So-net無料ブログ作成
僕と゛う”と゛な”のお話 ブログトップ

僕と“う”と“な”の物語 -第一章 第九話 ー [僕と゛う”と゛な”のお話]

「色々ありがとうな!」 ぽつんと僕が呟く。

呟く相手は、仲良くかどうかは別にして、ソファーに陣取り、お気に入りの肉まんを、

細い眼が見えなくなるくらい、細めて食べている。“う”と“な”と“い”の三頭だ。

「何がなり?」姉さん格の“う”が聞き返す。

「いやぁ~お前らがいなければな・・・・」

「居ない方が、いいなりか?」

「いや違う!居て貰わなければ困る・・・かな・・・ほんの・・・ちょっと・・・」

「ほんの・・ちょっと・・・なりか?」

「いや・・大分・・・だな。お前らが居なければ・・どうなっていたか・・・」

「幸運の女神なりね・・・」

「はああ?」

もし、“見える人”がいれば、面白い光景を目にする。いや、どうだろう。

この世の中では、科学で解明できないことは、全て信じられない。

強いて言えば。超ド級超常現象を目にしていると言われるのだろうか?

僕が仏壇に向かい。念仏を唱えていると、神妙な顔をして、一緒に念仏を唱えているし、

僕が墓参りに出かければ、手伝っているつもりだろうが、墓掃除をしている。

この前は、ホカ弁を買いに行った時など、「尻尾ふみやがった・・・あいつ」と言いながら、

店内ではしゃぐお子ちゃまにケリを入れている。

まあ、だから“見える人”が見れば、一緒に温泉にも浸かり、コンビニで買い物までしている。

拗ねれば、天気は悪くなり、時には僕は土砂降りの雨に打たれることにもなる。

「まあ・・その・・なんだ・・・ありがとうな!」

「だから・・なんなり?」

「いやさあ~つくづく思うけどね・・・・妖怪じゃなかった・・お前らと出会えてよかった!」

「変なりね・・・病気なりか?」

「違うよ・・・多分。」

「そうなりか?」

「ああ・・・ただ・・ちょっとだけ・・・な。」

僕は多くを語らなかった。父であるお父様が亡くなり、本当は目の上のたんこぶが取れた・・はず。

周りには、どんちゃん騒ぎするか?笑い転げているかも・・とのたまっていたのだ。

それが、ドカンとまるで爆弾が爆発してしまった様なのだから、人生不思議なものだ。

いずれ、僕もあの世とやらに旅立たねばいけない時が来る。

その時、こいつらはどうするんだろう?いや、どうなるのか?

いや、今は聞くまい。まあ、僕がその辺をウロウロしない様に、あの世の入口くらいまでは、

送ってくれるに違いない。

「まあ!そのなんだ・・・お前らが居れば、鬼に金棒かな・・・」

「何なり?」

「いやさ・・お前ら、親父送ってきてくれたんだろ?」

「送ったなりよ・・・途中までなりが・・・・」

「そうか・・・おやじ・・苦しそうだったか?」

「笑ってたなりよ!お姉さんとか迎えにきてたなりよ・・・・」

「そうか!それは良かった!」

姉さん。つまり、おばさん。父を可愛がってくれた姉さんは、父の死の丁度一週間前に、あの世へ

旅立っていったのだ。

「今頃・・あの世でどんちゃん騒ぎかな?」

「そうなりねえ~主・・・毎日、お酒お供えしているし・・・・」

「好きだったからなぁ~日本酒にウイスキー、甘酒まで供えておけば・・・あはは」

「お花・・・きれいなりね。あれ・・サクラなりか?」

「ああ・・ミニサクラ。親父は口癖の様に言ってたくらい好きな花だしな・・・さくら・・・」

「さくら・・・なりか・・・」

「ああ・・・よく酔っ払うと歌ってたぞ・・・軍歌だけどな・・・」

「そうなりか・・・」

「ああ・・そうか・・・“う”もあまり知らないしな!」

「何度か・・・見ただけなりよ!」

「昔の親父は半端なかった。」

そう・・僕は、離乳食を終えると、もうビールの泡を舐めていた。3歳でキャバレーに連れて行かれ、

中学を卒業するころには、アルコール中毒の初期段階。二十歳で、アルコール性胃潰瘍とくれば、

これは立派に親父の教え?どおりだ。

「最近・・飲まないなりね?」

「飲まない・・・いや、身体が拒否反応を起こしだしてな!・・・トシかな?」

「ただ・・・飲み過ぎて、一生分飲んだだけなりと思うなりが・・・」

「まあ・・・そのなんだ。健康的になってきたと・・・」

「タバコは止めれないなりが・・・・」

「大きなお世話!これだけは・・・最後まで親父の言う事聞かなかったな・・・」

「そうなりね・・・・」

「うん!だって・・・親父の火葬しているときも、吸ってたしな!」

「やれやれ・・・なり・・・」

「まあ・・そろそろ・・・一生懸命やらないとな・・・何事も・・・・」

そう言いながらも僕は、「次・・いつ・・墓参りに行こうかな?」と考え出したのだ。

また、・・・ここにいる三ボコもついて来るのだが・・・・

僕と“う”と“な”の物語 -第ニ章 第一話 ー に多分・・続く
僕と゛う”と゛な”のお話 ブログトップ