So-net無料ブログ作成

旅の後始末「三本目の足で・・・」VOL4 [2019年リスボンの旅]

-VOL4 サプライズ!-

昨夜は、メストド1号も珍しくステーキ。オスオドは言わずもかな、

ステーキを食した。勿論、「キリギリスじゃないんだけど・・」と

のたまいながら、サラダボール一杯の生野菜も詰め込んだ。

オストドは最後の夜にライトアップされた発見のモニュメントを

眺めながら、テラスでタバコを吸い、メストド1号は荷造りタイム。

相変わらずの最後の夜。(厳密に言えば、短い夜がもう一晩ある)が、

最後に、カタール航空のファーストクラスで貰った。旅専用のパジャマを

投げ込めば終わりの状態で、朝を迎えた。

「さてと・・・メシ行くかね。今日は昼は遅くなりそうだし・・」

12時半に迎えがやってきて、TAPポルトガル航空でミュンヘンへ飛ぶ。

その機内で出るであろう機内食が昼食になり、ミュンヘンを離陸した

羽田行きの機内で食す機内食が夕食の予定だからだ。

「あっ!誕生日おめでとう!だな・・やっぱ・・・」

「ありがとう。でも、あんまりありがたくないけどね。」

ここ数年。メストド1号のお誕生日は海外で迎える。

今年は日程の関係上、メストド1号のお誕生日が、日本へ向けて出発日。

カフェテリアで、多分、オストドは軽く2食分はお腹へ押し込み、

メストド1号もいつもの倍量くらい押し込む。

メストド1号は背中を向けているけど、オストドの目には、

ウエートレスが、ケーキとシャンペングラスを二つ持ってくるのをみた。

「またか・・どこかのバカは、朝っぱらから・・・・」

オストドの言葉はここで途切れた。

「ミスターオストド。ハッピバースディ」

「ノン!こっち・・・」

オストドの指はメストド1号を指さした。

「マーム。ハッピバースディ!」

メストド1号の前にローソクに火が点けられたケーキと

二人の前には、シャンペングラスが置かれた。

「えっ?」

「俺は知らないからね。ホテルからでしょ・・・」

目の前に置かれたチョコレートケーキは、およそ20cm四方

「お腹いっぱいなんだけど・・・」

「だ~め。!」

恐る恐る食べたケーキは、完全なチョコレートケーキだった。

マルタ島では、手配したケーキは、チーズケーキだったので、

持て余していたけど、これも完食し、シャンペングラスも二つ

空になった。

「いやあ~ホテルからのサプライズは初めてだわ・・・」

「あたし・・・このホテル大好き。」

「良かった。それなりに・・・払ったからねえ~」

最初は「高い!」と思ったけど、ロケーションと朝食

そして、スタッフにこのサービスなら、高くはなかった。

朝食を終え、ちょっとこの旅最後の散歩に出る。

ホテルは12時にチェックアウトすればいいわけで、

暇つぶしも兼ねていて、ついでに、立派に育っている

オストドのお腹が少しでもへっこむ事を期待しての散歩。

チェックアウトを済ませ、しばらく待つと、お迎えの車が、

定刻より早く到着。ドライバー氏が、車窓を流れる景色を

ガイドしてくれながら、あっという間に空港に到着。

「やはり・・・ようこそ!ポルトガルに車を頼んで良かった。」

「そうねえ~去年よりちょっと高いんでしょ?」

「ちょっとね。サービスは全然ちがうね。価値以上のものがあった。」

往復で100ユーロ。PAYPAYの手数料が5ユーロの価値は充分だ。

「また、来ることがあったら頼もう。ついでにカーチャーターで観光も」

「そうね・・」

TAPのカウンターでチェックインを済ませ、手荷物検査を受ける。

オストドの三本目の足も、チェックを受ける。

去年のクリスマスに見つけた喫煙所へ行き、一服。その後、ラウンジ経由で

もう一服。ボーディングゲートで待っていたのは、

「はあ?ば・・・バス?」

ボーディングブリッジの横の階段をキャリーを抱え、三本目の足で一歩一歩

降りる。降りれば、今度はタラップ。

最新鋭のA321neoだったけど、オストドには、ある思いがあった。

「ねえ~もしかしたら・・・・」

オストドの悪い予感は当たる。ミュンヘンでもタラップを降りる羽目になる。

ミュンヘンで、EU出国。喫煙所を経て、ラウンジそして、喫煙所。

ANA便のゲートでは、「お手伝いの必要な方」と見られたのか、優先搭乗。

そして・・・オストドとメストド1号は、この旅最後の機体に乗り込んだ。

いや、航空券上では、次の旅が始まっているので、旅のスタートなのだ。

今回は、リスボン~羽田/成田~プラハの航空券を買ってあるからだ。

「さてと・・・・また。働きますかね・・・・」

「そうねえ~」

「10月が楽しみだけど・・・」

「あたしは地獄?10日後にエコでシドニーなんだから・・・・」

「だねえ~」

「それもホテル2泊機中2泊・・・」

「仕方ないじゃん!」

「俺はその間。伊勢神宮かな・・・・恒例の・・・」

「また・・足折らない様に・・・」

「ら・・・らじゃぁ~」

-後日談-

無事、羽田からリムジンバスで成田空港へ行き、車を引き取り帰宅。

6月に法要(49日)のため、北海道へ行くことになった。

ついでに、オストドのここ数年恒例の「ヤロウだらけ。いやヤロウだけの旅」は

また、バリ島へ行くことになった。オストド属するA班は、香港航空で出発する。

ホテルは、カユマニス・ジンバラン。これで、カユマニスのバリ島にある4つの

ホテルを全て制覇することになる。

いや、その前にプラハからの帰りのチケットも手配しなければならない。

ブダペストに飛ぶか、ウィーンに飛んで一泊も悪くなさそうだ。

その前に、オストドはパスポートの更新を受けねばならない。

健康診断もあるけど・・・どうなるのだろう!

-あとがきに代えて-

「いつまで飛ぶんですかね?」

「さあねえ~俺は車いすでも行くけど・・・」

「あたしは・・・」

「また、車イスのる?成田で一回乗ったじゃん!」

「嫌なこと思い出させるなっ!」

メストド1号は数年前に日本帰国時にカップルが推したカートを

ぶつけられ、成田空港内の診療所へ車イスで運ばれた。

幸い、軽傷だったけど、旅行から帰ってきたカップルにとって、

請求された治療費は、大変だったのでないだろうかと、今でも

思う。

今回の旅は、出発の1か月ちょっと前にオストドが転倒骨折という

不名誉な怪我はあったため。三本目の足が相棒として同行した。

多分、いや、10月のプラハにも今週末の北海道にも同行する。

「ず~っとじゃない・・・」

「まあね・・そのほうが、安心かな?多分・・・・」

今は亡き父が、認知を患い、いつの間にかいなくなった時があった。

その時は、北海道・網走まで迎えに行ったことがある。

AIRDOの機体で帰ってきたときに、CAに抱えられて車いすに乗り降りした

父に「いいなあ~」と言ったことがある。

「いいだろ?代わってやらん!」と笑っていた父。

きっとオストドも最後の最後まで旅は続けるのだろう。

そして、同行する者に言うのだ。「代わってやらん!」と・・・・

旅はいいものだ。ぐだぐだ過ごす日常の休みと違い。

そこには非日常の世界がある。

バリ島へ行けば、また、オストドは「スッポンポン状態」で、

ヴィラにあるプールに飛び込むことだろう。

プラハでは、オペラかバレーもしくは、クラッシク鑑賞なんぞに

現を抜かすのかもしれない。

何故なら、そこには非日常の世界が待っているからだ。

先日、ある取引先に尋ねられたことがある。

「どこがいいですかね~」と漠然とした質問だった。

ある者は、オストドの助言でハネムーンにバリ島へ行った。

ある者は、おめでたらしいのだが、ヴィラの世界へ行きたいとのことで、

宮古島を勧めた。ある者は、那須のとある旅館へ行き、プロポーズする気

満々だったけど、美食と美酒にやられ不調だったそうだ。

そして、姪っ子は、メストド1号とメストド2号が住む大陸へ出かける。

勿論、航空券とホテルはオストドが手配した。

ツアーで行くより、相当安くなり、ホテルのグレードはアップしたけど、

メストド1号の不満は、エコノミークラスにあるらしい。

「仕方ないでしょ?」

「まあねえ~」

オストドが絡むと、みんな旅に出たくなるらしい。

オストドに潜むとある団地の上空は、羽田空港へ着陸機やら、時には

海上自衛隊機や陸上自衛隊の輸送機が舞う。

「ねえ!」

「なんでしょ?」

「秋の航空券手配した?」

「まだ!候補は挙げているけど・・・」

「あたしの誕生日!」

「誕生日?ああ・・・復路分か・・・」

「あたし・・また行きたい!あのホテル!」

「ちょっと・・・高いけど。コスパはいいか・・・」

「でしょ!判ってるわよね?」

「らじゃ~」

来年のメストド1号の誕生日旅行も決まった。またリスボン。

それもベレンのホテルそしてお部屋もご指定。

「SQでもいいけど・・・+3日だし・・・ワンワールドは論外」

「どこかないの?」

「あった!LOTポーランド航空。」

秋のプラハ旅行の帰路をプラハ~ワルシャワ~成田。

お誕生日は、前日に・・・・「入れるじゃん!」

成田~ワルシャワ~リスボン。

お値段は予算内もいいところで、オールビジネスクラス。

ぽちっと発券しているオストドの姿がそこにはあった。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。