So-net無料ブログ作成

オストドの旅後始末「三本目の足で・・・」VOL2 [2019年リスボンの旅]

ーVOL2-

夕食は、ルームサービスでも良かったけど、朝食で行った。

ホテル内のカフェテリアへゆく。

ちょんとした?コース料理のレストランもあるけど、

元々、そんな所へ向かうには、まともな洋服はもちろん、

靴も排除してきている。

つまり、最初から「高級レストラン」に行く計画はない。

カフェテリアに入り、周りの邪魔にならない場所を選択。

何しろ、オストドは、三本目の足があるので、

酔っ払いの近くにはいたくない。

メストド1号は、ボロネーゼを頼み、オストドはステーキを

チョイス。

ステーキなら、まず、飽きることはない。

「やっぱり・・デザートは頼まないとね・・・」

ステーキに大量の葉っぱサラダを平らげ、そう尋ねるオストド。

半分近くの凝ったボロネーゼを片付けて貰えるので、

メストド1号も賛同する。

「少しは学習したみたい・・・」

「まあねえ~」

お酒を嗜むことを忘れたオストドとメストド1号。

テーブルには、コーラが残ったグラスが残る。

メストド1号は、コーヒーとチョコレートムースに

塩の粒が入ったキャラメルソース掛けのアイスを

チョイスし、オストドは、チョコレートケーキに

バナナアイスクリーム添えとブラックティーを

チョイス。

「甘い・・・いや甘すぎ・・・」

メストド1号は、チョコレートムースと格闘している。

オストドは、まさか、翌日に「その物」を食べさせられるとは

思っていなかった。

伝票を受け取り、サインをして、チップを添えて差し出す。

「さてと・・・」

「はいはい」

恒例の一服タイム。オストドを見ると、ドアマンが、黙って

さっとドアを開けてくれる様になった。勿論、部屋へ戻るときにも

開けてくれる。

オストドは、リフトへ向かい、メストド1号は階段をよじ登る。

メストド2号に言わせると、「妖怪磨き中」なので、

健康オタクになってきたらしいが、オストドは、三本目の足が必要。

わずか、一階上に上がるだけでも、負担を避けねばならない。

いや、避けれるときにだけ、避ける。

もう一度、転倒したりすれば、骨がずれてしまい手術が必要になる。

部屋に戻ると、発見のモニュメントがライトアップされ、その後方には

「4月25日橋」が、取り付けられたラウトで浮かびあがる。

明日は泣いても笑っても実質の最終日。明後日には、昼にチェックアウト

そして迎えの車に乗り込み、延々24時間ほどをかけて、帰宅の途につく。

明日はせめて一か所くらいは、博物館でも入ろうと決め、就寝。

翌日。オストドの朝は早い。テラスでのんびりタバコを吸う。

目の前をリスボン港へ入港する客船がゆく。

朝、入港し、夕方には出港していく船を眺めるのが、楽しい。

ついでに、橋の上に目をやれば、リスボン空港へファイナルアプローチに

入った飛行機が下りてくる。

オストドの勝てないものは、いっぱいあるけど、特にすきっ腹と泣いた

XXX(検閲削除!)には、勝てない。

勝てなければ、起こすしかない。

身支度を整えるにも時間が係るオストド。三本目の足を使わない着替えは

リスクが増すから、慎重にしなければならない。

靴下の上に左足には、バンテリンの左足用の予防用サポーターを付け、

右足には、サポーターと名を借りた固定具を巻かねばばらない。

朝食にカフェテリアに下りてゆく。

相変わらずの食欲だけは旺盛で、ベーコン(山盛り)スクランブルエッグ

ベイクドビーンズ。そしてサラダにチーズ。ストロベリーヨーグルトには、

ブルーベリージャムを添えて、ついでにクロワッサン2種とライ麦パン。

タップリと注がれたオレンジジュースにブラックティー。

そういえば、昔読んだ。ローラ・インガルス・ワイルダー著作に出てくる

ローラのお父さんは、「紅茶こそ男の飲み物にふさわしい」と書いてあった。

それから、オストドの朝の飲み物は、日本なら緑茶。旅に出れば紅茶。

まあ、今回は、メストド1号が、抹茶入り玄米茶の粉末を持参してくれている

ホットでもよし、水に溶かして飲んでも良し。日本が原産のオストドには、

紅茶より玄米茶の方が性に合うけど、人前では、紅茶を嗜む。

朝食を終え、外出の準備に戻り、部屋を出発。

地下道をまた降り、そしてよじ登る。昨日よりマシになっている。

公園を横切り、大聖堂の長蛇の列を眺め、早々に入場をあきらめる。

諦めるのだが、世界遺産の建物。少しでも中に入りたい。

そこで、オストドがチョイスしたのは、海洋博物館。6.5ユーロ/人

大航海時代から、現代にいたるまでの航海の歴史を眺める。

エンリケ航海王子の像に出迎えられ、大航海時代の地図を眺め

歴史に浸る。

「日本なら・・・1000円は下らない。いや・・・2000円くらい?」

復元された船などを眺めると、2時間ほどかかる。

途中、新館に渡る通路で喫煙できる場所を発見し、一服タイム。

新館へ渡ると、復元された上陸用ボートや蒸気自動車。

そして、水上飛行艇や船のエンジンが展示してあった。

メストド1号は通路を登り、上から眺め。オストドは、下から

昔の航海の様子を思い浮かべる。

ランチにホホテルへ戻ることにして、散策再開。

途中、追加のお土産を追加調達しながら、ホテルへ戻る。

昨日と同じ「38°40’」のバーへ行く。暑いけど、タバコの吸いたい

そんなオストドが選択したのは、庇の下。

コーラ2本とスモークサーモンのサンドイッチ1皿をオーダー。

「やはり・・これ美味い」

絶妙な塩加減とマヨネーズが食欲を生む。

お会計はチップ込み25ユーロ。

一旦、部屋へ戻りオストドは昼寝。少し足を休ませねばならない。

ちょっと熱を帯びているので、日本から持参した塗り薬を塗り、

2時間ほどお昼寝。

VOL3へ続く。

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。