So-net無料ブログ作成

悪魔との契約 -何が少年を変えたのか?- [小説]

― プロローグ -

国鉄、今のJRのホームの端。一人の少年がベンチに腰かけ、ただ何をするわけでもなく、入線しては出てゆく。
そんな電車を眺めていた。その彼をじっと物陰に隠れながら見つめる。一人の男性がいた。
彼の職業は、某私立の小学校の教師であり、ベンチにただ座っている少年を見つめ続けていた。
少年を担当する様になって、3年目。因みにこの男性教師が、大学を卒業して着任した際、一番最初に遇い、一番最初に話をした生徒だった。
少年の学校は1年から6年まで各学年1クラスだったのだが、少年が3年生になると、入校希望者が増え続け、
2クラス制になった。教師である彼は駅に向かう少年の帰りがけの挨拶に微妙なものを感じていたのだ。
いつもの少年なら、他の生徒と同じ様に「先生。さようなら!また明日ね!」と言って帰ってゆくのだが、この日の少年は明らかに違っていたのだ。「先生!さようなら」そう言い、深々と頭を下げて、校門から出て行った。
「寄り道しないで帰るんだぞ!宿題忘れるなよ!」
そう言いながらも、男性教師の胸の中には、モヤモヤが消えなかった。「おかしい!何かある・・いや、かもしれないが・・・・」何本ものバスをバス停に佇む少年は見送っていた。
「やはり・・おかしい。」男性教師はそう確信すると,同僚でもある別の教師に車を出してもらい、駅に先廻りした。
勿論、少年の行動を見張る様に同じく校門に居た別の教師に依頼してからだった。
少年は学校を出て、眼の前の信号を渡り、駅へ行くバスに乗り、国鉄に乗り換え3駅先で降り、徒歩で15分ほどで帰るのだ。男性教師は同僚の運転する車に乗り込み、生徒たちが“閻魔帳”と恐れる黒い大版の手帳を開いてため息をひとつ吐きだした。
「どうしました?」
「いや・・・ちょっと・・・」
そう言いながらも、1年生を担当した老いた女性教諭からの申し送り文章から、丹念に読みだした。
「1年の時はやんちゃ坊主だったんだよな・・・落ち着きがないけど、正義感は人一倍か・・・・」
「何があったんですかねえ~」
「多分、変わったとすれば・・・」
ここで男性教師は言葉を途絶えさせた。自分があいつと同じ立場だったらどうだったんだろう。そう考え始めていた。男性教師は、ふと窓を流れゆく景色を眺めながら、遠い記憶を引っ張り出していた。
四国・徳島に生まれ、裕福とは言えないけど、それなりの広々とした家に育ち、吉野川を毎日眺め、遊んだ日々。大学を卒業して上京して、憧れだった小学校の教師になったのだ。
「どうかなさいました?」
「いいえ・・そうだ!先輩としてお伺いしますけど・・・多感期の子供って扱い難しいですよね?」
「そうですなぁ~確かに難しいですね!例の生徒ですか?」
「ええ。最近変なんですよ。わざと友達を避ける様になってきたり、意味もなく喧嘩を仕掛けたり・・・」
「前からもそんな兆候がありましたか?」
「そうですねえ~黒板消しを仕掛けたりされましたけどね。明るくていい子だったんです。ちょっといたずら好きで、それがここ数か月。変だったんで・・・・まさかとは思いたいんですけど・・・」
「まさかって・・・」
「ええ!多分そのまさかです。つい先日でした。他の親御さんたちが話しているのを聞きまして・・・」
「どんな?」
「片親の子と一緒の班にしないでくれとか・・・遊ばせないでくれとか・・・」
同僚である男性教師は信号待ちの間。真剣に悩んでいた。
「それっておかしいですよね!」
「でしょう。あの子だって好きで片親になったわけじゃないんです。大人の都合ですよ・・・」
駅のローターリーへ入る直前で車は停まった。
「ありがとうございました。この件は内密に・・・」
「解ってます。どか見守ってやってくださいね!」
「ええ・・・」
男性教師は同僚である先生にお礼を述べると、車から降りた。
「長い日になりそうだな・・・・」とポツンと呟いた。
しばらくすると、少年を乗せたバスが終点である駅の構内に滑り込むかの様に入ってきた。
少年が乗るいや・・生徒たちが乗るバスは、整理券を取り、降りる際にバスの運転手にお金を払うか、定期券を見せるか、回数券で料金を払うシステムになっている。
「そういえば・・あの子がバスから落ちて問題になったんだったよな!」
少年が2年生の時だった。その当時学校行きのバスがあったのだ。あまりに利用者である生徒が大多数のため、一般客と生徒を分けるためにバスを専用で運行していたのだ。少年の通う学校は、女子校の付属だったため、男子の生徒は幼稚園を含めても、小学校と合わせて、300名足らず。その何十倍もの女子生徒たちに混ざって通学していたのだ。
「まあ、あれは不運と言うべきか、起こるべくして起こったとしか言えないけど・・・」
少年はバスの後ろ扉近くに乗っており、廻りの隙間と言えば、背負っているランドセルの分だけ。
廻りをセーラー服の女子小学生や制服姿の女子中学生に高校生にサンドイッチにされて、駅から学校へ運ばれてくるのだ。その際、運が悪く降車する際に、押されて後ろ向きに頭からバスから落ちたのだ。
少年に落ち度はない。本来ならすぐに救急車を手配して、病院へ運ぶべきだったのだが、歩道に横たわらせていたのを、彼を知っている上級生が学校の保健室まで背負ってきたのだ。
保健室のベッドに横たわらせている間、薄い敷居の向こう側では、醜い大人の争いが演じられていたのだ。
「責任は学校側にある」
「いや、バス会社だ・・・」
そんな争いが延々と行われている中、保健室と用務員を兼ねている学校の敷地内に住みこみで働いている用務員のおばさんが怒鳴りつけたのだ。
「この子を先に病院に運ぶのが先でしょう!」
「そうだった・・あの時は俺・・・ただ。うろたえていただけっだったもんな!今度は守ってやらないと・・・」
救急車を呼ぶかどうかでバス会社と学校側がまた揉めた。それを聞いていたのだろう。少年は、救急車は嫌だと言ったのだ。きっと少年はバス会社や学校側に迷惑を掛けたくないと思ったのだろう。子供のくせにそう言う点は大人たち以上に考えている少年だった。
まあ、結局、嫌気のさした少年の父親が入院費等を支払ったが、あれはバス会社や学校側が払うべきものだった。少年は、バス会社の車で小さな個人経営の病院へ運ばれて行った。学校側からは“公傷扱い”とされ、彼は休み扱いにはならなかった。バス会社と学校側の溝は深まり、学校行きのバスは学校内の旋回を拒絶され、廃止に追い込まれたのだ。
男性教師はいつでも声を掛けられる様、彼が自宅へ戻るまで、見送るつもりだった。
その頃、少年は空いているにも関わらず、バスの椅子に腰かけないで駅までやって来ていた。
学校では、身体の不自由な方や病気の方がいるかもしれない。元気な子供たちは椅子に腰かけない様に教育していたのを忠実に少年は守っていた。
「ありがとうございました。」
少年は、バスを降りる際にランドセルからぶら下げた定期券を見せ、整理券をバスの料金箱に入れていた。
学校では、降りる際にちゃんと挨拶する様に指導しているわけだから、それ通り忠実に行っているわけだ。
バスを降りた際、もう一度深々とお辞儀をしながら、・・・

「ありがとうございました!」
もう一度運転手に挨拶をした。運転手もそれに答えて何かを言っているらしいが、ここからでは聞き取れない。軽くクラクションを鳴らすとバスは次のお客を乗せるべく、バス停へ走っていった。
「俺の思い過ごしだったか?・・・あれ?あいつ・・何してんだ?」
その頃、少年は自分が降り立った駅前のロータリーをグルリと見渡していた。まるで、目に焼き付けるkの様に見ていた、
「声かけるべきか・・・な?」
少年に声を掛けようとした瞬間、少年の足取りは重く、駅ビルの中へ消えて行った。
「あいつ・・・寄り道するな!と言ったのに・・・まあ・・・文房具屋か本屋でも行ったかな?」
男性教師の予想は的中したと言えば敵中していた。少年はレポート用紙を一冊買っていたのだ。
「そうか・・宿題出したんだっけ・・理科のレポート。あいつどんなこと書いてくるかな?楽しみだ・・・」
理科室の責任者を任されている男性教師。理科の実験では、他の先生方の代わりに他の学年も教えるほどだ。
「しかし・・あいつほどバラエティーに富んだのも珍しいな・・・」
図工の先生によれば、水彩絵の具を使い、油絵調に仕上げる山の絵は、素晴らしいと言っている。
社会だって・・他の生徒が覚えるのを苦労している部分だって、興味を持っているのかすらすら覚えてしまう。
まるで、真綿が水を吸収するみたいにだ。普通の小学生が使う様な地図帳じゃなくて、何でもお年玉で買ったとか言う地図帳を持ってきている。統計とかの資料だって大人でも理解が難しいのに、こっちが勘弁してもらいたいくらい突っ込んだ質問をしてくる。算数だって難しい問題を出しても、常に満点近い数字を叩きだしている。
理科だって助手を務めさせたいほど、薬品はおろか備品に至るまで、おろそかには扱わない。
「まあ・・だから、あいつには、理科準備室の掃除を安心して任せられるのだが・・・」
そう呟きながら、更に重くなった足取りで改札口で挨拶をしながら、ホームへ上がって行く少年に気付かれぬ様にそっと後ろを付いて登って行った。
少年は、ベンチに腰掛けると、買ってきたレポート用紙を広げ、ランドセルから筆箱を取り出し、中の鉛筆をとりだすと、何やら考えこみながら、レポート用紙に文字を刻みこんでいたのだ。

「あいつ・・もう宿題やり始めたのか?」
男性教師は知るすべがなかった。少年が刻んだ文字がたった5文字を大きくレポート用紙に書き、自分の名前をその横に書いていたのだ。

サ・ヨ・ウ・ナ・ラ

第一章 お情けを受けているくせにと言われた子供へ続く。
nice!(33)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

悪魔との契約 -何が少年を変えたのか?- 第一章 ① [小説]

第一章 お情けを受けているくせにと言われた子供

- 電車に飛び込む寸前で・・・-

「あいつ!何やってんだ?ラッキー電車を待っているのか?それとも・・・」

少年はベンチにランドセルとお弁当箱を入れた専用のカバンを置いたまま、入ってくる電車を眺めていた。
男性教師は、売店の片隅に身を潜め、少年の動向を凝視しつづけた。

「あいつ・・・まさか!いや!・・そんなことはない。あいつに限って・・・」

男子教師は、襲いかかってくる不安を一生懸命に頭から振り払おうとしていた。
でも、それらを消し去ろうとすればするほど、考えたくない光景が浮かんでは消え、また浮かんでくる。

「あいつだって・・何度も目撃しているし、そうだ・・あのときだって・・・」

男性教師である阿部は思い出していた。少年の案内で少年の出身幼稚園に、生徒募集のご案内に行ったときだった。

「先生!誰かスイカ落としたのかな?」

少年は担任である男性教師・阿部と一緒に居たホームから、ある一点を指さしていた。
おかしなことを言う奴だなとも思ったが、視力が悪い阿部には、生徒である少年が指さす所には、何かあるのは解ったのだが、それが何か知る由もなかった。

「何を・・今の時期にスイカなんてあるわけ・・・」

少年の指さす所。そして聴こえて来たアナウンスで、阿部はそれが一体何なのか、想像することが出来た。

「クプ!見るんじゃない!」

少年は“クプ”とみんなから呼ばれていたのだ。担任である。阿部にしろ、親しみを込めてクプ!と呼んでいる。
阿部は咄嗟に生徒の目を自らの両手で覆い隠した。線路上では一生懸命。駅員等が総出で“何か”を拾い集めている。そうその何かと言えば、電車に飛び込んで轢死し飛び散った人肉の一部だったのだ。
多分、少年はそれをスイカに例えている。まあ、確かにスイカ割りでもした後の飛び散ったスイカの様にも見える。
阿部はこの時のことを思い出したのだ。少年だけではない。自分の勤める学校の伝統と言ってはおかしいけれど、歴代にも渡って、いたずら小僧がいる。彼等は電車の車掌さんが押す、発車のチャイム音を鳴らしてみたくて仕方がないのだ。まあ、毎年の様に学校側に鉄道会社から、苦情が舞い込むことになっている。
まあ、男性教師である阿部にしたって、多分、彼等ぐらいの年齢で毎日電車通学してきていれば、悪戯で押してしまうのも、解らないわけではない。いい事も悪い事も、子供たちは大人の行動を真似したがるのだ。

「クプ!電車が動くまでもうちょっと掛るみたいだから、ジュースでも飲みに行こう!」
「うん。先生いいの?買い食いはいけないんだよ?」
「そうだけどね・・・先生!喉渇いちゃったんだ。先生が一緒だからいいんだよ!」

阿部は考えた。このタイミングで“この前叱った事をもう一度教えておこう”。今ならきっと解ってくれる。

「クプ!電車が動くまで駅前の先生がいつも立ち寄る喫茶店に行こうか?」
「いけないんだ!先生!寄り道はいけないんでしょ?」
「大人はいいんだ!アイス美味しいぞぉ~」
「ホント?」
「ああ!クプはアイスの載ったソーダ水好きかな?」
「うん。大好き!」
「じゃあ!先生と一緒だ!先生も大好きなんだよ」

男性教師でクプの担任である。阿部はクプを連れて、駅前の喫茶店に入ってゆく。キョロキョロあたりを見回すクプに阿部は小さな声で聴いた。

「クプ!どうしたんだい?」
「ここ・・・来たことある!」
「本当かい?」
「うん。授業参観の帰りにね。長谷川クンと一緒に・・帰りにお揃いの“星日記”を買ってもらたんだよ!先生!」
「星日記?ああ・・クプ!学校に持ってきたやつだったね。」
「うん。先生に見せたでしょう・・あれがそう!」
「そうか・・クプ!ここに座ろう!すいませ~ん!」

阿部はクリームソーダーを二つ頼むと、クプを座らせた。他愛もない会話をしているうちにクリームソーダが二つ運ばれてきた。

「クプ!食べながらでいいから聴きなさい!」
「はい!先生!でも・・クリームソーダって食べるのかな?飲むのかな?」
「そうだね・・先生も解らないや・・・それより、これから大事な事をお話しするからね!クプ!2年生の時の悪戯で先生に怒られたのを覚えているかな?」
「ええとぉ~一杯あったから・・・黒板消し?」
「ちがうよ・・・ヒントは駅かな?」
「ええと・・・階段でグリコのオマケをしないだったかな・・・」
「おしい!ホームでは?」
「走り廻らない!」
「それから?」
「ええとぉ~車掌さんの押すベルを押さないかな・・・」
「そう!何故先生は怒ったっけ?モモキック喰らったよね?」

阿部はクプが2年生になった時に叱ったことのある。発車のチャイムを押した事をクプに思い出させた。

「あっ!そうだった。目の見えない人が勘違いして電車に轢かれたらって・・怒られたんだった。」
「そう・・何故怒ったのかか?これからちゃんと説明するからね!先生ちゃんと理由を話してなかったしね!」
「うん・・・」

阿部は少年である生徒クプに、解りやすく教えるにはどうしたらいいのか?考えながら静かに話だした。
クプの通う学校の校長先生は、小学校だけの校長先生ではない。主事先生と言う。まあ、普通の学校ならさしずめ、教頭先生と呼ばれる先生が、実質の校長先生だった。
その主事先生はクプの好きな先生であり、いつも職員室で怒られているクプを、助けてくれる先生なのだ。
クプの学校でもあり、阿部の通う学校では、週に3回。1年生から6年生まで、全員雨の日以外、校庭に集合して、雨の日は小学校の生徒のためにある。体育館兼講堂で、朝礼を行うことになっている。

「クプは主事先生好きだろ?」
「うん。」
「主事先生の息子さんね。電車に轢かれてそれが元で亡くなったんだよ!知ってたかな?」
「うん。主事先生。涙こぼして朝礼でお話ししてたから、電車には気を付けることって・・・」
「そうだね。主事先生はみんなに気を付けて欲しいんだ!だから・・クプ!が押した時、主事先生にも怒られたよね?」
「うん。あのとき・・主事先生怖かった・・・」
「そうだね。もしクプはもうしないだろうけど、あの時クプが押した時、目の悪い人がいたら、死んじゃったかもしれないんだ。だから、先生も怒ったし、主事先生は悲しそうな顔をして、怒ったんだよ。解ったかな?」
「はい。先生。もうしません!」
「それとね・・・クプ!」
「はい・・・」
「さっき見たのは忘れた方がいいけど・・・あれは、電車に轢かれた人の肉なんだ。」
「そうなの?先生?」
「うん。クプ。スイカって言ったけど、駅員さんたちが袋を持って歩いていたよね?」
「うん。一杯歩いてた。」
「いいかい!クプ。電車で人が轢かれると、多くの人が迷惑するんだ。それっていい事かな?悪い事?」
「悪い事!」
「そう!正解だ!じゃあ!クプ食べちゃっって行こうか?幼稚園の先生待ってるよ!」
「うん。順子先生元気かな?」
「うん。クプと一緒に行きますって言っておいたよ!楽しみに待ってるって!」
「やったぁ~」

売店の影に隠れながら、阿部はあのときのクプの笑顔を思い出した。その時、クプと呼ばれていた少年は、
ランドセルとお弁当箱を入れた鞄。その上に被っていた制帽を脱ぐと、ランドセルの上に置き、制服の袖口で涙を拭っていた。そして、電車が入ってくるアナウンスを聞くと、静かに立ち上がり、ホームの端に静かに歩いて行った。

「あ・・あのばかやろう!クプ早まるんじゃない!」

阿部はホームの白線の外へ出ようとしている。クプを追い掛けた。

「止めなくちゃ!あいつの人生はまだまだ先はあるんだ!俺が守らんでどうする。」

少年であるクプが正に電車めがけて飛び込もうとした。その瞬間。全力で走り寸前で渾身の力を込めて、クプを抱きかかえた阿部。

「クプ!危ないところだったんだぞ!いつも言っているだろう。」
「先生?なんで・・・・」

少年クプは不思議そうな顔をしていた。その目からはどうして止めたのか?と言わんばかりの抗議の目と、一杯泣いたのだろう。真っ赤な目をしていた。

「クプ!大丈夫か?」
「だから、先生がなんでここに?」
「うん!お前に頼みがあってな・・・言うの忘れてたから、一生懸命追いかけてきたんだ。」
「頼み?明日・・・」
「いや・・・お父さんには電話しておいた。クプじゃなきゃ出来ないんだ。やってくれるね?」
「何を・・・・」
「そうだったね。先生。頼み事をする前にやってくれって・・おかしいね。」
「うん。」
「クプ!またアイスクリームの載ったソーダー水飲もうか?」
「でも・・」
「いいから!帰りは先生が送ってゆく。お父さんは先生の頼み聴きなさいってさ!」

男性教師・阿部はほっとしたのと同時に、何でこの子が苦しむ必要があるんだ!という怒りをお必死に押さえこんでいた。

「クプ!今日は・・アイス2個載せにしようか?」

阿部はしっかりと繋いだ少年クプの手を離そうとしなかった。少年クプのランドセルや弁当箱を入れたカバンを自分の肩に掛け、クプの制帽をクプの頭に被せると、深くクプの目の赤いのが廻りに気付かれない様にした。

「じゃあ・・いくよ!」
「先生!ランドセル・・・」
「いいよ!クプにお願いするんだから、先生が持って行くよ・・」
「先生!変だよ?」
「そうかな?」
「顔・・・先生泣いてるの?」
「そうかな・・うれし泣きだな!クプに追い付けたからかな?」

阿部は涙をクプと同じ様に繋いでいる反対側の手で拭うと、クプを引っ張る様に改札口に向かって歩いてゆく。
必死に阿部は考えた。

「この子は死のうとしたんじゃない。ただ電車が気になっていただけだ!この子はこんなことで死んでいいわけがない。大人の都合。理不尽な大人の何気ない一言。それだけで、死んでいい命なんかひとつもない。」

改札口を出た二人は、以前、一緒に入った喫茶店に入って行った。何故なら阿部は考えたのだ。
学校へ連れてゆけば、クプをまた追いこんでしまうことになるかもしれない。そうなれば、クプはまた同じ・・いや、それ以上に別な方法で命を自ら絶とうとするかもしれない。それより、この子に何か特別なことをしてやろう。
他の生徒たちには申し訳が無い。きっと怒鳴りこんでくる親も居るだろう。でも、悪いのはその親たちだ。いや、大人たち全員の責任であって、決してこの子の責任ではない。いずれ、いつの日になるか?クプだって解るはずだ。おっちょこちょいのお節介の先生がいたな!それでいいじゃないか!そうだ!クプと仲がいいのは?そうだソノシンだ。転校してきたソノシンを学校の中を案内したり、一緒に遊んだりしている。クプとソノシンの二人をセットにして・・・

「クプ!」
「うん?」
「ソノシンとは仲が良かったよね!」
「まあね。ソノシンの家だけは、遊びに行っても嫌な事言われないから・・・」

やっぱりそうだったのかと阿部は確信を得た。やはり、tの生徒の母親たちが、クプと遊んじゃいけないとか一緒の班にならない様にと言っているのだ。

「なあ!クプ!ソノシンと一緒に先生の助手やらないか?」
「先生の助手?」
「そう!先生忙しいだろ?」
「まあね。いつもはしりまわっているもんね。僕たちには走るなと言っているくせに・・・」
「そうだったね。そこでソノシンと一緒に先生の助手をしてくれるかな?」
「何するの?」
「そうだな・・・ガリ版を刷ったり、みんなにプリントを配ったり、連絡とかお手伝い・・・」
「いいよ・・・でも二人で足りるかな・・・・」
「後はだれがいい?」
「イッシーかな・・・」
「イッシー?五十嵐君かな?」
「そう。イッシーの家でも嫌な事言うけどね。イッシーは、味方してくれるもん!」
「解った!じゃあ・・3人で先生のお手伝い。解ったかな?」
「うん。考えてみる。」
「考えなくてもやるの!先生が決めたんだから・・・」
「うわぁ~でた。大魔神」
「えっ?」
「先生のあだ名!知らなかったでしょ?」
「知らなかった!そうか・・・大魔神ね。悪くないな・・・」
「先生・・・」
「ん?」
「アイスは?」
「そうだった・・・じゃあ・・食べながら話そう!」
「うん。」

阿部はクリームソーダそれも2個載せたアイスを食べはじめた少年クプを、眺めていた。

「これで・・この子が立ち直れるなら・・・」 

そう阿部は自分の胸にそう刻みこんでいた。「必ず・・守ってやる!理不尽な大人に負けるな!」そう思いながら


第一章 ② ピエロに続く・・・・





nice!(36)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校