So-net無料ブログ作成
旅行記・旅関係 ブログトップ
前の30件 | -

オストドは迷プランナー!? [旅行記・旅関係]

「2007・GWはラグジュアリーに過ごす」
先日、と言っても今年の夏に「地球一周の旅」から帰ってきて、手元には成田~バンコク~シンガポール間の片道航空券(TG・ビジネスクラス 1年オープン)が残っているので、「バンコク」へ行くことにした。ホテルは先日来のお気に入りのミレニアム・ヒルトンバンコク。部屋はちょと贅沢して、エグゼクティブ・リバービュー・スィートに4連泊とする。(1泊230US$TAX別)
今回のコンセプトは「寛ぎのバンコク」なので、あちらこちら出かける必要もないし、ましてや夫婦でのバンコク行きなので、夜遊びに行く必要もない。(行けないと言ったほうが正しい?)
ゆっくり寛ぐにはいいホテルだし、ワットアルンやワット・ポーへは、リバーボートですぐ行くことも出来る。もちろん朝食も付くし、ラウンジアクセス権もあるので、日中のティ-タイム・ハッピーアワーも楽しめる。帰国はシンガポールへ行き先日購入したシンガポール/成田x/羽田/沖縄/羽田x/成田/ロサンゼルスx/サンフランシスコ/成田/シンガポールのチケットでNHのビジネス(アップグレード券)
で帰国。AIR及びホテルは全て手配済み。
「2007・SUMMER TOUR」
夏休みは2度取る。誰が何と言おうと『休む』ことにした。
7月の3連休(世間様では・・・・オストドは連休なので、1日勝手ながら有給休暇)に、沖縄ドライブに出かけることにする。AIRの予約は済んでいる(国際線扱いの為)ので、ホテル&レンタカーを後日手配しようと思う。
8月の盆休み(オストドの会社は日曜日を入れて4日。またもや、勝手ながら有給休暇2日)
成田/ロサンゼルスx/サンフランシスコ/成田(NH・ビジネスアップグレード済み)に特典航空券で
ロサンゼルス/バンクーバ-/カルガリ-/エドモントンx/カルガリ-/サンフランシスコをACのビジネスクラス(@40000マイル/人)ホテルもカルガリー・ジャスパー・バンフ・サンフランシスコと予約。
大体、1泊160US$ほど。ついでに、ハーツレンタカーも手配。350CADほどで、フルパック&カーナビ付きを予約。エドモントン/ジャスパ-/バンフ/カルガリーと、オストドにとっては、17年ぶりメストドにとっては初めてのカナダ上陸になる。
でも、これには実は「ウラ」がある。本当は、ロサンゼルス/トロント/マイアミ/トロント/サンフランシスコと発券し、マイアミ&キーウエストドライブを決め込んでいたのだが、ルールに抵触するので、「ダメ」だしをされてしまった。まず、ロサンゼルス/トロントはOKなのだが、トロント/マイアミは乗継に24時間開いていないのでダメ。マイアミ/トロント/サンフランシスコは、遠回りになるのでダメなのだそうだ。(どこにもそんなルール書いてないけど・・・・)オストドはこれをACのビジネスで乗り切ろうとしたのだが、ダメ。(ロサンゼルス/トロント/サンフランシスコとトロント/マイアミを別切りならOKと判明したけど、「エコノミーはイヤ!」と言うご請託により却下。
もう、オストドの脳裏には、来年の年末はどこに行こうかな?(と言ってもシンガポールなんだけど)
再来年はどうしようかな?しか頭にはない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オストドは迷プランナー「緊急指令!バンコク滞在を回避せよ!」 [旅行記・旅関係]

「緊急指令!バンコク滞在を回避せよ!」
GWの「ダ・ン・ド・リ」も終わり、8月のカナディアンロッキーの「ダ・ン・ド・リ」も片付き「食傷気味の猫がエサを弄ぶ」かのように、今度の年末・年始の旅行のダンドリをしていると、メストド2号が血相を変えて飛び込んできた。
「ねえ。GW。バンコク滞在って本当?」「ああ、そのつもりだけど・・・・」「私は反対。出国許可出さないからね。」「はあ?」「だって、危なそうじゃない。」「まあ、確かに・・・・・」
「でもさ、危なかったらホテルにずっ~と滞在してれば・・・」「ホテルが爆破されたら?」「その時は諦めていただいて・・・・」少し揶揄しすぎたようだ。娘は顔を真っ赤にして怒っている。
確かに、「バンコクは危ないかも?」とメストド1号とは話していたのだが・・・・・・
おや、今度はメストド1号のおでましのようだ。「ねえ。バンコク滞在やめようか?」「じゃあ、どこに行く?」「シンガポールへ行けと。2号は言っているけど・・・」「でもさ、少し食傷気味ではあるよね。」
「うん。あと、ナイトサファリぐらいだもんな。」「まあ、どっか考えておいてよ。」「予算の増額は?」
「あるわけないでしょ・・・・」
「考えておいてよ・・・か」これはお願いではなく、命令なんだよな・・・・ぶつぶつ。
と、言うわけで急遽GWのプランニングを同時進行しなければならなくなった。
まず、年末・年始の予定をFIXすることにした。
1.航空券 先の発券のNRT/SINが残っているので、12/30 901便をリクエストする。
 ついでに、「ダメモト」でアップグレード申請をする。(後日2回ほどのプッシュでOKとなった)
さて、シンガポールからは、TGのビジネスを使うつもりだったが、週3便で手がでない。
MHのクアラ経由が一番安く一人576Sドル。次にCXで624S$。SQなら618S$+TAXか・・・
まあ、この区間はいつでも取れそうなので、置いておく。
問題は帰国便だ。本来ならEKのファーストも乗りたかったが、カタール航空のCMB/DOH/KIXも面白そうだし、お値段も手ごろだ。でも、突然の値上げに備えてCXのCMB/HKG/NRTもダブルで予約しておく。(来年の夏にでもコロンボに戻るつもりだ。)
日程は12/30 NRT/SIN 12/31SIN/CMB 1/2CMB/DOH/KIX 1/3KIX/HNDとなる。
まあ、ホテルもどうにかなるので置いておく。
さあ、いよいよGWの方のプランニングを練り直さなければならない。
現在の予約は次の通りだ。
 4/28 NRT/BKK TG677 ビジネス利用 
 5/02 BKK/SIN TG409 ビジネス利用
     SIN/NRT NH902 ビジネス利用(アップグレード)
HTL:ミレニアム・ヒルトン・バンコク エグゼクティブリバービュー 4連泊
さて、どう「料理」しようか?往路のNRT/BKK及び復路のSIN/NRTは動かしたくない。
また、ヒルトン系にも最低1泊はしないと・・・・・
更に、「ドムアン復活?」と言う噂も飛んでいるので・・・・・

「サムイは寒いゾウ」
今から数年前の年末・年始にタイのサムイ島に出かけたことがある。出発前に「サムイじゃ寒いゾウ」とオヤジギャグを飛ばしていたら、とっても寒かった。(と、言っても日本よりは暖かいが・・・)
連日のように「雨・雨・雨」だった。海は荒れビーチサイドのレストランの床にも波が・・・・
そのような中、欧米系のファミリー連れの中に5・6歳位の女の子が、上半身ハダカで元気にプールで弟君と遊んでいたのを記憶している。私たちトド夫妻は勝手に「ピッピちゃん」と名づけていたが・・
「そうだ、サムイにリベンジしなければ、ならないんだっけ・・・」と思い出す。
オプショナルツアーで行った「エステ」もどきのオカマさんにも会いたいし、(オストドを担当したオカマさん。すごくきれいだったなあ~。メストド1号を担当した正真正銘の女性がメストドに「妬かなくて大丈夫。あの人オカマさんだから・・・」と教えたらしく、知らぬはオストドだけの大爆笑であった。)
(ー後日談ー それからは、エステを申し込む際、「オカマを含む男性はX」と言っているオストド。)
すごくフレンドリーな人々ばかりで、再訪したいのだが・・・・
ただ、飛行機代は高い。空港使用料も高い。(サムイ島は民間空港である。)どうしようかな・・・・

「心の楽園 クラビ」
デカプリオ主演の「ザ・ビーチ」のロケが行われたところである。
ここでは、タイ・ヴィレッジに宿泊。海沿いではなく多少内陸にあるが、「ゆったりとした時間の流れ」を感じさせてくれたホテルである。メストドはアルコール系をオストドはノン・アルコールのカクテルを全て飲み干したホテルだ。ここではじめて受けたタイ式マッサージに悲鳴をあげ(プールサイドだったが・・・)エステでは昔は「タイ美人」だったろう「ベテラン」(日本語ペラペラだったのは何故?)のリズミカルなタッチに酔いしれて滞在中2回も行ってしまったし・・・・・
ここのホテルも大変フレンドリーだった。

「ティオマン島」
シンガポール・セレター空港から1時間ちょっとでいけるらしい。ん。「セレター空港ってどこだ?」
チャンギなら知っているけど・・・なんでも軍用空港らしい。
映画 「南太平洋」のロケ地だったらしく海がきれいだとのこと
う~ん。リーズナブルなんだけどな・・・・

「ビンタン島」
シンガポールから船で1時間。シンガポールから一番近いインドネシア領とのことだが、VISA代を取るのが気に入らない。でも、・・・・・
費用もとってもリーズナブルなのだ。どうしようかな????

「シンガポール」
オストド&メストド1号のお気に入りの街。どこでも神出鬼没できるところ。
ただ、最近ホテル代が高騰しているのが、やや難。
ああ、カヤトーストが・・・・。オストドを呼んでいる。

どこにしようか考えがまとまらない。まさしく今のオストドは「迷プランナー状態」だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オストドは迷プランナー 「GWプランのあとしまつ」 [旅行記・旅関係]

まだ、出発前に「後始末」とは変であると思うし、「オストドは馬鹿か?」と思われる方も少なくないだろう。
しかし、考えていただきたいのは、「プラン」(計画)とは立案し、予約するまでが「プラン」である。
つまり、普通の旅行社の主催するツアーで言えば、顧客側=申込み・代金支払いまでがプランであり、旅行社側から見れば、手配完了までが、「プラン」なのである。
と、言うことは今年のGWのプランニングは終了しているので、「後始末」と言ってもいいのではないだろうか。
まあ、前置きはこのぐらいにして「本題」にはいることにしよう。
今年のGWのプランは「ラグジュアリーバンコク滞在」であった。
ホテルもミレニアム・ヒルトンバンコクのEXEリバービュースィートを4連泊手配してあった。
でも、「出国許可」が下りない(バンコク滞在は不可)ので、どこに行こうか迷っていた。
「天候」(雨季・乾季)の問題もある。プーケットも良さそうだったが、5月から「雨季」に入ることを考えると、今一歩踏み切れない。コ・サムイ島なら乾季である。ただし、時折スコールはあるのはしょうがないこと。(月の半分は降雨するらしい)
クラビもプーケットと気候帯は一緒。ここはやはり「リベンジ・サムイ」にすることにした。
「まず、ホテルを押さえよう」
ホテルを押さえる前に大筋のフライト時刻を検索する。オストドの押さえてある便(NRT/BKK)は、TG677便17:15発22:15着なので、接続は不可能。となれば、バンコクに一泊しなければならない。
我が家の出国管理官(メストド2号)に相談すると、「貢物」が効いたのか空港ホテルなら「許可」するとのことだったので、ノボテル・スワナープエアーポートホテルにしようと思うが、5000THBって暴利じゃないかな?と思うのは、オストドだけだろうか。
サムイのホテルはとあるサイトから、とりあえず☆☆☆☆☆のPunnpreeda Hip Resortのジャグジー
スィートなる部屋を税込み530USD(3泊分)でリザーブした。(まだ、OK回答は来ていない)

「エアーはどうしよう?」
本来なら、日通ペリカントラベルにでも頼むつもりだったが、生憎3/31出発分までしか、料金が出ていないので、ダイレクトにバンコクエアーウエイズにリクエストするとしよう。
一人あたり6850THBぐらいらしい。・・・・

「空港~ホテル間は?」
ホテルのWebによると、(www.samui-hotels.com/punnpreeda/index.htm)一人150THBとのことなので、ついでにリクエストする。

「あとがき」
とりあえず、ホテル・エアー等を手配すればこれでプランニングは終わり?になるはずだ。
でも、これからの「旅」のプランニングはまだまだ終わりを告げようとはしない。・・・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オストド&メストド「大人を休む旅 時の流れを取り戻すクラビ」 [旅行記・旅関係]

「まえがき」
前の年に同じタイ王国にあるコ・サムイ島に行った。そこで「ピッピ」と出会い童心に帰ったオストド。
1年間死に物狂いで働いた。メストド1号も疲れ果てているので、また二人で「大人を休むべく」
タイに出かけることにした。プーケット?という声もあったのだが、プーケットの人気は高く、オストドの薄い給料袋では旅行費用すら捻出できない。諦めきれないでパンフレットを捲っていたら、「クラビ」に出会うことができた。プーケットなら掠りもしないが、すぐ近くに何とか手に届きそうなリゾートがオストド達を呼んでいる。延泊プランもあるので、1泊延ばして7日間のツアーに参加することにした。

「バンコクへの機中で・・・」
12/29昼会社をトドズラ(「とんずら」が正しい)し、自宅経由で成田空港へ。空港中の中のパーキングに車を停めて時計を見るが、まだ早いので、カードラウンジへ行く。
チェックイインカウンターで航空券を貰いながら、ANAのカウンターへ行く。この旅にあわせてANAノマイレージクラブに入会。ツアーマイルも貯まるしフライトマイルも50%ながら付く。
いつものように、さっさと出審査を済ませと思ったが、機内食にやや難ありJALはスペシャルミールでステーキにしてくれたけど、ANAはダメとのことで、ベジタリアンミールなんぞを食べる羽目になったので、ウドンを食べて出国する。
免税店でタバコ&香水を購入。10%OFFの券を持っていたが、香水だけ10%OFFだって・・・
機内に乗り込んでみると、後ろの席にはやっちゃんとそのご家族&ご一行様らしき人がいる。
機内食の時、「お待たせいたしました。ベジタリアンミールでございます。」とCAが持ってきてくれたとき、後ろのオバはんが、「うちの子にもベジなんとか頂戴」とCAに言っているが、「ご予約いただいたお客様だけでして・・・」と言うCAに「なんでやね。同じ客やないか~」と言っている。
さっさと食べ終わり、機体後方のトイレに並んでいると、やちゃん風のおっさんがやってきて、話しかけられる。「なあ、兄ちゃん。」「はあ。何でしょ?」「あの、ベジなんとか言うのはどういう風に頼めばいいねん。」「ああ、スペシャルミールですね。予約すればいいんですよ。」「いやぁ、ウチのクソガキメシもよう喰わんねん。果物とかは喰うんやけど・・・」「あ、それならフルーツだけもありますよ」
「んで、うちのカカアが兄ちゃんに聞いて来いってな。今からやったら、帰りの便間に合うか知ってるか?」「じゃあ、CAにリクエストしてみたらどうですか?」「いやあ、あの姉ちゃんたちなんか怖がってるみたいでなぁ~」(そりゃ、そうだろう。奥さんは豹柄。オッサンは金きらきんだもんなと思いつつ)
「じゃあ、僕が聞いてあげましょう」「いや、助かるで兄ちゃん。おおきにな。」行ってしまった。
しょうがないので、CAに訳を説明してリクエストを挙げることにした。後で、CAが帰りの便を確認しに行っている。(良かった帰りの便は一緒じゃないゾォ~)

「バンコクの空港で」
またもや、やっちゃん風のオッサンにとっ捕まってしまったオストド。オストドの運命はいかに・・とドラマではなるのだが、ここはバンコク。ドラマでもない現実である。
「なあ、兄ちゃん。ワシ等どこへ行けばいいねん。」(知らんそんなことと思いつつ)「はあ。日程表はお持ちですか?」「おい。○○。日程ちゅうのだせや。このタコ」「おう。兄ちゃんこれやこれ」
「拝見しますね。ああ、なるほど」今日はバンコクのホテルへ1泊なさって、明日は市内観光。その後、プーケットへ出発になってますので、入国審査を受けて、荷物を受け取ってください。」
「だから、どこへ行けばいいんか知らんか?」「じゃあ、ご一緒しましょう。」(しぶしぶ。このオッサン達と連れ立って歩くことになってしまった。)
「あ、あれがそうですねガイドあそこにいますから、じゃあいい旅を」「おお。すまんかったのォ~。なんか困ったらいつでも言ってきてや、」と名刺を頂く。名刺には○○土建ってある。
その時、オストドの脳裏にはまたこのおっさん達に会いそうな気がしていたのは、言うまでも無い。
バンコクでバッゲージをピックアップし、ガイド嬢に迎えられバンコク市内のホテルへチェックイン。
チェックインの際、「スモーキングにして」と頼んだら、スーペリアルームをデラックスルームにインポラアップグレードされた。(♪ラッキー♪)

「バンコク市内観光」
本来なら、ツツ-っとクラビへ行きたかったのだが、半日のバンコクでの自由行動がある。
出発前に一人3000円払って市内観光を申し込んでいたので、寝不足の頭でぼっ~っと待つ。
迎えはきっと「混乗のバス」と思っていたが、他に申込みがなかったのか専用車に専属ガイドで行くらしい。ガイドに案内された車を見て「あんぐり」状態のオストド&メストド1号。ベンツのワゴン車はピカピカに磨き上げられて、内装は黒の革張りである。まるで、VIPの気分だったが、すぐ打ち破られた。ガイド嬢曰く「オストドさん達ラッキーね。本当はこんな車こないんだけど、このあと、日本の。えっ~と、そう高○大臣迎えがあるから、この車来た。よかったね。」(ふ~ん。政治家も落選すれば只の人。当選前は頭を下げまわってばかり・・・って教えてやりたい衝動に駆られた。)
まあ、不本意ながらも高級車に乗ったオストド&メストド1号は「不機嫌」になった。その時ガイド嬢が「美味しいよ食べる?」と飴をくれた。パッケージには「緑茶飴」と書いてあったので、一個ずつもらう。「私、日本のこの飴好きね。タイ人。日本好きよ。」って「ふ~ん。」と言いながら飴を口に入れる。やたらと甘い飴だ。「ねえ。聞きたいんだけど。もしかしたら日本茶に砂糖入れる?」と聞いたら、「あたりまえでしょ。グリーンティ甘くして飲む。これ、常識よ。」と切り返される。
「暁の寺」へ船で行くらしい。船着場から、ボートに乗り込む。わずか5分ぐらいで到着。
先に船から飛び降り、メストド1号とガイド嬢に手を貸す。ガイド嬢曰く「優しい旦那で幸せね。メストド」ってこんなことぐらいで「幸せなら」お安い御用である。

「予定より早くバンコク空港へ・・・」
少々疲れてきたので、早目に空港へ行ってもらう。買い物などは興味がなかったので、宝石店では20分あまりで、メストド2号への土産のピアスを買っただけである。
空港へ飛ばしに飛ばさせて、うるさいガイド嬢と別れることにした。TGのチェックインカウンターでガイド嬢が手続をしている横から、マイレージカードを差し出してどうかな?と思っていたら「OK」とマイルをつけてくれたり、(パンフレットでは不可だったが)セキュリティチェックまで送ってくれたが、チップなんぞやらないで、さっさと中へ行く。(高○さんにでも貰ってくれ~)

「クラビ良いとこ一度は・・・・・」
TGのジェットで一時間ほどで、クラビに着く。真っ先に飛行機から飛び出しバッケージクレームへ行く。しかし、荷物がでてきたのは「ビリ」したがって、到着口のガイド氏を待たせてしまう。
ボロイワゴン車に揺られること1時間あまりで、タイビレッジに到着。オプションを売りたいガイドに
「行きたかったら電話するから」と言いチップを奮発してバイバイ。部屋は一階だけど広々している。
到着後、屋内のレストランへ行く。夜の屋外は虫が料理に飛び込んできても解らないからだ。
ウエイター氏にドリンクは?と聞かれ目に入ったのは、「ミッキーマウス」コーラにバニラアイスetcの飲み物。滞在中こればっかり飲んでいたオストド。
食事を終わり、部屋へ帰りベランダで一服。ちょっと生暖かい風はオストドとメストド1号に優しく吹いていた。
12/31朝食。朝からしっかりベーコンだの煮豆(ベイクドビーンズ)やら、いり卵やらパンやらをどっさり摂るオストドと負けじとばかり、フルーツを召し上がるメストド1号たらふく飲み食いして、いざプールへ出陣?と思いきや、メストドが忘れ物に気がつく。「日焼け止め忘れた~」との声にホテルから、散歩と称して(結局毎日多い日は3度通った)歩いて10分ぐらいのスーパーへ行く。
日焼け止めにメストド1号のパレオ&ついでにオストド向けにも1枚。オストドの頭を守るべく帽子に
お菓子類を購入する。
買い物も終わりプールへ行く。ここのプールは2段になっている。上段のプールサイドの東屋ではタイ式マッサージが受けられるので、早速予約。呼びにきたので、メストド共々行く。メストドの担当者は日本に住んでたことのあるオバちゃん。オストドの担当者はきれいなおねえちゃん。「ミディアムねミディアム」と言い横たわるオストド。メストドはオイルマッサージに切り替えたようだ。小さい手で一生懸命に揉み込まれる快感に昇天しかけた時、オストドを悲劇が襲ったというより、メストド1号の策略に嵌った。メストド1号がオバちゃんの耳元で何か言ってるな~と半分眠りかけていたオストド。オバちゃんがオストドの担当のお姉ちゃんに何か言った瞬間。オストドの絶叫がプールに響き渡った。
つまり、メストド1号は「あんなんじゃ彼の酷いコリはよくならないので、ハードそれもベリーハードで」と言ったらしい。おかげで、東屋の周りは人だかりができ、いい客寄せパンダになったオストドであった。
「ガラディナーの夜はロマンチックに・・・ってなるわけない」
朝食時にテーブルをキープしたが、ステージから見ればはるか彼方の席。ビュッフェの食事もたらふく詰め込み雨が一時的に降ってきたので、部屋へ帰ることにした。その後パーティーはカウントダウウンへ突入していったが・・・・
オストドはメストドに復讐することにした。酔っぱらったメストドはくすぐったがり屋なのをオストドは知っている。ベランダでいい雰囲気しなったところで、メストド1号の全身をオストドの「神の手」がまるで鍵盤を弾きひくかのようにリズミカルにくすぐり続け、メストドは身をよじり逃げ回っていた。
その後は記憶にない。
「時の流れを取り戻す」
ここクラビでの滞在時間は本来の時の流れを取り戻していた。鳥のさえずりで眼がさめベランダで一服していると、「グッモ-ニン・サー」と声を掛けながら、ハウスキーパーやプール・ガーデンキ-パが過ぎてゆく。「グッ・モ-ニン」と返事をしながら、今日はどうしようかな?プ-ルでカクテル片手に
読書もいいなと考える。アーリ-バ-ドの声に眼醒め、星達のささやきや優しく吹き渡る風のささやきを聞きながら、眠りに就く。ここに時計なんかいらない。腹時計が鳴れば「食事の時間」だし、身体を動かしたくなれば、プールへ飛び込む。夜には腕を組んでディナーへ出かけ、カクテルを片手に思い出話に花を咲かせる。
そうここには「大人を休む」ためだけの空間なのかもしれない。
「あとがき」
オストド&メストドはこのリゾートにたった4泊しかしていない。でも、この5日間で「大人を休む」を覚えたような気がする。
そうそう。あのマッサージのオバちゃん達の本職はスパのエステシャンだったので、最後の晩にディナーに出かける前にオストド&メストド1号はスペシャルな時を楽しんだ。なんでも、カップル用のロマンティックなんとかというパッケージらしい。明日からはまた大人を演じなければならない。そんな二人への自分達からの贈り物だった。
あ、それからあの「やっちゃんもどき」ご一行様とは、バンコクの宝石店でばったり会ってしまった。
「お~い。兄ちゃん。ワシやワシ○○や。」と寄ってくる。「いやぁあん時世話なりっぱなしで・・・」
「どや、兄ちゃん一杯やらんか?」「いやあ奇遇ですね。残念だけど飛行機乗り過ごしそうなんで・・」といいつつ、ご辞退。
メストド1号と「くわばら・くわばら」と唱えながら、ワゴン車に逃げ込んだのは言うまでも無い。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オストドは迷プランナー「今度の年末・年始は・・・・」 [旅行記・旅関係]

「まえがき」
一昨年の年末から去年の年始にかけて、「光輝く島=スリランカ」に行った。
その時は別に「スリランカ」にいきたくて行ったわけでは正直なかった。
ただ、シンガポール航空のファーストクラスの旅を謳歌してみたくて、安価な行き先を探していたら、
スリランカ・コロンボ行きだったからだ。
航空券を手配してから、スリランカについて調べてみた。今日の日本の繁栄があるのは、「第2次世界大戦」の敗戦国日本から、「憎しみは憎しみによって止まず、ただ愛によって止む」とブッタの言葉を引用して、国連で「日本からの賠償金を放棄する」と熱弁を振るってくれた、当時のスリランカの農業大臣(後に大統領)になったジャヤワルダナ氏の言葉によるものだったに違いない。
彼の演説内容を一部引用する。(出展 セアロNPO http://www.cealo-ngo.org/reference/Ref-SriLanka.htm
「何故アジアの諸国民は、日本は自由であるべきだと切望するのか。それは我々の永年に亘る係わり合いがある故であり、アジア諸国民が日本に対して持っていた高い尊敬の故です。『共存共栄』のスローガンが、ビルマ、インドなどアジア諸国に大きな希望を与えてくれたのも日本でした。我々は損害賠償を要求しようとは思いません。・・・・・・・・・・・・
我々は日本人に機会を与えなければいけません。私達は日本に友情の手を差し伸べます。今日、この人類の戦争の歴史に終止符を打ち、新しい明日へ向かって新たなページが開かれました。日本の人々と私達とで、平和と繁栄の中で人間の尊厳と喜びを持って生き、ともに歩むことを信じています。」 (全文は是非セアロNPOのWebを読んでいただきたい)
日本の学校ではまず教わることはない。本当なら、ドイツ国民のように家族を引き裂かれ分断国家にされていてもおかしくなかったのである。このことが解った途端オストドの眼からうろこが落ちたようだった。数少ない親日国家スリランカの一日も早い「共存・共栄」による平和が訪れることを願いつつ、またオストド&メストド1号はスリランカへ旅立とうと思う。スリランカの優しい風に抱かれるために・・・・・・

「旅行プランを考える」
オストドの会社(しがない弱小の設備工事会社)は、休みがとりづらい。また「3K」でもある。
メストド1号も某銀行(一応メガバンク)に最初はパート勤務だったが、フルタイム勤務(年末・年始の休みはもってのほかということらしい)ので、12月29日の出発・1月3日の帰国が有力だったのだが・・・・・・・
ANAのWebによると、12/29はアップグレード出来ないらしいし、「荷造りの時間も必要」になるだろう。よって12月30日の出発・1月3日帰国が一番いいみたいなので、次のようなプランになる。
12/30 成田/シンガポール(乗継)12/31コロンボ着。1/2コロンボ/ドーハ(乗継)1/3関空/羽田着
もしくは、1/3コロンボ/シンガポール/香港/成田。

「航空券を手配する。」
プランも固まり、財務大臣(メストド1号)の許可を得て(この段階では出国審査官には黙っている)
航空券の手配に乗り出す。
プラン1 「5つ星エアーライン カタール航空のファーストクラスで優雅に・・・・」
エコノミーなら乗りたくない。ビジネスならしょうがない。ファーストなら「是非!」乗ってみたい。
「贅沢」という声もあるが、毎晩晩酌をするわけでもなし、ギャンブルをするわけでもなし、(偶にパチンコかマージャンを嗜む程度)女遊び(昔はさておき・・・)する訳でもない所謂「品行方正」なオストドと、生活が苦しくても泣き言一つ言わず、笑い飛ばしていた(今は大分改善されてはいる)メストド1号の共通の趣味(飛行機に乗ること)であるし、ブランドを買うわけでも、三ツ星レストランで食事するわけでもない旅なので、このくらいは「許される範囲」だろう。
コロンボ/ドーハ間はビジネス(ファーストがない)ドーハ/関空はファーストになる。
プラン2 「キャセイパシフィックで、成田へ同日着」
真夜中にコロンボを出発する。途中シンガポール(日によってはバンコク)を経由し、香港乗継。
「エコノーミーは嫌!」なので、ビジネスクラスを選択。(ファーストは無い)
本来なら、香港でストップオーバーも捨てがたいが、日程の関係上乗継のみ。
上記のプラン1・プラン2を日通ペリカントラベルスリランカ支店にオーダー。ダブルで予約してもらう。
カタール航空が値上げしなければ、キャセイパシフィック航空の予約は途中で手放せば実損はない。

「ねえ。シンガポール~コロンボはどうするの?」
オストドも忘れていたわけではない。ANA→SQと乗り継げば楽だし、マイルも貯まるのだが、
如何せんワン・ウェイ(片道航空券)は高いし、アップグレードの関係もありオストドが予約を取れたのは、成田発夕方の901便。SQの出発まで50分しかない。(定刻到着で・・・)
目をつけたのが、「エミレーツ航空」エコノミーならシンガポール/コロンボ間で二人で820シンガポールドル(SQなら一人も乗れない)本当は日通ペリカントラベルシンガポール支店で扱っているTGのビジネス片道(一人732シンガポールドル)を使いたかったのだが、週3便に減便されていては使えない。悲しきかなサラリーマンである。

「ホテルはどうする?」
忘れていたが、オストドは「ヒルトン・Hオーナ」の会員でもある。ヒルトンホテルにするか?
空港片道送迎つきのホテルを選択するかまだ迷っている・・・・

「あとがき」
まえがきでは、「柄にもなく」偉そうなことを書いた。でもその実「スリランカ発券」に切り替えるのが、
本来の「旅」の目的だ。メストド1号はまた「宝石屋」と喚いている。前回は1万ドルも買われてしまった。(メストド1号のへそくりで払わせたのだが・・・)また虎視眈々と狙っているらしい。前回買ってきた宝石は家の中のどこかに仕舞い忘れられている。(ここ数ヶ月以上みたことがない。メストド1号はオストドがどこかの女にやったと思っているフシもあるが、清廉潔白である。オストドはネズミが隠したと思っているのだが・・・・)
これで、来年のスケジュールも固まってきた。夏にはコロンボへ戻り、ノースウェストもしくはデルタ航空のビジネスクラスを発券して、年末はハワイかカナダでのスキーもしくは、オーロラ鑑賞になりそうだ・・・・・・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オストド一家 北海道疾風記 [旅行記・旅関係]

「まえがき」
先日、義理の妹の旦那が死んだ。自殺だったのだが、建前は心筋梗塞になっている。
通夜も葬式も不義理したのだが、(妻の両親も他の兄弟も・・・)タイ・サムイ島に行く前に、「49日の法要には・・」と言われたからには、行かねばなるまい。(本当は6月にでも休暇をとっていくハズだったのだが・・・)
オストド&メストド1号だけで行く予定だったのだが、2号も行くという。そうすると「マイルが足らない」のだ。
先日妻の両親を呼ぶために24000マイル吐き出していたし、エアーカナダのビジネスクラス(カナダ国内)で、
二人分80000マイル吐き出しているからだ。
幸い?GWの成田/バンコク/シンガポール/成田のマイルを加算し、何とか足りることが判明したので、発券は
GW後とすることにした。

「休みの交渉」
オストドは、5/3朝にNH902便で帰国してから1日しか休んでいない。そう、まだ某地下を走っている地下鉄みたいな鉄道工事に従事している。2日だけ(出発日前日と出発日)休みを、会社の部下や客先に頼み込みなんとかもぎ取ることが出来た。出発前は連続16時間勤務をしただが・・・・・

「久しぶりのANA51便」
完全に夜型になっている体調は、そう簡単には戻らない。メストド2号が「これ飲んでみて」とくれた超高濃度のプロポリスの錠剤2錠がアダ?になったのか、午前2時半起床。(勝手に目が覚めたのだ・・・)
午前4時にメストド1号をたたき起こし、5時過ぎに羽田空港へ向け愛車を走らす。
午前5時35分には、ビックバードのP3駐車場に滑り込む。自宅を出発して20分ちょっとで着いてしまった。
今日乗る便は51便。添乗員時代にはあきるほど乗った便なのだが、あの頃は朝食がでていたのだが、今はない。しょうがないので、「空弁」として、新宿・サボテンのDXひれかつ弁当¥1000を購入。(ANAカードで10%OFFになる)手土産として、甘納豆(両親は甘いものが好き・・・)を買う。
シグネットへ行き、朝ごはんを食べる。(本日2度目の食事。実は家を出る前にラーメンを食している。)
搭乗時間ギリギリまでスモーキングタイム。飛行機を眺めながらの、食事や一服は気持ちがいいものだ。
午前6時45分に57番ゲートへ行き、B747-400(ジャンボならぬ、ダンボ)に乗り込む。
今日の席も2階席のエグジットロー(非常口席)であるし、後ろはいないので、ますます快適?な空の旅。

「レンタカーはいい気分?」
たかが、一泊のはずなのに大量の荷物(ダンヒルのショルダーバック・スーツ入れ・バトミントンの遠征用バック・お土産)をカートに放り込み、千歳空港のトヨタレンタカーの受付へ行く。今日借りるのは、8名乗り。
もちろん、喫煙車・カーナビ・ETC付で、翌日午後6時までで、¥20800.
普段はカーナビなんて高級品を使ったことのないオストドには、30分経ってもカーナビ設定出来なかった・・・・
標識を頼りに、道央道千歳ICより、札樽道小樽ICまで駆け下りる。
小樽ICからは、メストド1号の「人間ナビゲーター」の力を借り、メストド1号実家着は、午前11時・・・・
お昼は寿司を取ってくれる。(さすが、小樽なのだが、オストドは寿司が嫌いなので、オストドの分は海老天そば&うな丼)で本日4度目の食事。えっ?と思う方もいるだろう。じつは、途中の輪厚PA(わっつと読む)で、天ぷらそばを二人して食してきている。)めでたく4度目の食事を呼び寄せた甥っ子・姪っ子と共に完食。
しばし、お昼寝の後、「ちびっこギャング団」を引きつれ、小樽築港のポスプールへ行く。
姪っ子二人はガンダムに夢中らしいので、DVDやらCDを買い与える。甥っ子は部活でバトミントンを始めたので、バトミントン用のシューズを購入。今回の大量の荷物の一翼は甥っ子へ、我が家の娘が使っていた「ラケット」その他運ばされていたのだ。
帰宅?すると、夕食。お刺身や鮭のちゃんちゃん焼きに舌鼓(本日5度目の食事)をとり、レンタカーで千歳空港へ向かう。(今度はカーナビがちゃんと設定できた)
半分、意識が朦朧としての運転だったので、やはり輪厚PAで一休み(20分ほど仮眠)空港駐車場へ乗り入れ、
我が家の一粒種のメストド2号の到着を待つ。定刻より24分遅れて午後10時19分着。
「寒いよ~!腹減った!」と言う娘に「小樽の寿司」の詰め合わせを車中で食させながら、午後11時35分実家着。
翌日はいよいよメインイベントの「49日法要」またもや、運転手。
法要を済ませ、会食後、午後3時に実家を後にし、帰路に着く。
レンタカーを返却して、空港でまた買い込んだ土産と共にANA1402便A320で羽田へ・・・・

「あとがき」
帰宅後すぐオストドは、作業服に着替え仕事へ向かう。ベッドに入ることができたのは、起床後25時間後のことであった・・・・・
今度の旅は7月の沖縄である。どんな旅になるのか?(食べ歩きに違いないが・・・)今から楽しみである。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オストドのひとりごと!「オストド国際免許証を取得する。」 [旅行記・旅関係]

「まえがき」
8月の盆休暇(世間では夏休みといい、6~9月に取れるところがあるというのだが、
オストドの業界ではお盆の時期にしか取れない。)に、カナディアン・ロッキーにドライブ旅行に出発する。約800キロに及ぶ行程を、一人で3日間で運転しなければならない。メストド1号も免許を持っているのだが、運転させると「特攻隊」になるので、
彼の地で命を落としかねないかも知れないので、運転させないほうが、人の為にも
自分の為にもいいだろう。

「江東運転免許試験場に出かける」
オストドの休みは、原則日曜・祝祭日のみである。土曜日なら無理やり半休ぐらい取れるのだが、(さんざん嫌味を言われるが・・)土曜日は試験場は休みであるので、日曜日に出かけるしかない。
オストドの自宅からは、バスを2本乗り継いで1時間は掛かるので、「公共交通機関」なんぞで行きたくない。でも、周辺には駐車場は少ししかなく、入場待ちの列が出来ている。
しばらく悩んでいると、丁度いい具合に愛車の調子が悪い。オストドの愛車は、USホンダ車なので、ホンダカーズの江東営業所に修理に入れれば、待ち時間に「国際運転免許」を取得できる。駐車場への入場待ちもないので、一石二鳥だ。

「写真を撮る」
試験場のそばの代書屋で写真を撮ってもらう(800円/枚)この写真と免許証・そしてパスポートを持っていけばよい。写真は2枚出来ているのに1枚しかくれないのはなんでだろう。(試験場では500円で撮れる)
窓口で申請書をもらい記入する。証紙2650円を購入し,窓口に提出。しばし待つ。

「これ、パスポートの表記と違うんですけど・・・」
名前を呼ばれ受取に行く。歩きながら確認すると、パスポート表記と違う。
オストドの本名は、こう○ちである。パスポートはKOH○CHIなのだが、この国際運転免許証には、KOU○CHIとなっている。窓口に訂正に持っていく。
「あの~パスポートの表記と違うんですけど・・・」「えっ、申請書どおりじゃない?」
「申請書には、KOH○CHIって書いてあるでしょ。」「あっ本当だ。じゃあ訂正します」
(じゃあ、じゃないだろ -怒-)
「でさ、写真もう一枚ない?」「ない。」「う~ん。困ったな。作り変えになるんで、写真一枚入るんだけど・・・」「ふ~ん。」「あのさ、入口に機械あるからさ、撮ってきてよ」
「はぁ?」「写真代は500円。こちらで出すからさ。」(当たり前だ!)
500円貰って機械へ行く。(機械式だと、人相悪いんだけど・・・・)
出来上がった写真を持って、窓口へ行く。
「じゃあ、すぐ作るから待ってて!」3分後に「国際免許証」を貰う。

「我が家での評判」
修理の終った愛車(この時点では終ったと思っていたのだが、この先「入院」と相成った)に乗り込み、自宅へ戻る。
メストド1号・2号が「国際免許証」をみて「人相悪いな~」と言っている。
さっさと奪い取り、パスポートと一緒に仕舞いこむ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

写真をアップしました。 [旅行記・旅関係]

大変長らくお待たせいたしました。(って言うか、誰も待っていない・・・・・)
やっと、写真をアップすることが出来ました。-仕事さぼっちゃいけませんね。-
スーパーフライヤーへの道 第3・4・8・9・12・13・14の各章
本家ディズニーランド 第3・4章
サムイの休日 第3・5章にアップしてあります。
お暇な方は見てやってください。(批評はお断りいたしますが・・・・-笑-)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オストドの旅の後始末?「年末のビジネスクラスの行方」 [旅行記・旅関係]

-結論。無事NH111へのアップグレード完了-

「空飛ぶクジラさん」。「空飛ぶ食欲魔人の愛人1号さん。及び2号さん」。「オストド教の信者1号さん」。「メストド2号の未来の旦那候補さん」。その他たくさんの皆様。励ましのメールありがとうございました。この場をお借り致しまして、厚く御礼を・・・・・・。思えば、長くもあり、そして短くもあった「闘争生活」も本日ピリオドを打つことが出来ましたのは、皆様の温かい励ましのお陰?で、「全面勝利」を得ることができました。感謝申し上げます。また、ANAのシートコントロールに度々(ほぼ2~3日おき)にプッシュしていただいたPLTディスクのご担当者各位、カスタマーのご担当各位にも・・・・・・感謝申し上げます。例え、シンガポールでのトランジットが8時間だろうが、オストド&メストド1号のお気に入りの場所。時間潰しの仕方はいくらでも知っている。トランクはスルーで流してしまい。制限区域内でエミレーツへチェックイン。トランジトで入国してチャイナタウンで夕食。マーライオンの夜景でも眺め、足つぼマッサージで時間は潰れるだろう。

- 「27名様が空席待ちでございます」 -

  • 昨日、「プッシュ」のために「ANA PLTディスク」に電話をした際に、聞いた人数が27名空席待ちだとのこと。正直半分諦めていたのだが、「困った時の神頼み」でツキの神様にお願いしていた日々。この神様の場合には「ありがとう。感謝します。ついています。」の3ワードだけ知っていれば充分。反対に言ってはいけない言葉は・・・・・・。この3ワードを繰り返し多用するようになってから、私の人生全てが好転してきている。今日、ANAPLTディスクからの電話を受けたのは、秋葉原のヨドバシカメラの店内であった。午前中、客先の講習会に混ぜていただき、「普通救命講習」を受講。その後、「美味しいカキフライ」をご馳走になり、会社の同僚と徘徊していた時のこと。ふいに携帯電話がメロディーを刻む。「会社からか?」と思ったが、会社からなら「ジョーズ」である。メストド1号なら「エブリシング」だし、メストド2号なら「想い出がいっぱい」であるし、友人関係なら「笑点」。取引先によっては、色々(そのときの情勢において替わる)で、通常の着信メロディーは登録外の電話である。ふと、表示された電話番号を見ると、0570・・・・で始まっている。「まさか!ANAからでは?」と思い電話に出る。
  • 「はい。」
  • 「こちら、ANAPLTディスクの○○と申します。オストド様の携帯で宜しいですね。」
  • 「ええ。」
  • 「只今、お時間大丈夫でしょうか?」
  • 「大丈夫ですよ」
  • 「お預かりしておりました、12月30日NH111便のビジネスクラスへのアップグレードの件でございますが・・・・・・」
  • 「えっ?取れた。有難う。感謝します。」
  • 「お席のご希望があれば・・・・・・」
  • 「乗せていただけるだけで・・・・・出来れば、前方席・・・・・」

本当にご支援・ご声援を頂いた皆様に感謝申し上げる。最後に、私のブログを読んでいただいている皆様のご多幸と、「ツキ」をお祈りいたしまして、結果報告とさせていただきます。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カタール航空のチケットはどうなるんでしょう~。 [旅行記・旅関係]

~カタール航空の発券&シートリクエスト~

連日、為替レートを睨んでいたオストド。USDが値下がりすれば、「狂気乱舞」してもっと下がれと願う。(輸出産業の皆様ごめんなさい。)USDが値上がり(つまり、円安)になれば、「嘆き悲しむ」。正しく「一喜一憂の日々」をここ2ヶ月ばかり過ごしていた。我が家の財務大臣でもあり、総理大臣でもあるメストド1号への予算計上は「1人25万円」であったのだが、予算交渉に失敗。と言うより「ご機嫌伺い」に失敗。(← 本当に「営業マン」?と訝る声。多数。)により、「一人当たりのCMB/DOH/KIX/DOH/CMB間の予算は20万円。」との決定を受けていた。つまり、予算内に執行できれば「オストドの勝利」(単に、小遣いが減らずに済む。)予算を超えれば、・・・・・・・・オストドの小遣いが減るわけだ。今回「発券依頼」した航空券代金は、航空券$1640+諸税等$42。  計$1682/人。なので、二人で$3364 さすが、産油国のエアーライン。サーチャージも含まれて・・・・。                              でも、待てよ!日本発券ならサーチャージ結構するんですけど・・・・・・。もしかして、「サーチャージは含まれてません。」と言う『オチ』じゃないだろうな?現在のところでは、往復21400円位(日本・QRサイト)なので、200ドル/人は確保するとして・・・・・・。そうなれば、$3764・・・・。予・予算が・・・・あわない。    まあ、QRのサービスの良さを味わえば・・・・・多分・・・・出して・・・甘いかな?いつまでも、悩んでいないで「ば・ばばん!」と発券依頼メールを送る。VISAで決済。                                            ワンポイントアドバイス!与信枠の有無に係らず、カードディスクに連絡を一本いれておく!そうすれば、不愉快な思いはしないし、「信用度」もアップ。ある程度信用度があがれば、上級ステータスへのお誘いも来ることもある・・・かも。発券依頼を行ったので、QRの日本オフィスにシートリクエストの電話を入れる。CMB/DOH間は現在のところエアバス321の予定と言うことで、12席のビジネスクラスシート(路線によっては、ファーストクラスとなる・・らしい)と165席のエコノミー席だそうだ。DOH/KIX間は1-2-1の配列。センターをリクエストする。ついでに、乗継時間のホテル提供を確認してみたのだが、「チケットの種別がどうのとか、う~ん。イマイチ要領を得ない。まあ現地で交渉しろと言うことらしい。チケットはEチケットなのかペーパーチケットなのかまだ定かではない・・・・・・・のだが。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カタール航空の運航便にご注意! [旅行記・旅関係]

~QRの運行便にご注意!~
先日、「悲しいクリスマスプレゼント」が届いた~!と書きました。
本来、8/12の夜、23:55 関西国際空港発のQR820便のファーストクラスを予約確定させていたのですが、出発時間が30分繰り下げられたのは、「まあ、しょうがないね」なのですけど、「2クラス運行に切替」とのことで、危うく『強制ダウングレード』させられるところでした。
「あわてんぼう」のサンタクーロス見習いが、大事なメッセージを置き忘れ、『配達』したみたいです。
「サンタクロース」に問い合わせたところ、「メッセージを置き忘れていった」とのことで、そのメッセージを受け取りました。
お陰で別の日になりますが、「ファーストクラス」を予約確保することが出来て「一安心」。
機嫌の悪くなった「妻」も旅程が1日短くなりましたが、「ほぼ予定通り」に機嫌が直りました。
ここで、皆様にもそのメッセージをお伝えいたしますので、「5つ星エアーライン・カタール航空ファーストクラス」の旅をなさりたい方は、参考にしてください。
~「サンタクロースからのメッセージ」~
平成20年3月31日よりダイヤ改正に伴い、現在「3クラス運行」のQR821便は機材変更により「2クラス運行」に替わります。
但し、週7便(デイリー)→現在のところ、月・火・水・金・土。
木・日に関しては、「3クラス運行便」のQR1821便となります。
と、いうことは・・・・・ドーハ/関空間の「3クラス運行便」は、水・土となるのでしょう。
「QR・ファーストクラスファン」の皆様には、少し使い勝手が悪くなったみたいです。

近況報告・・・・「じ・時間がな~い。」と喚くオストドとメストド2号。
「1日が50時間くらいあったら・・・・・もっとやれるのに~ィ」
「そうね。1日が50時間だったら・・・睡眠時間がたっぷり摂れて・・・・」と1号。
ちょっと「ちぐはぐ」な家族ですが・・・・・。
どうぞ、皆様素敵なクリスマスを!
                               -by オストド-


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「イン・オン・ザレイク」の予約入れました・・・・。 [旅行記・旅関係]

~「まだ早いかな?」~
先日の連休に「御殿場・プレミアムアウトレット」へ行き、ついでにいつもの温泉!と言うわけで「箱根・仙石原の富士見苑」でたっぷりと温泉のお湯を使い・・・・何故、オストドが飛び込むと、(誰も人が入ってない場合。勿論身体は洗って入ります)お湯があんなにこぼれるのでしょうか?雪を抱いた風景を見ながら、窓を開けて「頭寒足温」ですっかり疲れを取り除いてまいりました。(1泊2食10450円はリーズナブル)
さて、「御殿場」での買い物は・・・・・?
今年の年末のカナダ・オーロラ観察用の防寒グッズを買いに行きました。
結局「セール」につられ、「30000円以上で5000円引き」の暗示をかけられての買い物。総額4万円ちょっとで、マイナス29度くらいまで耐えられるという防寒着2着
毛糸の帽子・フリースの靴下・耳あて・メストドの防寒ズボン。更にエマージャンシ-シート3枚を買ってきました。
そんな準備を着々と進めていたのですが、「ふっとした疑問」が湧いてきました。
「そういや、ホテルの予約。何時からだろう?年末は特に厳しそうだし」
「思い立ったが、吉日」とばかりに、カナダにある日本旅行カナダにメールを送りましたところ、「もう受け付けております。仮予約入れておきました。」との返事。
料金はまだ決まってないようなので、決まってから本予約すればいいとのこと。
これで、ホワイトホース~ホテル間のトランスファーとホテルの予約は回答待ちになります。
防寒用の靴も買ったし、後は・・・・・エアーの予約と前後のホテルを予約するだけ。
お~っと。デジカメもいいものを買わなければいけません。
元写真部(「一体何を撮っていたのか・・・」とのメストド1号の声)のオストドとしては、
デジカメの一眼レフを思い切って・・・清水の舞台から・・・5回ほど落ちて・・・・買うつもりです。多分、お取引先の関係や以前の使用機種から言ってもキャノンかニコンが最有力ですが・・・・・。
これからも珍道中は続くことでしょう。皆様のまたのご来訪心よりお待ちしております。-by オストド-


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「あの~3泊するんですけど・・・・・・いいんですか?」 [旅行記・旅関係]

バンフのホテルを手配しました。
トップシーズン。つまり、クリスマス~年末年始は稼ぎ時。
そこに「他人の迷惑を顧みない」・・・・はっきり言って迷惑な客。
バンフスプリングスなどは、「4泊以上でないと相手にしないよ!」らしい。
ここは「おとなしく」・・・と言うより、面倒くさいので「ルックアメリカ」あたりにホテルのアレンジをしてもらったほうが、良さそうなのだが・・・・・。
バンフスプリングス泊・4日間・往復送迎(カルガリー~バンフ)をつけると、1人80000円近くかかる。
その他にもレンタルスキー代(日本から持ってゆくほど○○ではない)し、リフト代(往復シャトル込)も必要になる。それだけでも二人で4万円ほどの出費だ。
「スキーはお金掛かるから・・・しょうがないね」と、いつもと違うメストド1号。
彼女は「スキーっ子」であり、私は「スケートっ子」・・・・つまり、彼女は優越感に浸れる唯一のスポーツ。
でも、今夏に購入予定のコロンボ/バンコク/成田/シアトルの往復・ビジネスは1人26万円ほど掛る。
いくら、シアトル/バンクーバー/カルガリー/シアトルがアワード発券(サーチャージなどで、1人6000円)
とは言え、少し倹約しなければ・・・・滞在中の食費を削られそうである。
では、ホテルランクを落として・・・・バンフ・インにしても、1人46000円は下らない。
こうなれば、「面倒!」と言えなくなってしまう。
まずは「便利な大通りそば」と検索するも結構な費用になる。・・・まあ「稼ぎ時」だから仕方ない。
試しに、バンフ・インのWebから予約を入れてみる。
「12/30 check in 01/02 check out 1泊 202.12CAD(TAX込・コンチネンタル朝食付)」で、バスタブ付のツイン。「まあ・・・こんぐらいなら、しょうがないか!」とカード保証をする。
送られて来たE-メールを拝見すると・・・・・・「404.24CAD」。つまり2泊分である。
「予約・・・間違えた?」とConfirmationを確認するも・・・・間違えていない。
「料金が決まってないのか?」とも思ったが、Webでは表示されている・・・・・・。
多分・・・2泊分で3泊させてくれるのだろうか?
カルガリー~バンフの移動
またもや「レンタカー?」とも考えたのだが、単純往復なら高くつくだろう。
日本語ドライバーも必要はない・・・・。(混乗・専用)そんな費用も払いたくない。
「じゃあ、グレハン?」と言う方もいるだろうが、答えは「No!」。グレハンは本数が少なすぎる。
答えは「バンフ・エアーポーター http://www.banffairporter.com/scheduled.php 」を利用する。
1人100CAD以下で往復出来る。

まあ、「思惑どおり」進むかどうかは、「運まかせ」も否めないのだが・・・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「オストドの旅支度・・・・・UA大幅値上げ・・・・撃沈」 [旅行記・旅関係]

スリランカ発券・・・急げばよかった

「6月に入ってからの発券でいいか・・・・」 そもそもこれが大間違いの元。
5月に入り・・・連日・・円の上がり下がりに一喜一憂・・・・・・
そこに衝撃的な・・・・メールが舞い込んできたのは6月2日・・・・・・
「はぁ?Zクラス(ビジネス格安クラス廃止!?)なんだそれ・・・・・」
メールではラチが開かないので・・・・・ 予断になるが・・・・「ラチ」どこかで聞いたような気がする。そうだ・・・・防火戸のラッチ・・・・火災を感知すると・・・・重い鋼鉄製扉を開放して・・延焼を防ぐ装置・・・・これも関係あるのかな?

さて・・・・脱線するのは・・・オストドの悪い癖・・・まあ・・・40数年このような(脱線)人生を送ってきたのだから、しょうがない。我が娘などは・・・反面教師にしているみたい・・・・

ラチが開かないので・・・・・思い切って会社の電話・・・オストドは・・・今・・・ポツンとワンフロアーを一人で占有しているので・・・・かけ放題で・・・・国際電話をかける・・・・・日本語ホットダイヤルと言っても・・・まず・・・日本人は出ない。
現在・・・日通ペリカントラベル・・スリランカ支店の日本人は・・・Ms'HAYASHI さん ただ一人。

「ハロー・・・・ミズ・・・ハヤシプリーズ!」
「ジャストモーメント・・・プリーズ・・サー」

それで繋がる場合もあるし・・・・男性スタッフ(結構流暢!?な日本語を話す)が出る場合もある。
「ハヤシさ~んは・・・今・・・ランチに行っているから・・・30分後に掛け直して・・・・」
時計を見れば・・・・確かにスリランカは・・・ランチタイム・・・・「しまった・・・やっぱり・・・ランチ行っちゃったか~」
だが・・・・オストドの出発まで・・・あと・・・2ヶ月ちょっと・・・・ひるんでいるヒマはない。
そこで・・・・電話をかけなおす・・・・・多分・・・・今日まで・・・・5回は掛けている。
とりあえず・・・・「西海岸線はZクラス廃止」の報を受け・・・・BKK/NRT/SEA/NRTの予約をDクラスで入れなおしてもらう・・・・料金は未定だが・・・大幅に上がる見込みとのこと・・・・・・
メストド1号は・・・・北海道の出身で・・・スキーは上手い。何せ・・・・スキー選手だった義理の父に歩くより早く・・・スキーを習っているのだから・・・当然・・・・オストドが唯一・・・・メストド1号に勝てないスポーツ。
オストドの場合は滑るではなく・・・・重力の法則に従い上から下へ落ちるだけ・・・・・以前は直滑降のみだったが・・・最近・・曲がる・止まるを覚えたくらい・・・・・

どうも・・脱線するクセは抜けない・・・本題に戻るが・・・・・今度の年末年始に念願のカナダスキーを楽しみにしていたメストド1号に・・・・料金値上げを告げる。

「どうも・・・・値上げがあるらしい・・・・」
「どのくらい?」
「さあ・・・・一人500ドルは覚悟しないと・・・・」
「しょうがないか・・・・でも・・・料金は1000ドルまで・・・しか予算ないからね」
追加で貰った予算は・・・・二人で1000ドル・・・もちろんサーチャージ等は別途。
そして・・・・料金発表を待っていたオス・・取締役なんだけどね」トドに更なる・・・・悲報が・・・・・・
「1990USドルが・・・・3300USドル?正気なの・・それ・・・・」
サーチャージを含めると・・・・二人で・・・・・80万円を超えてしまう・・・・・とても・・・・無理な話。
結局・・・・・・「まあ・・・あんたが・・・・偉くなったら・・・・それで行けばいい・・・・」
「あの・・・・今でも・
「給料が上がったらの話!」
「社長になれば・・・・・・笑い話にできるけどね・・・・・・・いいかげん・・・引退しないかな・・・親父!」
「まあ・・・死ぬまで・・・引退しないよね・・・多分」
「俺のほうが・・・・早死にしそう・・・・・週平均73時間は働きすぎだよね・・・・残業代なんか月25時間分打ち切りなのに・・・・」
「まあ・・・・しょうがないでしょ・・・・勤務中にブログ書いているんだから・・・・・」
「確かに・・・・・」

こんな理由(どんな理由なんだと・・・・突っ込まないでください・・・)で・・・・オイオイ・・・夏スリランカに行って・・・・年末もスリランカ・・・・・の日程が待っていそう・・・・・・

因みに・・・・エミレーツキャンペーンか・・・・・・・キャセイに浮気するか?・・・・・・UAに振り回されるのはもう沢山。
そうだ・・・・SFCになったことだし・・・・今度はワンワールドに切り替えようかな・・・・・・・

そこで・・・・・・・エミレーツのコロンボ/ドバイ/イーチョン (日本行きは高すぎ・・・)のファーストクラス往復かキャセイパシフィックのコロンボ/バンコク/香港/成田のビジネスクラスの往復をリクエストすることにした・・・・・

結果は・・・・また今度・・・・・ご報告したいと思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドの旅支度!「CXの発券しました」 [旅行記・旅関係]

CXへの乗り換え

UAのべらぼうな値上げ・・・・一気に65%の値上げ・・・・・とてもじゃありませんが・・・・薄給の身では・・・乗れません。
泣く泣く・・・・年末・年始の・・・・ACのチケット(6000マイル損)と慣れたくもない・・・英文作成でバンフのホテルへキャンセルメール送付。ソシテ・・シアトルのウエスティンホテルを手放し・・・・・ふう。
CXの予約を必死にお願いして入手。そうしなければ・・・・コロンボから帰れなくなるオストド&メストド1号。
関空から・・・・カタール航空のファーストクラスで出発して・・・悲劇の地ドーハを経由・・・・
ドーハ/コロンボ間はファーストがないので・・・ビジネスクラス。延々・・直行便のある成田空港近くに住んでいながら・・・
飛行機を2回も乗り継ぎ・・・・羽田を出発してから・・・23時間もかけてコロンボへたどり着くんですけど・・・
現地滞在は・・・・33時間・・・・夜中にバンコクまで・・・CXのビジネスで飛んで・・・・・ミレニアム・ヒルトンに2泊。
メストド1号の機嫌をとるのに・・・リバビューのスィートをリザーブ。それで・・・・バンコクからの直行便じゃなくて・・・・香港経由で帰国する・・・・馬鹿ップル。・・・・・

まあ・・・飛行機好きには堪えられませんけど・・・・・因みに復路は成田を出てから延々14時間ほどかけて・・・コロンボへ戻ります。でも・・そのお値段・・・・
ビジネスクラスで・・・・1196USD/人・・・サーチャージ・TAXで・・・一人252USD・・・・・や・・・安い。
早速・・予約が取れたので・・・・どど~ん!と発券!ついでに・・・・羽田/関空もANAビジネス特割で・・・一人15100円。で発券・・・・・・・

ここで・・・・問題がひとつ・・・・・
昨日・・開通した・・・・東京メトロ副都心線の2駅に関与していたオストド。今度は羽田空港のお仕事が待っていそうな・・・・・気が・・・・・・
そうなると・・・・お休みとれるのでしょうか?
メストド1号曰く・・・・「別に・・あたし一人でも行って来るから・・・・勝手知ったるところだもの・・・・」
そうです・・・・

メストド1号は・・・・・有言実行型人間つまり・・・・オストドはどうでもよく・・・
自分だけでも行動する人間。
そして・・・・オストドは・・・・「有言不実行型」に最近陥りやすく・・・・・・だって・・・・仕事終らない~。
日曜日も祭日も祝日も返上して・・・・朝7時~夜10時まで働いても・・・・・なくならないのが仕事!
そこで・・・オストド・・・・決心しました・・・・・「休みくれなきゃ・・・会社辞めてやる~」と宣言。
しかし・・・・そこに冷めた視線ノメストド2号・・・・・「無理だね・・・やめさせてくれるわけないでしょ・・・おじいちゃんの会社なんだから・・・・」
確かにそうです・・・・やめられないかもしれません。しょうがないので・・・・前日まで・・・・旅行の件は黙っています。
そして・・・帰りがけに・・・・「明日から・・・・休むぅ~」と宣言して・・・家に帰らず・・・空港へ直行して出発してしまえば・・・・追いかけて来れません。
今度の旅に名前をつけるとしたら・・・・・カタール航空ファースト&ビジネスクラスで行くコロンボ・バンコクの休日6日間。
また・・・・珍道中になりそうな気もなくはないのですが・・・・ちょっとハイクラスな旅になりそうです。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オストドの旅支度 「温泉に行きたい!」 [旅行記・旅関係]

入浴前に効果あり!?

最近・・・・メストド1号は「ストレス性胃炎」と言うか胃潰瘍になる一歩寸前。
某大手都市銀行にフルタイムで勤務しているのだが・・・・そこに某派遣企業から派遣されている厚顔無恥の女性の傍若無人な振る舞いに振り回されいるらしい・・・・
我々・・一般人とは「縁もゆかりもない・・・」また・・・会社経営者にとって・・・「出来れば近寄りたくもない」法人向け融資部門に勤務している。
窓口とか一般人に目のつくところに勤務している人間には、「制服」があるが・・・彼女らには制服なんぞないのがそもそもの原因らしい。一応・・服装規定はあるのだが・・・そんなものは・・・「お構いなし」とばかりに相当の巨体を今風の若い女の子が着るような服で・・・事務所をうろつく。それに・・就業中・・居眠りをする・・・床をサンダル履きで・・・ずっこずっこ引き摺って歩く・・・・仕事をさせれば・・・間違える。男性行員の中には・・・・「彼女には仕事を任せられない。唯一任せられるものは力仕事だけ・・・」とか「彼女のおかげで・・・ケ・セラセラの精神を学ぶことが出来ました」とまで言われているそうだ。さらに・・・旦那が横領で会社を解雇されたことをしゃべったり・・・・「そんなこと言うものじゃない」と注意すると
「それがそんなに悪いことなのでしょうか?」と常識外れも著しい人間。
そんな彼女を見ても注意すらしないのが・・・・「次長」と言われる上司。まあ・・・彼らは、2~3年我慢すれば・・・次の転勤で移動してゆくのだから・・・注意もしない・・・逆に・・「相談」したメストド1号に対して・・・無視するよう指導するのだから・・・・・呆れる始末。そんなお坊ちゃまのエリート集団がゴロゴロ存在するのが・・・大手都市銀行なのだ。
「高いお時給は我慢料だと思え!」と言い続けてきたオストド。しかし・・・メストド1号は・・・「何とかして立ち直らせてあげたい」その一心だったらしいのだが・・・・とうとう・・・自分の胃を壊しかけてしまったのだ・・・・

そこで・・・・「温泉に行きたい!」と喚いていたメストド1号に普段の感謝を込めて・・・・温泉にでも連れて行くことにした。まだ・・・予約を取っただけ・・・・出発も1ヶ月先・・・・・なのに・・・メストド1号の体調は改善されてきたから・・・・不思議。まあ・・・・疲れ果てて帰ってくると・・・・旅館のWebを見て・・・あと何日と指折り数えて待つ姿に・・・・・オストドは遠足を楽しみに・・・指折り数えていた子供時代を思い出したのである。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「オストドのひとりごと」 旅のスタイルは人それぞれ・・・・ [旅行記・旅関係]

勿体無いは・・・・究極のリゾート!

ツアコン出身のオストド。様々な場所に多くのお客様を連れて・・・分刻みのスケジュールを消化してきた身でこんなことを言うと・・・・大きく分けて2通りの回答を得ることがある。
特に最近、韓国発券・シンガポール発券・Webでの海外発券・・・そして・・・聖域であるスリランカ発券をしているオストド&メストド1号。
ついでに・・途中下車して(ストップオーバー)仕事をしたり・・・(現在も・・・航空券上ではストップオーバーつまり旅程上にいる・・・)やプールサイドでのんびりするリゾートを味わう。
だから・・・ただ・・・航空券購入のために年1回は最低スリランカに闖入(滞在とも・・・不法入国?とも・・・・時間の無駄遣いとも・・・言う輩がいる)しているのだが・・・・

「今年の夏休みはどちらへ?」 と聞かれることが最近多い。
「はぁ・・・コロンボへ・・・・」
「それ・・・どちらですか?喫茶店かカレー屋ですか?」と」聞き返す方もおられるし・・・
「えっ?コロンボって・・・あのスリランカのですか?」と聞き返す方もいる。
「あそこ・・・何か見るべきものがあるのですか?」とか「何か買うものがあるんですか?」と聞く方もいる・・・・
「見るものねえ~空港からホテルへ向かう間の検問所くらいですかねぇ~」とか「象の孤児院やサファリもありますし・・・」等答えることにしている・・・・
「買う物は?」と聞かれれば・・・・「はぁ・・・紅茶とか宝石の類・・・あとは・・・航空券ですかね」と答えるのだ。
今年の夏のルートを詳しく説明すると・・・・・とうとう・・・頭が狂ったらしいとか噂を立てられることも多い。
彼らに言わせると・・・「直行便があるのに、なんで中東経由なんですか?」と聞いてくる人もいるし・・・気が狂ったと思われても仕方ないのかもしれない。
何せ・・・往路だけでも・・・2回の乗り継ぎ。復路も2回乗り継いで日本に出かせぎに戻るのだから・・・・
さらに・・・「それで・・・スリランカでは何をされるのですか?」と質問を受けることが多い。
「はぁ・・・朝の光で目覚めて・・・腹が減ればメシ喰って・・・・あとはプールサイドで・・・読書か昼寝・・・・暑くなればプールに飛び込んで・・・・夜は暗くなったら寝る・・・くらいですねぇ~」
「そんなんだったら・・・国内でもいいんじゃないんですか?」
「はぁ・・・飛行機に乗りたいもので・・・・・」

やっぱり・・・・馬鹿とか気が狂ったと思われても仕方がない。遺跡にも観光にも興味がないわけではない。
象にも乗ってみたいと思うこともある。でも・・・・普段時間に追われる生活をしている身にとって・・・・偶に時間の無駄遣い、お金の無駄遣いにしか思えないだろう・・・・何もしない、ただ時間の流れを感じるだけの旅こそ・・・究極のリゾートなのだ・・・私はそう言いたいのだが・・・・・・・

「ねえ・・・本当に50分で間に合うの?」

これは・・・メストド1号の素朴な疑問。
「間に合うんじゃないの?CXの予約で大丈夫だから・・・薦めているんじゃないの?」
「まあ・・・間に合うか間に合わないかは・・・・CX次第だしね・・・」
「間に合わなかったら?」
「天候など自然災害は免責だけどねえ・・・それ以外はCXの責任で・・・ホテルと翌日の席確保してくれるんじゃない?」

今回のスケジュールは、羽田→関空→ドーハ→コロンボ→バンコク→香港→成田。
羽田を21時にANAで出発。関空でQRのファーストに乗り込みドーハ。ここでQRのビジネスでコロンボ。
1泊半して・・・出発ギリギリまで部屋を使いたいので・・・コロンボ・ヒルトンのエグゼクティブフロアー2泊確保。
深夜、CXのビジネスでバンコクに早朝着。すぐ・・・ミレニアム・ヒルトンに向かい2泊。ここでは・・・エグゼクティブ・リバビュースィートを確保。昼ちょっと前のCXビジネスで香港へ・・・・・香港に3時過ぎに到着して・・・4時過ぎに出発。成田には夜9時半ごろ帰ってくるのだが・・・・
メストド1号の言っている・・50分は香港での乗り継ぎ時間のことである。

「多分・・・ボーディングブリッジに係員のお迎えでもあるんじゃないのかな・・・・・」
「多分じゃ困るでしょう・・・・」
「そんなこと言っても・・・新しい空港1回しか行ってないじゃん」
「荷物は?」
「迷子になるかも・・・・そうしたら・・・CXに家まで運んでもらって・・・・」
「飛行機が遅れたら?」
「そうだな・・・・成田の制限もあるからね。・・・・・積み残される危険はあるわな・・・・・」
「それだけで・・済めばいいけど・・・・」
「台風もあるしね・・・・まあ・・・トラブルもトラベルの一種だと思っていたほうが・・・・・」
「ばかぁ~!まったく・・・・何時になったら・・・優雅で時間もお金も気にしない旅ができるのかしら・・・この行程じゃ3泊6日じゃないの・・・・」
「うん・・・・しょうがないじゃない・・・・・エコノミーは嫌でしょう・・・・」
「まあね・・・・」
「予算もくれないし・・・・」
「あんたがもっと稼げばあげるわよ・・・・」
「時間はとれないし・・・・」
「本当・・・人遣い荒い会社よね・・・・お父さんの会社」
「だね・・・・本当は2週間から・・・3週間休みたいけどね・・・・・」

こうして・・・旅の支度も終った。ANAもCXも発券したし・・・・ホテル代も早割り21で払い込んだ。後は・・・・ホテルのリムジンの手配を旅の1ヶ月前にすれば・・・・ノープロブレムなのだが・・・・・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドの旅支度「慌てちゃ駄目よぉ~」 [旅行記・旅関係]

キャセイパシフィックの航空券・・・いつ入手出来るの?

UAの暴挙!?のせいで・・・・すっかり予定の狂った今年の旅行計画。
私は声を大にして言いたい・・・・「UAの馬鹿やろう!二度と乗らないからな!」 (訂正・・・乗らないではなく・・・乗れなくなった・・・高すぎて・・・)

「どーすんのよ!あんた・・・カタール航空の復路捨てる気なの?」

捨てる気など毛頭にもない・・・・必死こいて・・・国際電話を掛け捲るオストド。多分電話代1万円くらい掛かったと思うけど・・・・週72時間以上働いて・・・・一日あたり3時間。年間800時間ほどサービス残業してるんだから・・・電話代ぐらいいいよね・・・お父様・・じゃなくて・・・社長!

やっとの思いで・・・CX (キャセイパシフィック)の予約がFIXして・・一安心。
そー言えば・・・昔・昔・・その昔・・・・オストドがまだ・・・空飛ぶ食欲魔人にもオストドにも・・・・なっていない・・・・純真無垢の頃・・・(何ですか?お前にそんな時代あったのか?・・・あったんです・・・とお~い昔ですけど・・・・)
「大きくなったら飛行機のうんてんしゅ・・・」とほざいていた・・・ガキいや・・・天使と呼ばれているころが・・・・・
多少・・・天使が悪魔の申し子に変わりかけていた頃に入手した・・・1本のカセットテープ・・・ふ・・ふるい・・・・
そのカセットテープに入っていたのが・・・・キャセイパシフィックのコックピットと管制塔の交信・・・。
空に憧れを更に・・強めていった頃でございます。
何故・・・そのキャセイパシフィックを選んだのか?飛行機にたっぷり乗れて・・・・バンコクで途中下車(ストップオーバー/24時間以上の滞在)が出来て・・・・成田まで・・・とってもリーズナブルなビジネスクラス。
お一人様・・・・1196USD・・・あの悪名高きサーチャージや空港使用料もトータルで・・・えっ251USD?
お二人様で・・・・2894USDとお手ごろなんでございます。

サーチャージが上がると・・・オストドの血圧は上がり・・・そして・・・メストド1号の眉間に皺が一本出来るので・・・・
さっさと・・発券してしまえと・・・代金を払ったのが・・・6月12日・・・・Web決済を済ませましたが・・・・・本日只今6月24日午前11時現在・・・・E-チケット情報は送られてきません・・・・

「アンタ・・問い合わせしてみなさいよ!」と言われメールを送ったのが・・・6月18日・・・・翌日お返事いただき・・・
「只今・・・発券枚数が非常に多く・・順番に発券してます」との回答。

日本の旅行社相手なら・・・「さっさと発券しろ!」と喚く・・オストドでございますが・・・・
相手は・・インド洋の浮かぶ・・・数少ない親日国家スリランカです。
暑い国は・・・ちょっとルーズなのは仕方ないこと・・・・気を長くして・・・・今週一杯待ちましょう・・・・

ここで・・・スリランカ発券をしたい方に一言。

「気の短い人間には不向きです。」
「日本と同じ商取引は存在しません・・・・」
「すべてが・・・自己責任!トラブルも楽しいもの・・・・と割り切る心が必要」

さあ・・・あなたもスリランカで発券してみませんか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドの旅支度・・・・「カ・カタール航空のバカヤロウ!」 [旅行記・旅関係]

国際運送約款って・・・・一方的だよね

先日・・・と言っても今年の始め頃・・・・・

「はぁ?ダウングレード?・・何~それ!」

カタール航空のバカヤロウの話。3クラス運行から2クラス運行になりました・・・・一方的な通達で・・・
雀の涙のリファンドで・・・・折角のファーストクラスをビジネスクラスにダウングレードされた方もいる。
幸いというか・・・・スケジュールを調べ上げ・・・「QR1821便(関空→ドーハ)は3クラス運行だ!」と調べ上げ・・・・
「8月まで・・何も起きるな・・いいな!」
ところが・・・本日のこと。

「あれ?カタール航空って・・・そういえばリコンファームいるんだったよな?確認しよう・・・・」と
カタール航空のオフィスに電話を掛けたのが・・・・・悲劇の始まり・・・・

オ:「あのさ~オタク・・・リコンファームいるんだっけ?」
予:「はい・・必要でございますが・・・」
オ:「いつまでにすればいいんだっけ?」 (あの・・・エミレーツもいらなくなったのに・・・・)
予:「いつのご出発でございましょう?」
オ:「8月○日なんだけど・・・ファーストクラス2名・・・・」
予:「あの・・・お客様の予約番号を教えていただけませんか?」 (嫌な予感・・・・)
オ:「○△*X・・・だけど・・・」
予:「その日は・・生憎2クラス運行になりまして・・・・ビジネスクラスにダウングレード・・・・

結局・・・リファンドか特別補償らしいのだけど・・・・いやあ・・日本の予約センターのオペレーターも凄い発言・・・・一応・・・ファーストクラスのチケット持っているんだけど・・・・それもカタール航空のコロンボ支店の言い値で買った・・・・・そりゃ・・正規料金じゃない・・・予約クラスAだけど・・・・
このオペレーターなんて言ったと思います?

「本社とコロンボ巻き込んでどうするか決定するから・・・・・」

「はあ?なに・・それ・・・・」
さすがは・・・スカイトラックス社認定・・・5つ星エアーライン!お高く留まっていらっしゃること・・・・けっ!
立派な契約違反なんだけどなぁ~・・・・・普通の契約だったら・・・ペネルティーもの・・・・ですよね。
そこで・・・・IATAの国際運送約款なるものを紐解くことに・・・・・
「お客には厳しく・・・身内には甘い・・・・お手盛りの内容・・・・」

そこには・・・「差額の返金・・云々・・・・」

そこへ・・・オペレーターの放った・・・一言が頭の中をぐるぐる・・・・・
「航空券によっては・・差額の返金ない場合もございます・・・・」

「ふ・・ふざけるなぁ~」

「差額の返金なんかいらねえから・・・3クラス機材で運行しろ!」 私の悲痛の雄たけび・・・・

まあ・・・交渉結果は・・・・ここで・・・大公開させていただく・・・・ことに・・・・・

いくら・・・オストドがトラブルコンダクターでも・・・これは・・・・受け入れがたい話!だよなあ~。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オストドの旅支度「ふ・・振り替え輸送!?」 [旅行記・旅関係]

やっぱり・・・・個別交渉だよなあ~

中東のとある国のエアーライン・・・まあ・・・カタール航空ですけど・・・・
先日・・・「バカヤロー」と書きましたが、さすが・・・石油成金の国。
投機筋の大馬鹿やろうのおかげで・・・・1バレル・・・140ドルを簡単に超え・・・・そのうちガソリン1リッター200円になるんじゃないかと・・・・・
そのせいで・・・ガッポガッポ稼いでいらっしゃる・・・国は・・・・結構太っ腹!
エミレーツ航空のファーストクラス・・・・乗りたくてもお値段が高くて乗れなくて・・・・カタール航空のファーストクラスの航空券をやっとの思いで・・・・清水の舞台から飛び降りること・・数度で購入してたオストド&メストド1号。
今年の正月に・・・コロンボ/ドーハをビジネスクラス(ファーストは存在しない)を飛んで・・・・ドーハ/関空をファーストクラスで飛んできたのが・・・昨日のよう・・・・・
それだって・・・ダウングレードされるかもしんない・・・と言う中・・・ヒヤヒヤもの・・・・。
先日、正式に3クラス運行→2クラス運行になった・・・・・・と言うわけで・・・・強制ダウングレード。
怒りにまかせて・・・・「バカヤロウ!」と書いたわけなんだけど・・・・・・
ブログに書いたくらいじゃ・・・気が治まらないので・・・・・現地旅行社のおすすめ(見放しなのかな?)もあって・・・・
カタール航空の日本支社と交渉をした・・・・オストド。

その結果・・・・・本日・・昼休みもパンをかじりながら・・・建設現場と会社を行ったり来たり・・・束の間のお昼寝を貪っているところに・・・・携帯電話の着メロが鳴り響く・・・・・
カタール航空さんの担当Mさんからの電話。

「エミレーツさんに振り替えで宜しいでしょうか?」
「・・・・・・・?」 寝ぼけているオストド・・・・
「エミレーツ航空さんのファーストクラスでドバイへそこから・・・私どものドバイ/ドーハ/コロンボ・・・コロンボには予定通りの到着でございます・・・・」
「ええ・・・それで・・・よろしくお願いします。」

ところが・・・・そこに落とし穴!

落とし穴1・・・・羽田/関空間のフライト変更の必要が生じる。
ビジ割で取っていたから・・・二人分で2840円・・・・まあ・・・こんぐらいはしょうがないでs・・・・

落とし穴2・・・・チケットは関空受け取り!?
カタールのカウンターオープンは、21時55分・・・・それから・・・・エミレーツのカウンターへ走れという・・・・
出発は23:15分・・・・間に合うといいけどなあ・・・・出国審査・・・

落とし穴3・・・・確認電話。
ちょっと疑問に思ったので・・・エミレーツに電話・・・・「あの~一人分・・・オストドさまの予約しかいただいてませんが」
やられたぁ・・・・・すかさず・・・カタール航空のMさんに電話。
「どのようなご用件・・・」 (もうあんたとは縁きったんだけど・・一体どんな用なのさ・・・・)
「あのさ・・・メストドの分はどうなってんの?」
「えっ・・・あっ・・・・・・」
「一応さぁ・・・・夫婦なんだから・・・・一緒に行動するの当たり前でしょ・・・・同じ行程にして・・・・」
「た・・大変失礼いたしました・・・早速・・・・手続きに・・・・・」

やっぱ・・・リコンファーム・・・確認電話が必要なんだなぁ~とつくづく・・しみじみ・・・そう思う今日この頃。

どうやって・・・交渉したかは・・・・のちほど・・・・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「オストドのひとりごと」 ヒルトンに釣られた・・・オストド? [旅行記・旅関係]

ヒルトンのステータスが上がったぞぉ~!

去年の暮れ・・・確かにコロンボにいた。
そして今年・・・コロンボとバンコク・・・3滞在しかしてない。まして宿泊だって・・・10泊も・・・していない。
ヒルトンHのステータスが上がるわけがない。
しがない・・・ブルー会員。ンでステータスが上がったのか解らない。
まあ・・・唯一考えられるのは・・・全ての滞在でエグゼクティブ・フロアーに泊まったことだけ。

なのに・・・ステータスが上がった。

何故・・解ったのか?それは・・・

「ねえ・・・成田にヒルトンなかったっけ・・・」
「あるけど・・・・」
「そこ・・泊まったら・・朝・・早起きしないで済むよね。」
「そりゃあ・・・1時間くらいだけど・・・・」
「幾らくらい?」
「1万円前後でしょ・・・朝食は付かないけど」
「駐車料金が・・・6000円でしょ・・・そうだ・・・駐車料金は?」
「多分・・・・1週間はタダ・・・・それに・・・ポイントは充分あるから・・・・宿泊料金もタダ!」
「それなら・・さっさと予約してくれる?」

まあ・・・今度の年末は成田を朝9時15分に離陸・・・・そして香港・バンコクを経由してコロンボには、日本時間の朝4時そして・・・・そのまま折り返し便でバンコクに戻る。
バンコク着は6時25分だから・・日本時間で言えば・・・8時25分。
幾らビジネスクラス利用でも・・・・23時間以上・・・・そこから・・滞在地のホアヒンまで行くわけだから・・・26時間いや・・・入国審査の時間もあるから・・・多分28時間以上・・・

次の日・・・ヒルトンのWebdポイントを確認しようとアカウントを覗いたところ・・・・

「はぁ?シルバー???何でだ!・・・もしかして・・これが・・・いわゆる・釣り上げって奴か?」

成田ヒルトンをポイント宿泊で予約。ツイデニ・・ステータスを確認すると・・・・確かにシルバーになっているらしい。
しばらくして・・・手元に送られてきた・・・・シルバーVIP会員証。

こうなると・・オストドの血が騒ぐ。そういえば・・・ANAの修行をしたのも・・SFCカードを手に入れるためだけに・・用もなにもない羽田/沖縄を何度も乗った。呼び寄せチケットでアシアナのビジネスでソウル・・そしてSQのビジネスでシンガポール・・・そしてニューアーク・・・シンガポール・・バンコクと廻り・・・5万フライトポイントを超え・・プラチナになり・・・SFCを手に入れた。これで・・・ANAが規約を変えなければ、年会費を払い続ければ・・スターアライアンスゴールド。
まあ・・・ANAも規約を変えないだろう・・もし・・そんな事をしたら・・・ANAはたちまち・・・見捨てられる。

シルバーVIPもいいけど・・・ゴールドVIPはもっといいらしい。しかし・・そこには高いハードルが設定されている。16滞在・・・無理だ・・そんなヒマはない。36泊・・・・出張がない限り・・無理。今のオストドの会社では海外出張なんか皆無。60000ポイント・・・すべてオーナーズポイントにしても・・1米ドルあたり・・15ポイント。4000ドルも使えない。
そこで・・目をつけたのは・・・・三井住友VISA。
オストドは一枚既にゴールドカードが三井住友から貸与されている・・果たしてもう一枚来るのだろうか?
とりあえず・・・オンラインで申し込み。
それから・・・2日ほどで・・・三井住友VISAからメールが届く。
「審査の結果・・・・云々」まあ・・・発行されるらしい。

どうやら・・・これからも・・・ヒルトンがどこへ行っても・・・宿泊するメインホテルになる。完全に撒き餌のシルバーVIP野中に隠されていた釣り針を完全に飲み込み・・・釣り上げられたらしい・・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドの旅支度・・・・・CXの発券!終了・・・・ [旅行記・旅関係]

一本のメールから・・・・

「10月1日が発券期限ですが・・・・」とメールが届く。
そのメールが届いたころ・・・・メストド1号は2号と共に・・・優雅?かどうだかプチ留学中。
無事帰国したら・・・発券依頼を掛ければいいや・・・・そう思っていた。
24日夜・・スリランカえ発見依頼の電話を入れる。何せ・・・無料通話が余っているのだから・・・国際電話代も惜しくない。
25日朝には・・・決済画面がメールに添付されて送られてきたていたので、即座にVISAカードで決済。
26日朝には・・・決済お礼のメールが届いていた。そして・・・昨夜・・・取引先の社長の通夜から戻リ・・PCでメールをチェックすると・・・・

「E-チケットでございます」とメールが届いていた。添付されていたのは・・・・今年の暮れのコロンボ発バンコク・香港経由・・成田行き・・・そして復路は・・・・来年夏の成田発香港・バンコク経由コロンボ行き。
すべて・・・キャセイパシフィック航空のビジネスクラス。
サーチャージ・空港利用税を含めても・・・一人1650USドル。

1マイル獲得に要する費用は・・・・・16円くらいなんだろうか・・・・・2往復すれば・・・香港へ・・・・これが3年加算できるのだから・・・・やめられない・・・止まらない・・・・コロンボ発券である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストド&メストド1号 「強羅温泉・・・・竹の葉の晩御飯」 [旅行記・旅関係]

「小さい・・・胃袋が恨めしい・・・」

午後6時から・・・・晩御飯。

「カ・・・・カニ!?」 覚悟を決めるオストド・・・・メストド1号は手が汚れるのが嫌い・・・・

「剥いてくれたら・・食べるけど・・・」 「了解!」

そういえば・・・カニは敬遠していたのだ。

オストドがセミノーマというガンの一種に罹った年の暮れ。山陰・・・玉造温泉と松江温泉に出かけたことがある。

もちろん・・・2日間共・・カニ尽くし・・・オストドがせっせと剥いては・・・メストド1号は口に運んでいた。

それ以来・・・カニは・・・オストドの食物ではなくなったのだが・・・・・

今日は剥かねばなるまい・・・まず・・・自分の前にある皿のカニの身をほぐし・・・メストド1号に渡す。それと引き換えに

また・・・カニの皿が渡されるのだ。

今日の晩御飯のメニュー

食前酒(梅酒)・前菜(ローストビーフ・鰻の蒲焼・インゲンの和え物・チーズ豆腐?・黒豆入卵かまぼこ風・ホタテの燻製)・湯葉刺し・珍味(数の子のおろし和え・イカのお造り・いくらのせ)・蒸し物(エビしんじょう湯葉包み・キノコあんかけ)・茹でカニ・天ぷら(エビ・季節のかきあげ)・お造り(タコ・イナダ・マグロ)・スキヤキ(生卵添え)・香の物・赤だし・水菓子

温かいものは・・・熱く・・・冷たいものは・・・冷たく。タイミングよくテーブルにサーブされる。

メストド1号より・・・ローストビーフ・鰻の蒲焼・スキヤキ(肉一枚・・試食済み)が供されたので、お返しにタコ刺し・チーズ

豆腐をメストド1号のお皿の上に・・・・

飲み物は・・・梅酒ロック(@525)を1杯ずつ・・・・

因みに・・・今日の宿泊代金はこれで・・・11400円(入湯税別)は・・・リーズナブル。

しかし・・・・ここ・・・・男の客より・・・女性客のほうが多いのは・・・・なんでだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オストド&メストド1号 「強羅温泉・・・竹の葉の朝ごはんと帰路・・・・」 [旅行記・旅関係]

焼きたての魚に感激・・・・

決して・・・広くない。わずか・・・10室くらいの小さな宿。
お風呂だって・・・家庭のお風呂よりは広いけど・・・小さめのお風呂と・・・露天風呂(その差は目を見張るけど・・)
部屋だって・・決して豪華じゃない。入り口を入ったところにトイレ(水洗・暖房便座・・・ウォシュレットではない)
上がり口には畳が2枚。襖を開けて中に入ると8畳の和室。それに2畳強の広縁・・・
そこに三面鏡・小さなテーブルに椅子が2個。洗面台。
アメニティーは浴衣・丹前・貸バスタオル・タオル(お持ち帰り自由のやつ)・歯ブラシ。ドライヤーは風呂場にしかない。
空っぽの冷蔵庫(持ち込みOK!ただし・・・ゴミの持ち帰り)湯沸し保温ポット。耐火金庫。
布団を敷くのはセルフ・・・・つまり・・・自由な空間提供。エアコンも完備・・・窓の外に目をやれば・・・箱根の大文字焼きの大の字が見える。テレビは小さめの14インチ。
建物や室内も古い・・・しかし・・・本当にお客をもてなすという心を持った従業員たち。
誰にも・・・教えたくない・・・オストド&メストド1号の隠れ宿だけど・・・・繁盛して欲しい宿の一軒。
フロント(昔の帳場)横にあるロビーに通されれば・・・心地よいジャズが流れ・・・大広間では和の心が随時に見られる。

朝ごはんのメニュー

焚きたてごはん>なめこ入り味噌汁(のりの香りがうれしい)納豆・温泉卵・かまぼこ・昆布の佃煮・冷奴・膾・味つき海苔・オカラの煮付け・きんぴらごぼう・焼き魚(しゃけだった・・・焼きたてで美味)

食べ放題のビュッフェも好きだけど・・・自分のために用意された心づくしの朝食。
ここで・・・委託販売している温泉餅も手ごろな値段のお土産・・5個・7個・10個入りが・・1個あたり105円。(税込)
これも喜ばれる・・お土産のひとつ。


強羅温泉 竹の葉



Webは・・・「竹の葉 強羅温泉」で検索してほしい・・・

これだけ・・・至れりつくせりで・・・オストドが支払ったのは・・・・

宿泊費(サ・税・入湯込み) 23100円(二人分)と夕食時の梅酒 2杯 1050円・お土産 温泉餅(5ヶ・7ヶ 各1袋)
合計・・・25410円は・・・・・とってもリーズナブル。(これより・・・一人1000円安いプランもあるけど・・夕食の内容が異なる)

帰路

9:45チェックアウト・・・駐車場は狭いし・・坂の途中なので・・・バックで入庫して正解。
坂道をどんどこ・・・下る。T字路を右折してすぐの踏み切りを左折・・・急坂を道なりに下る。宮城野から御殿場方面へ
・・・・・おかしい。いつも・・・こんなに混んでいるはずがない。夕方ならともかく・・・今は午前中・・・帰り車だって少ないはず・・・・何故だ?
答えは・・・先日の土砂崩れの防砂ダムの工事の関係で・・・警察・消防署のパトロールで・・車線規制があったため・・・
そこを抜けたら・・・いつものようにスムース・・・・こうでなくちゃ・・・嘘・・・・
御殿場インターを駆け上がり・・・一路・東京へ・・・

「おかしいな・・・何かある。」 オストドが叫ぶ。

普段・・・ビュンビュンかっ飛んで走っているのに・・・心にブレーキを掛ける。
コレが・・大正解・・・・あちらこちらで・・・・ネズミ捕り・・・・。

東京インターからそのまま・・・首都高へ・・・レインボーブリッジを渡り・・・湾岸線を経由して・・・船堀出口。
江戸川競艇の横をすり抜け・・・自宅の駐車場でエンジンを止めたのが・・・・12時10分。
所要時間・・・2時間25分はまあまあ・・・の時間。

ETCのおかげで・・・首都高速 560円x2・東名高速 1800円x2 の旅は・・・こうして幕を閉じた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お詫び! [旅行記・旅関係]

お詫び申し上げます。

折角・・連日のお越しいただいている皆様!

オストドは・・・11月28日より・・・12月1日まで・・・台湾旅行中です。(多分・・・・)

申し訳けございませんが・・・更新お休みさせていただきます。

皆様もお風邪など召しませぬように・・・・

無事・・・逮捕されたり・・・監禁されたり・・・殺されたり・・しなければ・・・・

帰国後、旅行記をUPさせていただきます。それまで・・・どうか・・・

オストドをお忘れなき様お願い申し上げます。

-空飛ぶ食欲魔人ことオストド。-



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旅行記に・・・メストドの旅行記を追加しました。 [旅行記・旅関係]

オストドです。

メストド1号の旅行記を・・・・オストド&メストドのお騒がせ珍騒動の旅・・・ホアヒン編 ③に追記いたしました。

こちらもよろしく・・・お願いいたします。 (こちらからお読みいただけます。)

-空飛ぶ食欲魔人こと・・・オストド。-
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旅行記・・追記しましたぁ~ [旅行記・旅関係]

オストドでございます。

オストド&メストドのお騒がせ珍騒動の旅・・・ホアヒン編 ④にメストドの旅行記を追記いたしました。

こちら・・・からお読みいただけます。)

旅行記全体はまだ・・執筆中ですけど・・・こちら・・からお入りいただけます。

これからも・・・どうぞ宜しくお願いいたします・・・・空飛ぶ食欲魔人ことオストド・・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅行記に追記しましたぁ~ [旅行記・旅関係]

オストドです。

本日・・・メストドの旅行記を一部追記しました

こちら・・・・からお入りいただけます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オストド&メストドのお騒がせ珍騒動の旅・・・ホアヒン編 ⑥にメストド旅行記追記しましたぁ~ [旅行記・旅関係]

オストドでございます。

オストド&メストドのお騒がせ珍騒動の旅・・・ホアヒン編 ⑥にメストドの旅行記を追記いたしました

コチラ・・・からお入りいただけます。

どうぞ・・よろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お待たせいたしました・・・アップのお知らせ [旅行記・旅関係]

オストドでございます。

いつも・・私ことオストドとメストド1号の旅行記をお読みいただきありがとうございます。

珍騒動記⑧をアップいたしました。

この先は・・・メストド1号の原稿の出来上がりを待っております。

何せ・・・オストド。「今回の滞在の部分は・・任せたぁ~!」と宣言して・・・・

子猫と追いかけっこをしたり・・・・自転車でホテルの敷地をグルグル廻ったり等、していたもので・・・

手元にあるメモは・・・帰国編のみ。

メストドも必死に原稿を仕上げておりますが、執筆時間は朝のMacでのコーヒータイムの間だけ・・・・

誠に申し訳けありませんが、もう少々・・・・続きはお待ちください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の30件 | - 旅行記・旅関係 ブログトップ