます。

とある美女ただし、オツムが・・・があるブサイクだけど、頭のいい男性に・・・

「あたしの美貌とあなたの頭脳を受け継いだ子供だったら・・・・」

そこで、頭のいい男性が一言。「その逆だったら?」

確かにそうでございます。その逆だったら・・大変な事になるわけですよね?

我が旧悪たれ連。今では883+1会。つまり、本人たちが勝手気ままに言っている。

「俺達の中には、ニホンオオカミの血が流れている」と散々やらかしてまいりましたが、

当然、その報いを受けるときがくるわけでございます。

ケタケタと笑いながら、走り回るその“血”を継ぐ、子供たちを追いかけまわしながら・・・

「なあ?俺達歳とったかな・・・」

「だなぁ~ああしんどい!」

バタバタと走り、すこしでも矯正させ様とするのが、親の役目。

特に男の子を授かったところは地獄でございます。

「また呼び出しだわ・・・いい加減にしてくれねえかな?」

「そりゃあ~無理だべ?俺たちを御しているカミサンのDNAだぜ?」

「納得!ちょっくら・・引き取ってくるわ!」

そんな子オオカミたちも、次々と生まれてくる弟分とか妹分にこう言う訳です。

「ケンカ?上等だぁ~買って来い!買ったケンカなら負けるんじゃねえぞ!」

それを聞いた。もう若くない・・初代?オオカミたちは顔を突き合わせ・・・

「はぁぁぁぁ~」とため息を漏らすだけ・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

「なあ?どこをどう間違えたんだ?」

「それはだな・・天に向かって唾を吐いた報いだろ?」

「やだやだ・・・」

少々、脱線転覆しかけた“二世号”という機関車は煙の代わりに、今日もため息をひとつ。

「仕方ねえか?DNAのなせる技だもんな・・・」

「そう言う事!でも、孫オオカミたちはどうなるのかね?」

「もっと上を行くかも知れねえな・・・」

「ああ!あいつらもそのうち解るだろ・・」

「何を?」

「天に向かって唾を吐いたら自分に落ちてくるってこと!」

「まあ・・そうだな。」

「はぁぁぁぁ~何の因果だ?」

「はぁぁぁぁ~知るわけねだろ!」

髪の毛に白いものが混じり始めたオオカミたちの悲鳴ともため息ともとれる。

遠吠えが虚しく響き渡るのでした・・・・

本日の一言。

「子供叱るな来た道だもの。年寄り笑うな!行く道だもの」






nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのばかばかしい話・・・「た!ち!つ!て!と!」のと! [バカバカしい話]

「た!ち!つ!て!と!」のと! 飛べるわけねえだろ!のお話し。

本日もオストドTHE悪~留度。”中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”にご訪問賜わりまして、

誠にありがとうございます。<(_ _)>

只今のところ・・・平均睡眠時間約4~5時間程。夢の中でも“お仕事”をしております。

さて・・本日のお話しは遠~い昔の話のことでございます。

今回もまた。旧悪たれ連。現在、883+1会所属。青○クンのお話しでございます。

“つ”編でも登場してまいりましたが、つ編とは、前後するお話し。

僕たちが無事?なのか、それとも、放校名目で(これ以上、騒がれたら困るが本音?)

卒業させられて数年が経過した頃でございます。

「一丁!やったるか!」 僕の掛け声が病院の病室に響きました。

「おう!」と答える。まだ若き日のオオカミたち。

獲物は目の前の白いベッドに身動きせず横たわる青○クン。

彼の耳元で怒鳴ったり、脅したりする奴。思い切り顔をビンタし続ける奴。

身体中を抓る奴にベッドを蹴り飛ばし続ける僕の姿。

それは前日の遅くに鳴った電話が全ての始まりでございました。

「はあ?何で・・・」

「それでね。・・・」

「解っている!みんなに招集かけるよ!」

その日の遅く。高速道路を爆走する車の帯。クラクションにパッシングの嵐。

まあ、運転させられた奴は全員“御用”で免停はどうでもいい話。

僕たちが、おまわりさんの説教を受け終わり、彼の許へ駆けつけた時には、正しく・・・

三途の川あたりをウロウロしていた青○クン。

「てめぇ~俺らより先に逝こうなんて1000年早いわ!ぼけぇ~」

その頃、彼の奥さんのお腹の中には、第一子が宿っていたわけです。後で聞いた話ですが・・

叩いたり、揺すったりすること数十分。僕たちにはそれが永遠の時間に感じられましたが、

薄ら眼を開け、何か言いたそうな青○クン。でも、彼の口の中は塞がれておりました。

その数日後、まあ、その間、僕たちは彼の代わりにせっせと久しぶりに本堂の屋根に上がり、

壊れた瓦を修理したり、草むしりをせっせとしたりしておりましたが・。それもどうでもいいお話し。

病院の庭先で車椅子に乗った青○クンを囲み、車座になっておりました。

「ったく・・余計な事しやがって・・・」

「はあ?免停になった馬鹿もいるんだぞ?それはねえだろうが・・・」

「お前どこをウロウロしてたんだ?」

「ええと・・花が一面に咲いていて、綺麗なお姉ちゃんたちがおいでって呼んでたな・・」

「そこへ行こうとしてたろ?」

「当たり前じゃん!でも、お前等が呼ぶからさ・・振り返ったら・・」

「病院のベッドだったわけだ!」

「まあな・・・イテテ・・・」

「お前のアホは治らねえな!屋根から飛べるわけねえだろうが・・・」

「そうそう!今頃は釜ゆでの刑にでもされている所だったぞ・・・」

「そうか?お姉ちゃんたちの膝の上だったかもしれない・・・」

「なあ!頭に来ねえか?こいつこのまま川にでも流すか?」

「いいねえ~」

そこへちょっと具合が悪いからと、受診していた由香ちゃん1号が戻ってきました。

何やら、青○クンの耳元でゴショゴショと、少々顔を赤らめて・・・

「や・・やったぁ~イテテ・・・」

「えっ?ま・・まさか・・・オメデタか?」

「ああ・・そうらしい!」

「由香ちゃん1号!オメデトー!出来れば由香ちゃん1号似が良いんだけど・・・」

「まったく!こいつに似たら碌な事がねえ~」

「もう!屋根から飛ぼうなんて思うなよ!馬鹿!」

彼が手荒い祝福を受けたのは言うまでもありません。まあ、そのため、入院が3日ほど延びたのは、

仕方がないことでございます。

それでも、青○クンは毎年屋根に登ります。まあ、今では一人ではなく、子連れオオカミで

せっせと屋根を直しているとか・・・

「なあ!何でかな?よく壊れるんだよなぁ~」

「馬鹿っ!昔を思い出せ!大修理やったの俺たちだぞ!壊れるに決まっているだろ!」

「そうだった!」

「いいか!もう飛ぶなよ!今度こそお陀仏だからな!若くないんだし・・・」

こんな話をしたのは、先日のこと。

彼には話をしてませんが、今度こんな事があったら、“即身仏”にしてしまえ!と・・・

ついでに袈裟の代わりに身体中に鎖も巻き付けて、コンクリートでも流し込む予定でございます。・・・

それでは・・この次は「な!に!ぬ!ね!の!のな!」のお話しでございます。<(_ _)>
nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのばかばかしい話・・・「な!に!ぬ!ね!の!」のな! [バカバカしい話]

“なんだろう?”と首をかしげ、悩む。

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日も“中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”にご訪問賜わりまして、

誠にありがとうございます。<(_ _)>

さて本日のお話しは、「な!に!ぬ!ね!の!」のな!でございます。

何気にカウンターを久しぶりに覗いてみますと・・・「うわっ!」

トンデモナイ事になっているわけでございます。

「答礼訪問もコメント返しも最近出来てないのに・・・なんでだろう?」

よくよく調べてみますと、大爆発のアクセスがある日がございまして、

一日3000PV以上を記録している日が確かに存在しているわけです。

決して・・組織票(どこかの政治家ではございませんし・・・)でも、何でもございません。

何でだろう?と首をかしげるのが多くなってきたのが、掛ってくる電話。

「はあ?不動産資産なんちゃら?」

良く解らないのでございます。

オストドはっきり言いまして、そんなにお給料をいただいておりません。

お時給に直すと、ヘタすれば一時間あたりの単価は、メストド1号の方が稼ぎが良いわけで・・・

まあ、どこをどう嗅ぎ分けてくるのやら・・・本日も、とある所から・・・

「オストドさん!売るんなら当社で・・・」

「はあ?何処で聞いたの?」

確かに、半分寝たきり状態になっているお父様に頼まれて、都内にあるそれなりの土地

エイヤーと売りに出しているわけです。

そうでもしないと、万一の時に相続税が払えなくなる恐れがあるからですが・・・[ふらふら]

「水臭くないですか?」

「何で?」

「当社にも扱わせてくれません?」

「考えてもいいけどね・・・・」

最近、オストドの廻りはハイエナさんたちがウロウロしているんです。

内心では、「テメーラが余計なもん売るから・・・」と怒鳴りたくなる場合もあるわけです。

何しろ、それらの管理は全~部。オストドの仕事なわけです。

「ええとぉ~ここは不採算だから売るでしょ?ここは会社に貸してあるからどうしよう?」と

当分、一銭ももらえないであろう“雑用”をせっせと・・・これも親孝行の一環ですかね?

さて、もうひとつ謎が出来ました。

オストドたち建設業界では、公共工事の監督さんをやるのに、ある一定金額を超えると、

監理技術者と言う資格が必要な訳でございます。勿論、オストドも何故か?試験に受かり、

お国の認めた“技術者”様の端くれでございますが・・・・

今年度は二人も当社社員が合格したわけです。

これはこれで喜ばしいことではありますが、オストドの予想では受からない方に賭けておりました。

「てめぇ~ら!落ちてみやがれ!坊主頭にしてやる!」

「エッ!」

「当然だぁ~バカヤロー泊まり込み研修まで受けさせてやったんだから・・・」

「坊主って・・・」

「バリカンとカミソリ用意しておくから・・ツルツルのピカピカな!」

「じゃあ!もし受かったら?」

「お前は一発目だから、焼き肉喰い放題!お前は・・2度目だからなし!」

「えっ?ええ~」

「ボーナス査定で考えてやる!」

先日、メスを飲みこむ羽目になった“お騒がせ屋のHクン”は一発合格。

Mクンは二発目でございまして・・・・

「何で受かったんだ?おかしいだろ?お前等より馬鹿も居たのか?」

「みたいですねえ~けっけけ・・・」

「う~ん・・・」

「で?約束の焼き肉!」

「解っているよ!喰い放題の店に連れて行ってやる!死ぬ直前まで詰め込め!」

「高級焼き肉店ではないんですか?」

「手当てを一生いらなきゃ考えるけど・・・」

何故だか解りませんが、オストドが「落ちたら坊主!」と言うと、みんな受かるんです。

「何でかなぁ?」

「だって・・本当にやる気でしょ?」

「当たり前のコンコンチキ・・あっ!てめえら・・・勉強ちゃんとしたのか?」

「そりゃそうでしょ?落ちたら受験料も自腹ですから・・・」

まあ、腑には落ちませんけど、奢ってきま~す!






nice!(18)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのばかばかしい・・話。「な!に!ぬ!ね!の!」のに! [バカバカしい話]

“ニアミスにはご用心”

本日もオストドTHE悪~留度。”中年ポンポコ腹親父の拙いブログ”へご訪問賜わり、

誠にありがとうございます。<(_ _)>

今が朝なのか?果たして夜なのか?そもそも今日は何日なんだ?と思うくらい。

メストド1号に言わせると、「種まきのし過ぎか?大豊作よねえ~」とのたまっております。[ふらふら]

さて・・本日のお話は、“ニアミスにご用心”でございます。

同じニアミスでも飛行機だとか、そんなお話しはする気は毛頭ございません。

本日のお話しは、ニャンダフル・・じゃなかった。ワンダフルワールドを満喫していたハズが、

いつの間にか・・ドツボに嵌ってついでに・・地獄を見かけたバカのお話し。

「殺されるかと思いましたが・・・・」

「だよなぁ~まあ、現行犯逮捕じゃなかったのが救いだ!」

散々笑わせて頂いた後で、こう答えるのが精一杯でございました。

「しかし・・・お前ほどの馬鹿はは見た事がない!」

「そんなぁ~そこで相談しているんですけど?」

「松・竹・梅コースあるけど、どれがいい?」

こういう馬鹿には多少?のお仕置きを兼ねた教育が必要なわけです。

「ええとぉ~松で・・・」

「あっそう!相談料は最初の1時間が一万円でそれから10分ごとに・・・」

「た・・高いっす。」

「じゃあ!ステーキでいいか!極上のシャトーブリアン。250gで手を打ってやる!」

「ダ・・ダイエットしているんでは?」

「しょうがねえなぁ~昼飯でいいかめんどーだし。でも、手を抜くぞ!」

まあ、我が社の社員で大事な“使い走り”ですので、仕方がありません。

「まず、第一番に言わせてもらうと、テリトリーの問題だな!緻密な計算・・・・」

「緻密な計算?」

「要するにバレそうな所へ出没するな!って話・・・」

「なるほど!オストドさんはそうしているんですか?」

「過去も過去でいいなら・・・答えは“NO"と“YES”の中間くらい。」

「今は?」

「そんなヒマがあれば寝る!って何を言わせるんだ!馬鹿っ!」

「知ってますか?馬鹿に馬鹿って言うのは・・・」

「大馬鹿ヤローだって言いたいんだろ!じゃあ・・今日はここで終わり!」

「そんなぁ~」

「大体さぁ~普段行きつけのラブホの場所も問題だけど、そこへ別のを連れて行くとは・・」

「馬鹿って言いますか?」

「それで?出てくる時か?それとも入る時?」

「出てきた時ですねえ~偶然通りかかった彼女の友達に見つかって・・・」

「それで・・写メ撮られて、チクられたわけか・・・大・・」

「馬鹿っすか?」

「まあ、幸いだったのは、出てくる瞬間を撮られたわけじゃねえんだよな?」

「まあ・・そうっすけど・・」

「その辺のシティーホテルにすれば良かったのに・・・アホ!」

「そこまで頭が廻らなかったっす!」

「やだねえ~サカリのついた犬畜生は・・・」

「オストドさんも昔は・・・」

「否定はしねえけど、分別は少しはあったかな?」

「奥さんに聞いて見ていいっすか?」

「アホ!コンコンチキ!マヌケ!大馬鹿ヤロー!とりあえず、平和な家庭を巻きこむな!」

「オストドさんは唯一頭が上がらないのは、奥さんなんですね?」

「ウルセー馬鹿!今はお前の話だろ?」

「そうでした・・・怖いっすねえ~女って・・・」

「今頃気づくとは・・・まあ、入る時だったら、出てきた時に修羅場だったな・・・」

「修羅場で済みますかねえ~俺!本当に殺されそうだったんすよ!」

「なるほど!ラブホ前殺人事件!辺り一面。血の池地獄。三角関係のもつれか?」

「なんすかそれ?」

「あん?週刊誌の見出しにぴったりだろ?」

「大体!オストドさんですよ!」

「何が?」

「歳喰ってから女に狂うと碌な事がねえ!若いうちに狂っとけ!って言ったの・・」

「そんな事言ったか?」

「言いました!」

「そうか?少なくともお前にじゃなくて・・塾生連中に言ったかもしれないけど・・・」

「それを聞いていて実行したんですから・・・どうすればいいのか教えてください。」

「一回。地獄見て来い!グラグラに沸騰したお湯に浸けられて、まあ、一通り歩いてこい!」

「そんなあ~」

「まあ、それは冗談だけど・・お前どうするわけ?」

「どうするって他人事みたいに言わなくても・・・」

「他人事だし・・・まあ、その時は線香くらいと香典くらいは・・・」

「俺!殺されるの前提ですか?」

「うん。一回殺された方が良くない?生まれ変わって人生やり直せ!」

「ひどい・・・っす!」

「大体さぁ~お前。人生設計図を描いてないくせに100年早いんだよ!大馬鹿ヤロー」

「人生設計図?なんすかそれ?」

「頭痛くなってきた。帰って父ちゃんと母ちゃんに教えてもらえ!」

「ヒントだけでも・・・」

「いいか?お前もいつか結婚するよな?」

「どうっすかねえ~」

「それがいけないの!少子化なんだし・・」

「オストドさんのところも一人じゃ・・・」

「俺はいいの!置いておけって!俺の事は・・いいか・・・・」

この後、結婚生活とは?子育てとは?心構えとはとレクチャーをさせていただきました。

ついでに、墓場に収まるまで延々と話させられる羽目に・・・・

「アーユーオーライ?」

「解ったような・・解らないような・・・でどうすればいいんすか?俺?」

「メンドーだから、さっさとガキでも作って、結婚しちまえ!アホ!」

「給料上がります?」

「上がるに決まっているだろうが!住宅手当に家族手当に扶養手当に・・・文句あっか?」

「ありません!そんなに貰えるんすか・・いいなぁ~」

「馬鹿っ!それ以上に金は掛るんだよ!社宅用意してやるか?そうすると楽だぞ?」

「その時はひとつ・・・」

「空きがあるうちにしろよ!一回入ると出て行かねえからなぁ~埋まってしまうと地獄!」

「どんな風にですか?」

我が社は住宅手当が12500円/月。社宅費は15000円。差し引き2500円で、2DK~3DKに

入居できるわけで、勿論のこと。管理費も礼金敷金。更新料も不要。

ついでに言わせていただけると、定年後も再雇用中も入居出来るシステム

但し、埋まってしまえば“終わり”の世界が待っているわけで・・・・

そのシステムと子供に係る教育費等の話もレクチャーさせていただきました。

「いいか!まず友達との飲み会は3回に1回くらいしかいけなくなる。」

「ですよねえ~」

小遣いだってラクじゃない。おまけに言えば、不本意か本意かは別として、・・・」

「今でもそうっすけど・・懐具合考えてくれねえかな?」

「そりゃあ~無理だわ!まあ、ガキが生まれると敵さんも考えるけどな・・・」

「実感籠ってません?」

「ウルセー馬鹿!ウチはどうでもいいの!一般論!」

「そう言う事にしておきましょうか?」

「それより・・どうするんだよ!」

「どうしましょうかねえ~」

「どうしましょうかねえ~って他人事みたいだな?」

「今が良ければそれでいいかなとも思いますけど・・・」

「あっそ!じゃあ一言だけ言っておく!ニアミスには気を付けろ!」

「アイアイサーキャプテン!」

「馬鹿っ!」

最近、年齢を重ねてきたせいでしょうか?口癖はつい「近頃の若い奴はって・・・」と出る始末。

確かに昔言われた事があります。「新人類め!」と。

それが今では「この超新人類!」って言うことが多くなってきました。

でも、考えてみれば、自分の若いころよりは、“大分・・マシ”なんでしょうねえ~[ふらふら]



それでは・・皆様!次回は、な!に!ぬ!ね!の!のぬ!でございます。
nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
バカバカしい話 ブログトップ