So-net無料ブログ作成
ちょっとだけためになる?話 ブログトップ

不動産屋オストドのひとりごと。「物件・・・・・」 [ちょっとだけためになる?話]

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日も中年じゃなかった・・初老の域に達している。

ポンポコお腹を「ポンポン!」と腹ヅツミを打っている。

そんなおっさんの拙いブログへようこそ!

ご訪問賜っている皆様のご健勝とご多幸と諸願成就を御祈願させていただきまして・・・

本日のお話。スタートでございます。

さて、「そろそろ大人しく・・・・」なんて雑音が聞こえて参りますが・・・・

「死ぬ前日まで・・・いや、くたばる寸前まで、“現役(社長業です。念のため(-_-;) )」

そんな宣言もしちゃいました。

まあ、とある金融機関さんで”融資のお話”なんぞしているときでさえ・・・・

「償却終わる前にコッチ(オストド)が、焼却されているかも・・・」とくだらないオヤジギャグを

飛ばしておりますけど・・・・そこは大人の対応をしてくださる銀行マン!

このたび・・・某県(地すべりも津波の心配もないと重要事項説明で聞きましたが・・・)

某市(オストドの”隠れ家”兼“事務所”から、車でぶっ飛んで一時間あまり。

そこに広~い土地(ワンブロックです。(-_-;))に建つ、築ウン年のコンクリ製(RCです!)

そんな物件を買うことにいたしました。

お値段は・・・それなり!まあまあ・・・・・の価格で、「お買い上げぇ~」。

でも、オストドのお財布やら、銀行口座にはそんなお金は存在していないので・・・・

「マネーマネー」と金融機関様に泣きつき(これを融資依頼と言えるのか・・・・(-_-;) )

まあ、希望額にはちょっと足りないけど、一応、オーバーローンでお話しが進行中。

この物件。実は、サラリーマンの兼業大家?さんが、一番手だったのですけど、

横から横取りではなく・・・・・

「沈没!」(融資がひっぱれなかったんですね。どうしてなのか?謎・・・・)

サラリーマン兼業大家さんの場合とオストドみたいな専業はどう違うのか?

そこで、コレを読んでいただいている「これから、不動産投資家になろう」としている

楽に稼ぎたい?そんな皆様へのアドバイスをひとつ。

ノウハウ本や講習・セミナーの類では、教えない。いや・・・教えてはいけない不文律。

「損する奴がいるから、得をする!」

これが、不動産投資の掟。

因みに、オストドが今回買い付けた地べた(土地ですね・・・)は、固定資産評価額をはるかに

そう・・・はるかに下回る金額。

それは何故か?

それは・・・・“減価償却費”と言われるもの。

普通のご自宅(持家・分譲マンション)には、関係のない。

つまり、土地は消えてなくならない。(土地には、消費税だけは係りません!)

でも、入居者にお貸しする建物・設備は年々古くなる。(価値の低下)

でも、これをそのまま大家に被せると、暴動が起きる。

そんな可能性も否定できないのでございます。

そこで・・・・法定(法廷ではありません・・・)耐用年数という。お国が定めた年数で、

減価償却してもいいですよ!と言うのでございます。

この法廷じゃなかった。法定耐用年数は、構造ごとに変わります。

木造なら、22年。重量鉄骨なら34年。RC(てっこん・・・鉄筋コンクリート)なら、47年。

次に、新築で建てたのか?中古?にも違いがあって、新築なら定率。(残存価格x定率)。

中古なら、(法定耐用残数+経過期間x20%)の期間。(償却期間)で、建物の購入価格を

割った定額で、償却していきます。設備もキッチンなら何年とありますが、20万円(今は30万)

なら、一括償却。(間違えてはいけないのが、一個あたりです。)

ここまで書くと、丸もうけ!と思われますが、儲かる様で儲からないのが、この業界。

税金だけでも、固定資産登録免許税(登記)と固定資産取得税。更に、固定資産税。

忘れてはいけないのが、売買契約書等に貼る印紙もそうですし、莫大な消費税も取られます。

おまけに、事業ですので、事業諸税も取られます。

特に、固定資産取得税に事業税。おまけに、消費税を預かっていると、その納税義務。

これが、忘れた頃に請求がやってきます。

確かに、口座にはそれなりのお金が送金されてくるので、「いいよ!いいよ!そのときで・・・・」

これは、危険なサインなのでございます。

納税期限までに払わないと延滞税とか、悪質に経理処理すると加算税とか・・・・

大体、負け組と呼ばれる撤退者所有物件は、差し押さえられ、よくて任意売却。

悪くすると、競売(けいばいと呼びます)。こんな時にはジタバタすると安値しかつかない競売。

オストドの会社が保有している物件は、ひとつが競売物件だったモノを譲ってもらいましたし、

今回のも任意売却物件でしたので、思い切り!買い叩かせていただきました。

でも、それには・・・とある理由が・・・・・

オストドの会社は、それらからの利益から、国境なき医師団への寄付をさせていただき、

今度の物件では、WWFやI am a girl。チャイルドスポンサーなどへも、継続支援実施へ。

まあ、本音を言えば、「くだらない役人や政治家の給料になるくらいなら・・・・」

何しろ、寄付金は立派な経費扱いになります。

口の悪い悪友たちに言わせると、偽善行為と言う声も聞こえてきますが、

「何もしないよりはマシ!」そう答えさせていただいております。

オストドが関係者の皆様に懇願うあら、泣き落とし。ついでにちょっぴり脅迫して、

捻り出したお金でも、明日を担う子供たちや救いを求めている人々。そして、地球環境のため。

これこそが・・・オストドが、神様から与えられた”宿題”なのかもしれませんね。

それでは、皆様!オストドがどれだけの物件。つまり、一物件につき一人の見ず知らずの子供が

当たり前の様に食事を食べ、学校へ行ける。

これからも、どんどん!焼却される(死んだら、火葬とは聞こえがいい焼却処分)その日まで

とことん行かせていただきますので、よろしくお願い申し上げるとともに、

今後とも、皆様のお越しをお待ち申し上げております。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドの旅の後始末「エジプト・カイロのターミナル移動乗り継ぎ」 [ちょっとだけためになる?話]

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日もポンポコお腹親父の拙いブログへようこそ!

ご訪問賜っている皆様のご健勝とご多幸と諸願成就を御祈願いたしまして、

本日もスタートなのでございます。

さて、オストド。関東地方で地震があった昨日のその頃。

北京近くを飛んでいる某5つ星エアーラインのビジネスクラスに収まり、

睡眠と食事どちらにしようか?悩んだ末、食欲には勝てず、空のレストランで

フルーツから始まり軽食をモグモグと食べ、また眠りに落ちていました。

それもそのはず・・・エジプト・カイロでは、「果たして飛行機で脱出できるのか?」の

チキンレース?をしてきたのでございます。

「何とかなる・・・・でしょ・・・たぶん・・・・いや・・・希望的な・・・・アレ!」と訳の分からない事を

ほざきながら、寝不足の身体を引きずり、たどり着いた場所。

マルタ→イスタンブールへ飛び、地下鉄に乗り換えわずか一駅。

くそったれホテルにチェックインして、部屋でタバコを2本吸い、また地下鉄と路面電車で

たどり着いたのは、グランドバザール。その中を彷徨い、土産を物色し、

くそ高いデーツの値段にビックリして、それならば!と向かったのは、エジプシャンバザール。

そこで適正な価格で上質のデーツを入手し、くそったれホテルへ戻り、わずか4時間ほどの仮眠。

ケチったオストドが悪いのか?でも、ラウンジは★Gだし、タバコも吸える場所を鼻で嗅ぎ分け、

末期になるかもしれないタバコを吸い。早朝のTK便でカイロにたどり着き、うっそ~と思いながらも

ボーディングブリッジを駆け抜け、たどり着いたのは、エジプト航空のトランスファーカウンター。

何故なら、ターミナル3にはそこしかなかったから・・・なのだが・・・・

ここからが、本題。

世界でも10本の指に入るであろうパスポートをホルダーしていても、この国ではVISAが居る。

VISAカードではなく、ビザ。つまり、査証というやつで厄介だし、通過するだけなのだから、

トランジットビザが入手できるはず。駄目なら、4千何某ユーロに1千トルコリラ。ついでに日本円も

ある程度持ってきたので、ビザを取得すればいいだけなのだ。

トランスファーカウンターには、正直言って、オタクを理解できる切れ者とそうでない方もいる。

オストドが最初にぶち当たったのは、後者の方だ。何しろ、預け入れたバゲージ(荷物)の

行先は、プライオリティタッグをお情け(★G)で付けてもらったが、受取先はカイロまで。

「ターッキッシュで来たんだけど・・・乗り継ぎが・・・・」

「イスタンブールへか?」

「ちゃう!イスタンブールから飛んできて、戻るバカは・・・」

そこへオタク扱いになれている切れ者がやってきた。

「どこへ行くんだい?」

「トランスファー・カタールエアーウエイズ!ヴィアドーハ!ファイナルは、成田!」

「えっ!ここ・・・ターミナル3だぜ!カタール・・・

「判っているターミナル1でしょ・・・・」

「お・・・オーケー!送っていてやる。荷物はそれ1個か?」

「いいや・・・ターンテーブルで回っている・・・はず。」

「ワン?ツー?」

「ワン!」

そう叫びながら、クレームタッグを取り出し、カタール航空のEチケットとパスポートを渡す。

時刻は、カイロ時間でまだ9時前。出発は・・・アレ?1時?それとも2時だっけ?

「オッケー!ピックアップさせる。そこのソファーで座ってろ!」

オストドは珍しくアラーの紙に感謝を捧げた。兎に角、沈没しかけた“舟”を助けてくれたのだから、

目の前に居れば抱きついたかもしれない。

メストド1号がトイレへ行き、喫煙所を発見してくる間。オストドはひたすら祈った。

「どうかバゲージがピックアップされます様に!」

そして・・・気が付いた。

あれは、まだエジプト航空が成田へ飛んでいた頃で、オストドがまだ金欠だったころ。

格安のビジネスクラスを探し、トランジットホテルを当然とばかりに要求したときに、

中国人女性に声をかけられ、くそ重いワインやらチーズにハムの入った荷物番を命じられ、

同じホテルの同じフロアーだったせいでもないが、ロビーで談笑し、そして助けを求められた

あの時に待たされていた場所だったのだ。

「あのさ~ココ。トランジット・・・・」

「覚えているけど?アンタは忘れていたみたいだけど・・・・」

また、想い出に浸った。

「ヘルプ・ミー」その声にオストドはドアを開けた。

知らない女性なら、ドアを開けないが、ドアの先にはあの中国人女性が立っていた。

「メイ・アイ・ヘルプ・ユー?」

滅多に口にしないオストドが言った。本能がそう言わせたのかどうかはさておき・・・・

「ちょっと・・部屋に来て!」

でも、オストドは一人旅ではない。

「ちょっくら言ってくる!何かあったらしいから・・・・」

付いていくと、部屋ノドアがどうしても開かないらしい。

カード式なので、ドアのランプが点く仕掛けなのだが、カードを読み込まないらしい。

「フロントへ行ってきたほうがいいと思うけど・・・・あっ!」

「そうなの・・・あの荷物」

つまり、オストドは荷物番のために呼ばれたのだった。

ふと顔を上げるとどうやら、オストドが預け入れたらしきスーツケースが届いていた。

行ってみるとオストドの荷物だった。ここまではエジプト航空の係員たちは、自分たちには

利害関係もない闖入者の荷物を探して持ってきてくれたのだ。

「サンキュー・・・ところで・・・送りは?」

どうやら、オストドも図々しい。

「ちょっと待てって・・・・ところで、パスポートとEチケットは?」

「カウンターに預けたっしょ・・・アレ?」

係員が入れ替わっていた。入れ替わっていたけど、引き継はほんの少しされていた。

「ここにあるよ!」

別の係員が見覚えのあるパスポートを振りかざした。

「あと・・何分待てばいい?」この時点ですでに1時間以上の時が流れていた。

「オッケー!ちょっと待ってろ!交渉してくる!」

係員は入国管理官の所へビザなしで通してくれる様に頼みに行ってくれた。

密入国?でもなんでもよい。また・・・アラーの神に祈ったけど、沈没しかかった“舟”は、

自力航海が認められず、護送船に護送されることが決定した。

「ダメだった!」

「いいよ・・・パスポート返して・・・」

でも、面倒見のいいエジプト人とアラーの神は、闖入者を見捨てなかった。

「今、バス手配している。30分あれば送れるよ!」

彼の言葉に嘘があったのは、30分ではなく。10分だったことだろう。

エジプト航空の女性スタッフがドライバーを連れてやってきた。

「彼が送る!」

オストドとメストド1号は目の前に現れた淡い光に導かれる様にドライバーに従った。

通路を逆行し、職員用のエレベーターで地上階に降り、目の前に止めてあった車には、

“VIPサービス”の文字。

何度か訪れ、バスで走り回ったところから、ターミナル1まで前を走っている車を追い抜き、

飛行機の脇をすり抜け、車はターミナル1のアライバル口に到着した。

「ヘイ!ミスター」ドライバーの手が、チップを要求していた。オストドは感謝をこめて、

わずか20トルコリラを握らせた。

あとは・・・トランスファーへ進み、チケットを引き換えファーストクラスラウンジへ行けるはず・・

でも、アラーの神はそこまで寛大ではなかった。トランスファー口の入管職員に、

パスポートとE-チケットを没収され、「そこのソファーで待て!」と言われたのだ。

「やっぱり・・大人しくビザ代払えば良かったかな?そうすれば今頃・・・・」

「どうして払わなかったの?」

「払わないで済むかな?と思ったけど」・・あはは」

「あははじゃない!乗り遅れたら・・・」

「この次のフライトでも大丈夫だからね・・・・」

そうなのだ。ちゃんと乗り遅れても次のフライトでも乗り継いで帰れる公算があったから、

無謀?な賭けに挑んでみたのだ。

そこへ男性のカタール航空の職員が、VIPらしき人を連れて通り過ぎようとしていた。

入管職員がオストドたちのパスポートとEチケットを渡した。

「ここで待ってろ!」オストドにはそう聞こえた。何しろ、アラビア語は判らない。

大人しく待つこと1時間。出発まで1時間あまりしかなくなった。

そこへ女性職員が女神のごとく現れ、オストドたちのボーディングとパスポートを持ってきた。

「フォロ・・・えっ?」

オストドはバカでかいスーツケースを持っている。

女神は携帯で誰かに連絡していた。待つこと10数分。男性職員がクレームタッグを持ってきた。

どうやら、荷物は男性の手で預け入れされ、成田へ届くらしい。

女神がゲートはセブンと言い残し、オストドとメストド1号の手には行ったり来たりしていた

パスポートとボーディングパスがカイロ→ドーハのファーストクラス(ビジネス設定はない)と

ドーハ→成田のビジネスクラスの2枚とファーストクラスラウンジの入場券があった。

「どうする?」

「えっ?」

「一服したいよね・・・もう、乗り損ねないと思うし・・・・」

ファーストクラスラウンジには、喫煙スペースがあり、2本立て続けに吸い込む。

「ふう~美味かったぁ~さて・・・行くか?」

ゲート7を潜り抜け、列に並ぶ。係員がファーストクラスは待つように言う。

「????」

オストドは確認し忘れていたのだが、カイロ出国の際は、ビザの確認がある。

「トランジット!ノービザ・・・」

でも、オストドのパスポートには、ビザの代わりのトランジットスタンプと番号が書かれていた。

「オイ!ファーストクラスパッセンジャーだ!」

入管職員がカタール航空の職員に言うと、オストドとメストド1号は、エコノミー客で溢れたバスの

後ろのバスへ案内され、収まったのだった。

最後に、闖入者であるオストド&メストド1号に対して、力を尽くしてくれたエジプト航空関係者に

深く感謝するとともに、また、いつの日かエジプト航空の機体に乗れることを楽しみにしている。

また、これらは、エジプト航空関係者の大いなる好意のおかげであり、他の旅行者の皆様が、

その恩恵に預かれる保証は・・・・まるでない。


ちょっとだけためになる?話 ブログトップ