So-net無料ブログ作成
検索選択
大人の隠れ家 ブログトップ

カユマニス・ウブド -非日常の旅への誘い VOL1 [大人の隠れ家]

大人とは、身勝手な生き物らしい。

子供が小さいうちは、まるで特権を得たかの様に振る舞い、他人の迷惑をほとんど

顧みない生き物だと、自身の経験から言ってもそう思う。

子供を自分の都合で振り回していても、それさえもすべて正当化する生き物なのだ。

仮に、子供が騒いでいるときには、それなりに理由があると思う。

眠いときやつまらない時、そして親に振り向いて欲しい時など様々なのだが、

最近、よく眼にするのは、自身が“スマートフォン・シンドローム”に罹っているくせに、

子供が騒ぐと「周りに迷惑だから、やめなさい!」ともっともらしい注意はするのだが、

そのくせ、子供には半分以上、無関心でスマートフォンの画面を見入っている様に見えるのは、

これまた、大人の身勝手な考え方かもしれない。

だから、私の旅。特に非日常に身を委ねる旅は、お子様がなるべく居ない所へ行く。

出来れば、お子様の宿泊を一切認めない。そんな宿泊施設を選ぶ様にしているのも、

これまた、大人の身勝手な理由の一つだろう。

バリ島・カユマニスの世界はその点はっきりしている。

ジンバラン・ヌサドゥーア・ウブドの三か所にそれぞれ、ヴィラを展開しているのだが、

そのうちお子様の宿泊が認められるのは、ジンバランだけ。

ヌサドゥーア・ウブドの2か所は、如何なる理由があろうともお子様の宿泊が認められない。

バリも何度も訪れていると、喧噪な場所ではなく、ちょっと非日常の世界にも身を委ねたくなる。

カユマニス・ウブドを今回選んだのは、

それらを勘案したからなのだろう。

まずは、そのロケーション。喧噪とは程遠い村の通りから、更に路地を奥へ入ってゆく。

車で入れるのは、ゲートを抜けた先にあるオープンエアーのレセプションまで。

ここから先は、乗用カートすら通ることの出来ない石畳の小道を歩くしかない。

でも、旅のお供としてはるばる運んできた荷物は、スタッフが行き帰り共運んでくれるので、

心配はいらない。

広大な敷地に、23棟の趣の異なったヴィラ群とレストランが1軒。そして、敷地を流れる

アユン・リバーを超えてゆけばそこには、5棟のスパ専用ヴィラとメインプールに、

ちょっとしたレストランが建てられている。

優しいバリ時間に包まれるのも、ここの特徴だ。

まず、特筆すべきは、いつでも食べられる朝食だろう。

レストランのオープンしている時間内であれば、朝食を時間に関係なく、

好きなだけ、好きな時間に食べることができる。

まあ、ここで時間に拘束されるのは、アフタヌーンティのサービス時間とスパの予約時間。

そして、チェックアウト時間くらいだろう。

ウエルカム・マッサージにしても、ここは本格だ。

混雑時等は各々滞在するヴィラで受けることもあるらしいのだが、ヴィラ群を抜けて、石段を

降りてゆくと、前述したアユン・リバーに架かる橋が現れる。川を越えてとは、この橋を渡って

行けばいいのだ。

Romantic Bridgeと呼ばれるこの橋。

「ハネムーナーさんは、写真を撮影されていますよ!」と日本人スタッフ「MARI」さんが、

教えてくれた。このMARIさんには、ここに滞在する日本人の多くはお世話になることになる。

ヴィラ群を抜けた特別な場所へ誘ってくれるこの橋を渡って、ウエルカムマッサージを受けに

スパへ行くことになる。ここが、本格的と言ったのは、30分程度のウエルカムマッサージでも、

オープン・エアーのヴィラでオイルマッサージを受ける。そひて、セラピストの彼女たちは、

1年毎の契約更新時にその技量をチェックされているのだ。

Earthingと、聞いたことはあるだろうか?

「スパを受けたら是非・・・・」と勧められたのだが、メインプールへ降りてゆくと、

そこにはたっぷりのマイナスイオンとカユマニス・ウブドの中でも特に強いと感じられる

大地からのエネルギーを感じられる場所だ。

勧められるままに素足で芝生の上を歩いてみると、蓄積されていたはずのストレスも疲れも

いつの間にか消し去ることができるだけ、自分自身が回復しているはずだ。

もうひとつ、このメインプールでの楽しみがある。

プール際のガゼボに身を委ね、アフタヌーン・ティ(ハイティー)を楽しむことだ。

殆ど、貸切状態のメインプールの先に目をやると、もう一つ川が流れている。

その対岸は、現地の村の人々の営みを垣間見ることができる。

ふとその時、ちょっと目のやり場に困ってしまうほど、おおらかな女性の姿も見ることに

なるかもしれない。

不自由な日常に飽きたら

喧噪な世界やプライベートツアーがしたくなったら、カユマニス・カーを頼んでみよう。

単純なウブド市内の送迎(ヴィラへの戻りが、22時30分まで)なら、無料でOKだ。

例えば、ビンタン・スーパーへとか、両替所経由レストランへとか、様々なニーズにも

答えてくれる。有料カーチャターなら、もっと行動範囲は広くなる。

世界中、色々なところへ出かけるのだが、時折、無性に自分の棲家の穴倉へ帰りたくなることが

偶に存在するのだが、ここはその帰りたくなるはずの棲家へも帰りたくなくなる。

それもそのはずだ。

MARIさんの説明によれば、「こんな風のサービスが受けられたらいいよね!」

そんな出資者たちの思いで出来上がったヴィラがここにはあるのだから・・・・

まあ、最後に欠点らしきものを無理やり上げるとすれば、プールの水深が深いことと

このヴィラは、ジャングルの中と言うだけ。

きっと、カユマニスを訪れるゲストたちは、ここのスタッフすべてに感動を覚えることだろう。

「バリ人に悪い人間はいないよ!もし、悪い人間に当たれば、それはジャワ人ね!」

送迎を担当してくれたガイドさんの言葉通り、ここでは何も飾る必要もないし、ましてや

身構える必要すらないと言える。

MARIさんはじめ、スタッフ一人一人が、優しいバリの時の流れと共に、非日常の優しい空間へ

きっと誘ってくれるはずなのだから・・・・・

ー追記-

よく、「うちのホテルを、良く書いてくれませんか?」とオファーを受けることがある。

どんな報酬を出されても、提灯記事などは書くつもりはない。

例え、アゴアシ全部モロモロ付いた「ご招待」も受ける気は、毛頭ない。

今回、書いたのはほんのちょっとの気まぐれと大部分を占めるフレンドリーであり、礼儀正しい

スタッフたちに気持ち良く過ごさせてもらたからだ、帰国にあたり、とある有名なヴィラのサヨナラ

パッケージを体験してきた。数時間のスパとカジュアルフレンチの夕食付だった。

スパは申し分がないほどだったのだが、レストランのウエイターの馴れ馴れしいサービスには、

正直、煩わしさを感じたほどだ。

勿論、空港へ向かう途中、ガイド氏に感想を聞かれ、酷評したのは言うまでもない話だ。



大人の隠れ家 ブログトップ